職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


仕事をしていく上で人間関係の悩みは尽きないもの。「上司が気に食わない」「部下から慕われない…」その原因はコミュニケーションにあるのかもしれません。今回は、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーション方法についてご紹介。

「上司が気に食わない!」という人がやってしまっているコミュニケーション

「あの上司が気に食わない。嫌味ったらしいし、すぐ怒るし……」
職場にいる上司と馬が合わないと、仕事をしていても楽しくないし、顔色を伺ってしまったりと辛く感じるものです。これに対し、「全ては上司が悪い!」と思ってしまいがちですが、意外にもあなたとの会話が原因で、上司との不仲が起こっている可能性があります。

上司が気に食わない! という人がやってしまっているコミュニケーションは“名前で呼ばない”ことです。一度仲が悪い人同士を観察すると、如何にお互いがお互いの名前を呼びあっていないのかがわかるはずです。

嫌いな上司の名前を呼んでいますか?
「部長」「課長」などの役職だけで済ませていないでしょうか。おすすめは「○○部長」「○○課長」のように「名前+役職」で呼ぶことです。もちろん「○○さん」と、名前だけでも大丈夫です。

名前を呼ぶという行為は、友好な人間関係を構築する上でとても大切なことです。自分の名前を呼ばれて嫌な気持ちになる人はいませんし、心理学の調査がそのことの大事さを教えてくれます。

とある心理学の実験で、男女に15分間会話をしてもらい、その中で名前を呼び合ったグループと呼ばなかったグループの違いを調べた結果、名前を呼び合ったグループは相手に対して「フレンドリーに感じた」「もう一度会ってみたいと思った」などとポジティブな印象を受けたといいます。
さらに別のアメリカの実験では、55組のカップルを対象に調査したところ、名前を呼びあっていないカップルの86%は5ヶ月以内に別れているということが判明しました。これだけ「相手の名前を呼ぶ」ということは大事だということです。
「○○部長、頼まれていた資料が完成したのでチェックをお願いします」
「○○課長、お疲れ様です。休憩ですか?」というように積極的に名前を呼んであげましょう。

「部下から慕われない!」という人がやってしまっているコミュニケーション

「あの子から好かれていない気がする。尊敬もされてないような……」
部下を持つと、指導しなくてはいけません。
その指導方法が悪いのか何なのか。部下から慕われず距離をとられていると感じる人がやりがちな会話は“問題点ばかり指摘する”ことです。

どうしても「教育しなくては」「あなたが成長してくれないと」という気持ちから、改善してほしくて問題点ばかりを指摘してしまう。これは注意が必要です。
例えば、あなたが上司に会議資料を見せたとします。そこで上司に「ここなんだけど、もっと違うデ ータはないの? 信憑性が薄くて議題に出せないよ。あと全体的に中身がない、やり直して」と言われるとムカッとしませんか?
少なくとも「わかりました! あなたの意見を尊重して一生懸命改善します」と前向きになれる人はいないはずです。あなたがムカッとしているように、このような問題点ばかりを部下に指摘していると、慕われる慕われない以前に嫌われてしまいます。
他人のことと思うことなかれ。意外とこのようなことをやってしまっている人は多いものです。さっきの例のように、確かにもっといいデータがあるのかもしれませんし、全体的に中身が薄く「これを議題には上げられないな」と思うこともあるかもしれません。そんなときは問題点ばかりを指摘するのでは なく、良いところをまず見つけてあげましょう。

「ありがとう、期日に間に合ったね。ここのデータはもっといいのがあると思うけど、よくデータを載せた方がいいって判断したね。あとは全体的にもう少し中身を濃くしていこうか」
言っている内容はさっきとほとんど一 緒です。「データは違う方がいい」「中身が薄い」の2点。しかし、伝わり方が全く違います。 まずは「ありがとう」と言う。そして良いところを指摘しながら改善策を提示する。こうすることで良い点と悪い点が部下に伝わり、改善すべきポイントが明確になります。
部下のやる気も出て、あなたの指摘を心地よく感じ、やがて慕われていくでしょう。 その方があなたも気持ちよく仕事が出来て一石二鳥です。ポイントは、悪いところだけでなく、良いところと悪いところを伝える。そして一生懸命取り組んでいる部下へ、言葉を選んで説明することです。

終わりに

いかがでしたか?
あなたを取り巻く環境はあなたが作り出しています。自分が嫌だと思っている上司を慕っている人もいれば、あなたのことを慕わない部下が同僚を慕っていることだってあります。それは、たまたまではありません。物の伝え方や会話の中であなたが「人間関係に悩むかどうか」が決まります。小さなことを変えていけば、やがて大きな成果になります。ぜひ試してみてくださいね。

この記事のライター

恋愛メンタリストsatoshiです。
一般の恋愛の心理テクニックやディープな恋愛テクニックなどを紹介。

関連する投稿


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

「あれ、なんか避けられてる?」自分に思い当たる節はなくても、なぜか人から嫌われたり、避けられてしまうことがあります。でもそれってなぜなのでしょうか? そんなモヤモヤを、深層心理がわかるテストで解説していきます。


相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

人は、自分と似ている感性を持っている人と仲良くなりやすいもの。今回は、話し相手の発言から、相手の感性を読み取り、スムーズな会話を進められるテクニックをご紹介します。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング