【転職あるある】2社目の職歴は短くなる?! 短期転職を繰り返さないためには



Cinq読者の皆さま、おはようございます!
今すぐに転職活動をしたいと思っている方、転職は全く考えていないけれど、将来転職しなくてはいけない事態に遭遇した時に慌てなくて良いようにしておきたい。とお考えの皆様に向けて、人材紹介業界のウラ情報も交えてお伝えしているこのコラムですが、ブルーマンデーともいわれる「月曜日」に配信されている意味について、少し考えていました。

月曜日が憂鬱に……。そんな時こそ転職活動と向き合うタイミング

土日のお休みを満喫して、月曜日。
「ああ、また仕事か…」という何となくブルーな気持ちで一週間をスタートする方は多いと思いますが、大方の皆さまは、社会人になってすぐにこういう気分になったわけではないと思うのです。ある程度、企業研究や自己分析をして今の会社にご縁を得ている方がほとんどなはず。
それが、時間を重ねる毎に何か小さな綻び(同じことの繰り返しでやりがいがない、とか小さいことで上司に怒られる、とかお客様のクレームに疲れる、とか…)がきっかけで、「自分はこのままで良いのかな?」と思い、月曜日が憂鬱になるのだと思いますが、そんな時こそ転職活動と向き合うタイミング
皆さまの悩みの解決の糸口になるような情報提供を、このコラムでは継続していきたいと思っています。
さて、今回のテーマは「2社目の職歴は短くなる」というジンクスについて考えます。

「2社目の職歴は短くなる」のジンクスについて

キャリアコンサルタントという仕事柄、履歴書を拝見する機会が多いですが、新卒1社目は比較的長期間に亘って就業していたものの、2社目(初めての転職)の職歴は短期に終わっている方が多いように思います。

私自身も、新卒で在籍した会社は10年。2社目は1年半でした(まあ、私の場合は派遣切りに遭って転職せざるを得なかったのですけれど…)。

転職経験がある友人から話をきいても、こういった傾向はあるようです。何故でしょうか?
2社目からの早期転職を希望している転職者に、その理由を聞いてみました。

●「初めての転職活動だったので事前のリサーチが甘く、よく考えたら希望とあまり合っていなかったのに、エージェントの勧めのまま決めてしまった」

●「上場フェーズを経験したくて転職したはずなのに、転職先企業が上場そのものを諦めてやめてしまった」

●「転職さえすれば、全ての状況が好転すると過度に期待してしまった」

●「良くも悪くも1社目が長かったので、その会社の社風が染み付いてしまっていて、2社目の社風に全然なじめなかった」

●「1社目の待遇に不満を感じて退職したものの、2社目は更に待遇が下がってしまった。会社の雰囲気も悪くて、退職して初めて1社目の良さがわかった」

●「1社目の上司が役員として立ち上げたベンチャー企業に誘われて転職したものの、入社後すぐにパワーバランスが激変し、なんとその上司が退職。居場所がなくなってしまった…」

●「ワークライフバランスを取ろうと思って夜勤のない美容クリニックに転職。だけど、やることは『美容液の販売』がメインになってしまった。営業職じゃなく、看護師として働きたかったのに…」

短期転職を繰り返さないために

転職してすぐに2社目を辞めざるを得なかった方のうち、転職活動の問題点に気付いた方は、3社目で相性のよい職場に巡り合える方が多いのですが、気付けない方はその後短期転職を繰り返してしまう、という傾向があるように思います。

これは、「転職すること」に対する心理的ハードルが下がるからだと思いますが、そのままでいると「ジョブホッパー」「転職ジプシー」状態になってしまいます。

そして、いわゆる世間的に「いい企業」と言われるような企業の書類選考には絶対に通らない履歴書が完成してしまう、というわけです。

この、【2社目のジンクス】に陥らないように必要なのは、「客観的な目線」と「正しい情報の確保」そして、「明確な転職の軸をつくること」です。

どうして今の会社を辞めたいのか、もう一度考える。その内容を第三者…転職のプロであるキャリアコンサルタント等に話してみて、客観的に本当に問題があるのはどこなのかを見つめなおす、というプロセスが大切です。

「転職の軸」を立てるための取捨選択を!

人材紹介会社には、いろんな方が相談に来られます。

「受かりそうな案件なら何でもいい。私にピッタリの求人票をプロのコンサルタントの目で探して持ってきて下さい」

と言われ、困惑したことも一度や二度ではありません。
そういう方ほど、いざ案件をご紹介すると、なんとなく違う、これもちょっと……と、断る理由すら曖昧です。
「年収が大幅にアップ」し、「残業も少なく」、「やりがい」や「会社のネームバリュー」があり、「職場環境も整って」いて、これまでの自分のスキルも活かせる。もしくは新しいことにチャレンジできる。

そのようなユートピアを期待していないでしょうか?

今回の転職でどんな条件が譲れないのか、明確に整理してから人材紹介会社を利用するのも、「自分に合った職場への転職」のコツかもしれませんね。

それでは、また月曜日にお目にかかりましょう!