「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」そう思って慎重に転職活動をしていたのに、あることが原因で転職活動自体を諦めてしまう方も多いのです。なぜこのような事が起こるのかキャリアアドバイザーが解説します。


Cinq読者の皆さま、おはようございます。
5月にこちらのコラム【「結婚と転職時期が重なった」「同一労働同一賃金の影響は?」】の章でご紹介していた、日本郵便事件(一次訴訟)…正社員と同じ仕事をしているのに「正社員と同じ手当が出ないのはおかしい」とし、日本郵便の非正社員たちが会社側に損害賠償を請求した訴訟のこと…の最高裁判決が、10月15日に出ました。

最高裁判所第1小法廷の山口厚裁判長は、日本郵便の手当や休暇のうち、
●扶養手当
●年末年始の勤務手当
●お盆と年末年始の休暇
●病気休暇
●祝日の賃金
上記について契約社員側の訴えを認め、不合理な格差があり違法だという判断を示した形です。

郵便事業に携わる非正規社員は約18万人。日本郵便は今後、待遇の見直しを行う予定とのことです。

この判決の2日前、10月13日に結審された、メトロコマース(東京メトロの売店販売を行う子会社)の非正規雇用者のボーナスと退職金をめぐる判決では、「ボーナスと退職金を出さないことは不合理な格差に当たらない」とする判断を示していて、今回の日本郵政の判決とは一見対照的な判決となっています。

正社員と非正規社員との労働が、本当に「同一労働」なのかを、個別に判断していくという意思表示なのかな、という感想を持ちました。同様の訴訟は今後も増えていくと思います。Cinq読者の皆さまも、ぜひ今後も注目していっていただければと思います。

「次の転職を最後にしたい」という人が企業選びを間違えてしまう理由

さて、今すぐに転職活動をしたいと思っている方、転職は全く考えていないけれど、将来転職しなくてはいけない事態に遭遇した時に慌てなくて良いようにしておきたい。とお考えの皆さまに向けて、人材紹介業界のウラ情報も交えてお伝えしているこのコラムですが、今回は、「最後の転職にしたいあなたへ」お伝えしたいことです。

転職相談に来られる方のほとんどが『次を最後の転職にしたい』と仰います。
当然のお気持ちだと思います。
転職活動なんて、面倒くさいし、ストレスも溜まるし、地味に交通費もかかる。そう何度もするべきものじゃないですからね。
また、「最後の転職にしたい」という発言の中には、「私は長く職場に定着しようとしている人材です」というアピールも含まれているようにも思います。

そのために、事前に企業の財務データを分析し、友人・知人に相談し、掲示板を覗き、ありとあらゆる下準備をして受験企業を吟味されます。

―最後の転職だから、今より給与水準の高く離職率が低い会社がいい。
―最後の転職だから、今より労働環境が整っている会社がいい。
―最後の転職だから、退職金の制度が整っているところじゃないと…。
―最後の転職だから、倒産の危険のない、今より企業規模の大きい会社が安心。
―最後の転職だから、今より良い上司の元で働きたい!

そうやって、今までのご自身の経験ではチャレンジしても難しいと思われる超大手有名企業だけを受け続け、(そして落ち続けて)転職活動自体を諦めてしまう方も多いです。

以前、「条件は、今より良い会社」なんていうキャッチフレーズで売っていた人材会社がありましたが、罪が深いなぁ……といつも思っていました。
転職者の皆さんが勘違いしてしまいますよね。

「今より良い会社」を選んだはずなのに「思っていた職場と違った」ということが起こる

運良く理想的な「今より良い会社」に入社が決まり『最後の転職』をしたはずだったのに、いざ入社してみたら、

「サービス残業が常態化していて、それをおかしいと言える雰囲気はない」
「評価が不透明で、昇給のチャンスが公平ではない」
「安定しているところが魅力だったのに、重要取引先が突然契約を打ち切りにしてきて、財務状況が急速に悪化した」
「社長が交代し、制度改革に乗り出した。退職金制度を廃止する方向で動いているようだ」

等々。そして、短期で転職活動を再開することになってしまう。
「入社してみたら、思っていた職場とは違ったんです」
そう仰る転職者にも、数多くお目にかかってきました。

転職の目的を間違えないで

いずれも、『最後の転職』に固執するあまり、転職の目的=「環境・条件の良い企業選び」になってしまっていたことが原因です。

転職は、「あくまでも自分のキャリアアップを主に考えるということ」。
この基本を思い出していただければと思います。

その企業で、自分が何を身につけられるのか?
その企業でどんな結果・実績を出していけるのか?
仮にその企業がなくなってしまったとしても、どこでもやっていけるスキルを身につけられそうか?

そんな視点で選んだ会社で、コツコツ実力をつけ、評価され続けていくことで、結果としてその会社が『最後の転職先』になったり、次への飛躍に繋がったりするものなのではないかと思います。

それでは、またお目にかかりましょう!






この記事のライター

関連する投稿


無料の転職占いまとめ5選 | 転職すべきか悩んでいるあなたへ

無料の転職占いまとめ5選 | 転職すべきか悩んでいるあなたへ

このまま今の仕事続けていけるかな・・・と不安になることありますよね。でもいざ転職となるのなかなか踏ん切りがつかず1歩が踏み出せないですよね。そんな時は占いに頼ってみるのはいかがでしょうか?もしかしたら新しい職場に出会えるチャンスが待っているかもしれません。


フリーランスの効率的な営業方法と事前に準備することリスト

フリーランスの効率的な営業方法と事前に準備することリスト

フリーランスになると自分の時間で働くことがでいて人間関係のストレスなく働いけそうですよね。その反面、全ての業務を一人で効率よく回すことが必要不可欠です!でも営業なんてしてことないし・・・。とお悩みの方も多いはず!そこで今回は効率的な営業方法と事前準備リスとを紹介します。効率よく働いて自分時間を大切にしていきましょう!


副業・転職に役立つ資格!これから必要なスキルを磨こう

副業・転職に役立つ資格!これから必要なスキルを磨こう

のこれから副業や転職が当たり前の時代となりそうですよね。いざ自分が副業や転職をしようと思ったときに企業から必要とされる人材になれるように今から勉強して資格を取ってみてはいかがですか?今後役立つであろう資格やコツなど紹介します!


プチ起業する人が増加!うまくいくコツとメリットデメリット

プチ起業する人が増加!うまくいくコツとメリットデメリット

もう働くの疲れた・・・。と働き方についてお悩みの方も多いでしょう。人間関係であったり、休みが少なかったり働く環境って大切ですよね。今回紹介するプチ起業は自分の得意なことや趣味を活かして一人で働けます。なので、ご自身に合わせて働くことができます!一度プチ起業も検討してみてはいかがでしょうか?


仕事向いてない…もう辞めたいけど我慢すべき?判断の方法とは?

仕事向いてない…もう辞めたいけど我慢すべき?判断の方法とは?

この仕事本当に私に向いてるのかな・・・。転職したほがいいのか、それとももう少し頑張ってみるか自分の人生がかかっているからこそすごく難しい悩みですよね。この記事ではそんなあなたの悩みを解決できろよう転職についての判断基準をなどご紹介します。


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング