嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


1.会社・友人「飲み会」は嫌なら断っていい!

同僚や先輩に嫌われたくない、上司からの評価を下げたくない…そんな理由で本当は行きたくない飲み会にしぶしぶ参加したことありませんか?

行きたくないなら、思い切って断りましょう。無理して付き合っても精神的に疲れるだけで、お金も時間も無駄になります。何より断ることは悪いことではありません。ですが、言い方は大切です。

『断る=コミュニケーションの遮断』ではありません。自分の価値観や考え方、苦手なものを伝えられるチャンスでもあります。

たとえばタバコの煙が苦手なので参加したくないという理由で断る場合「気管が弱くタバコの臭いで具合が悪くなってしまう」と伝えれば、相手は「じゃあ次は禁煙席のある店を探すね」と、こちらに合わせてくれるかもしれません。

これは一種の交渉術です。日常的にこのような交渉がスムーズにできるようになれば、仕事の上でも役に立つでしょう。

2.嫌な飲み会を断るメリットデメリット

・メリット

1.時間やお金の節約になります。
アルコールが得意じゃない方は、ドリンクをたくさん飲まないのに会費の金額は同じになることも。それってなんだかモヤモヤする・・・。お金に余裕が無いときは飲み会を断る事も大切です。

2.飲み会疲れが無くなる
本当は行きたくないのに無理に参加しても疲れるだけで、後には何も残らない可能性があります。職場の人と一緒に飲んでも、楽しくはないし、上司や先輩の良く分からない訓示や説教を聞かされることも少なくありません。飲み会に参加しなければ、そのような無駄な時間を過ごす必要はなくなります。

3.セクハラ・パワハラ防止
また、飲みの席では気持ちが開放的になるせいか、セクハラやパワハラに合いやすいもの。飲み会を断れば、トラブルを招くこともないでしょう。

・デメリット

1.断った事で印象が悪くなるかも
職場での人間関係が円滑にいかず孤立する場合もあり、あるいは上司や先輩からの印象が悪くなるなどのデメリットが考えられます。

2.関係が良好になるきっかけを逃す
飲み会の席では、業務と関係ない雑談ができます。普段からコミュニケーションをとれる関係性を築いておくと、業務がスムーズに行きますし、ミスをカバーしてもらいやすくなります。普段から飲み会に参加していないと、このような良い関係を築きにくいというデメリットがあります。

とはいえ、このようなデメリットは、上司や先輩の性格や考え方に起因するものです。自身も家庭や趣味などプライベートを大切にしている上司や先輩であれば、このようなデメリットは生じないでしょう。職場の雰囲気や、周囲の人間関係によっては、飲みの誘いを断っても問題ないでしょう。職場の状況を見て判断できます。

3.NGな断り方

曖昧な返事は避けたいものです。日本人の傾向として結論をぼかして答えることはよくあります。遠回しに「行きたくない」気持ちを伝えられればいいですが、相手が汲み取ってくれるとは限りません。

「行けたら行きます」「考えておきます」など、曖昧な返事をすると相手は「参加する」と受け取ってしまうかも…。

強い表現は避けるべきですが、行かないなら「申し訳ありませんが、今回は参加できません」とはっきり伝えましょう。「誘っていただいてありがとうございます」と感謝を伝えるのも忘れずに!

すぐバレてしまう嘘をつくのも避けたいもの。その場しのぎの嘘をつくと、後でつじつまが合わなくなり、周囲からの評価が下がるどころか、信頼されなくなります。バレるような嘘をつくくらいなら、何も理由を言わずに断る方が良いでしょう。「すみませんが、今回は参加できません。また今度誘って頂けますか?」と簡潔に断りましょう。

4.嫌な飲み会をうまく断る方法

・体調が悪い

この断り方なら角が立ちません。誰だって、具合が悪い人に飲み会を強制できません。「夕方から頭痛がひどくて」「昨日からお腹を下しているので」など体調が悪いことを伝えましょう。

ただし、体調不良だと言ったのに元気にしていると、嘘をついているとすぐにバレてしまいます。せめて断った当日は、口数を減らすなど少し大人しくしておきましょう。もちろん大げさにならない程度に…。

ただこの理由は頻繁に使うと嘘を怪しまれます。ここぞというときに使用しましょう。

・家族の予定

「田舎から出てきた両親を食事に連れて行くので」あるいは、「子供を保育園に迎えに行かなければいけない」「子供の誕生日なので」「妻の体調がすぐれないので」など家族を理由に飲み会を断ることができます。

上司や先輩が家族を大切にしている人なら、なおさら効果的です。

・お酒を控えている

「今年は控えようと思いまして」「最近、お酒で失敗したので妻から止められていて」など、具体的なことを言わずにふわっと断りましょう。

ただし、深刻な病気や妊娠と勘違いされないように気をつけてください。最近は健康のためにお酒を断つ方も多いです。健康を目的として行っている事をアピールしておきましょう。

ただ、この断り方で相手から「ノンアルでいいよ!」という返しが来る事も予想されますが、その場合は純粋にあなたと一緒に話がしたかったり、すごく慕われているという事です。たまには顔を出してみるのもいいかもしれないですね。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


飲み会 コミュニケーション

関連する投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

「あれ、なんか避けられてる?」自分に思い当たる節はなくても、なぜか人から嫌われたり、避けられてしまうことがあります。でもそれってなぜなのでしょうか? そんなモヤモヤを、深層心理がわかるテストで解説していきます。


相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

相手の発言から見極める! 誰とでもうまく会話ができるようになるテクニック

人は、自分と似ている感性を持っている人と仲良くなりやすいもの。今回は、話し相手の発言から、相手の感性を読み取り、スムーズな会話を進められるテクニックをご紹介します。


ピリ辛だけど本当は優しい! マツコ・デラックスから学ぶ"嫌われない会話術"

ピリ辛だけど本当は優しい! マツコ・デラックスから学ぶ"嫌われない会話術"

数々のレギュラー番組をもつ、人気者のマツコさん。マツコさんがお茶の間から支持を集めるのは理由があると思いませんか?今回は、マツコデラックスさんの会話術を研究してみました。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング