暴言を吐く人が社内にいることによって起こるデメリット

暴言を吐く人が社内にいることによって起こるデメリット

職場の人間関係について悩む人が多い今ですが、中でも避けたいのが「暴言を吐く」ということです。大きなミスやトラブルがあってカッとなる気持ちも理解できますが、暴言は吐かれた人にも、周囲にいる人にまで大きな影響を及ぼします。今回は、暴言を吐く人が社内にいることによって起こるデメリットについて解説します。


会社に暴言を吐く人がいる…悪影響は?

社内の人間が仕事をこっそりサボっているのを見つけてしまった時、社内で大きなトラブルがあった時など、誰かを叱らなければならない状況になることがあったとします。そんなとき、皆さんはどうやって相手に伝えていますか?
別室に呼び出して話をする、その場で直接指摘するなど、方法はさまざまありますが、もし暴言を吐いて叱りつける行為をする人がいたら……それは社内にいるメンバーにとんでもない悪影響を与えている可能性があり要注意が必要です。

今回は、アメリカのジョージタウン大学の教授クリスティーン・ポラス氏が研究した結果を元に、暴言を吐く人が社内にいることによって起こるデメリットについて紹介していきます。

まずは、クリスティーン・ポラス氏が行った、3つの実験の詳細についてです。

1つ目の実験は、実験者が、一部の参加者(被験者)の属するグループをけなし、その後単語パズル(単語のつづりを入れ替えるパズル)を出題、さらにれんがの使い方に関するアイディア出しの課題も続けて行い、それぞれの処理能力と創造性を測ったというもの。

2つ目の実験は、忙しい教授が、課題を行う前に一部の被験者たちに「忙しい教授の邪魔をした」という理由で、無礼な言い方で注意し、叱責された被験者に対して単語パズルとクリエイティブなアイディアの数を測ったというもの。

3つ目の実験は、無礼な行為を目撃した人に対して、同じ課題を与えて反応をみたというものです。

暴言を吐かれた人への直接の影響が大きい

どんな理由があったにせよ、無礼な言い方でものを言われると落ち込んでしまうのが人間ですよね。

実際に、これらの研究を重ね、わかったことは直接暴言を吐かれた人は、処理能力が61%、創造性58%低下するということでした。

トラブルが起こった時、焦ったり、イライラしたり、ネガティブな感情になってしまうのは仕方のないことですが、それを感情任せに相手に暴言として伝えること。それは後の業務に対して影響が非常に大きいということを理解しておかなければなりません。

暴言を吐かれた人のチームメンバーへも影響する

また、暴言を吐かれた人が属しているグループにいた場合についても、処理能力が33%、創造性39%落ちるということがわかっています。

同じ部署の人間や同僚など、暴言を吐かれた人に近いメンバーに対しても、3割以上の影響がある。つまり、その後の仕事の生産率がチーム全体で下がってしまうということです。

これは別の話にはなりますが、様々な人の転職経験・理由についてインタビューをしている際に「怒られている人を見るのが辛くて仕事をやめた」という人の話を聞いたことがあります。
決して怒られているのが自分自身でなくとも、普段から暴言を吐かれている人を近くで見ている人には、大きなストレスがかかっているということを知っておきましょう。

目撃した人への悪影響も

では、怒られているのが、自分の近しい人間ではなかった場合はどうなのでしょう?
この実験では、他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけの人のそれぞれの能力値も集計しています。

結果は、他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけの人は処理能力が25%、創造性45%落ちるというものでした。

例え知り合いでなく、同じ場に居合わせただけの人であっても、これだけの影響があるのです。会社で暴言を吐く人が1人でも居たら、それは社内にいる全ての人に悪い影響を与えていると考えても良いでしょう。

トラブルがあっても「暴言」は避けるべし、社内に暴言を吐く人がいる場合は注意を

いかがでしたか?
実験結果をまとめるとこのようになります。

・直接暴言を吐かれた人は、処理能力が61%、創造性58%落ちる。
・自分の属しているグループに暴言を吐かれた人は、処理能力が33%、創造性39%落ちる。
・他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけでも、処理能力が25%、創造性45%落ちる。


どんなトラブルがあっても暴言は避けるべきですし、怒りを抑えられないのであれば、アンガーマネジメントを試す、または「なぜ?」と一度疑問を自分に投げかけてから注意するという癖をつけるべきです。社内に暴言を吐く人がいることは、会社にとってデメリット大きいのです。
むしろ、トラブル本体より先に、その人の対処を考える必要があるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


疎遠になった友達と復縁した後に気をつけたいこと

疎遠になった友達と復縁した後に気をつけたいこと

疎遠になった友達と、巡り巡って復縁。恋人と同じく、再び離れ離れにならないようにポイントをおさえておきましょう。


「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

入社前に抱いていた職場への理想や期待と現実のギャップから「リアリティ・ショック」という状態に陥る人がいます。しかし、それは新入社員に限らずベテランでも起こりうる現象です。どのように対処すれば良いのか解説します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


業務時間外の連絡が多すぎて困っています。 #これってハラスメントですか?!

業務時間外の連絡が多すぎて困っています。 #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、業務時間外の連絡が増えてストレスを感じている方からのお悩みです。


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング