できれば好かれたい!同性から嫌われる女性ってどんな人?



上手に世間を渡りたい!

会社の中で上手に世間を渡るためには、同性からの支持が必要不可欠。大勢の女性を敵に回すと、なかなか一人で過ごしていても、うまくいかなくなります。

どこの組織にいても、女性同士、派閥があって、ため息をつきたくなるほど面倒くさい。それでも働いていくためには、同性と上手に付き合う必要があります。

今回は、同性から嫌われる女性をご紹介します。

同性から嫌われる女性#1>>恋愛体質すぎる人

同性から嫌われる女性の特徴として、まず恋愛体質すぎる人が挙げられます。頭の中は、常に恋愛のことしか頭になく、気がついたら同僚とくっついたり、先輩とくっついたりと、職場の雰囲気を乱すほどの肉食っぷり。

あっという間に結婚相手を見つけて、寿退社なんてことも…。職場で付き合うのは自由ですが、彼と喧嘩するたびに泣いたり、彼が他の女性社員と話しているだけで憂鬱になったりと、まるで中学生のような態度をしていると、特に同じ女性社員からは反感を買うでしょう。

必死にキャリアを積み重ねているバリキャリ女子からしてみれば「しっかり仕事をしろ!」と言いたくなるほど。

同性から嫌われる女性#2>>SNSが華やかすぎる人

SNSを通して、自分をどう見せるかは個人の自由です。ただし一社員でありながら、プロフィールの欄に「モデル」と書いてあるのを見ると、他の社員からしてみれば「一体この人は何がしたいんだ?」と思っちゃうはず。

パーソナルトレーニングで鍛えている姿を見せたり、プロテイン自慢したり、何を目指しているのか分からないほどSNSにどっぷりと浸かっている人は、職場では同性から支持を集めにくいでしょう。

SNSを発信するときは何を軸に発信するか考えつつ、本来の仕事に影響が出ないように気をつけて。

同性から嫌われる女性#3>>バリキャリすぎてスピードに追い付けないくらいのキャリアウーマン

みんながみんなバリキャリ路線を走るわけではありません。走りたくても、色々と考えた結果、プライベートとの両立を選択する人もいます。

バリキャリ女子たちは、どうしても自分に対してもストイックなため、他人に対しても、厳しく接しがちです。もう少しやわらかく対応すれば何も言われないのに、きつく言うことで、敵をつくっている場合も。

誰よりも仕事で結果を出しているのに、陰でこそこそと噂されていたら、納得がいかないはず…。キャリア志向が強いからこそ、周りを味方につけるのが大事。

周囲から評価されることで、より高い位置に辿り着けるはず。

同性ウケも大事!

どんなにキャリア一筋で軸をもっている人でも会社にいる以上、同じ女性社員からの支持も必要です。

周りを敵に回してまで、上へ行く必要があるのかどうかは少し疑問に感じる部分。同じ組織の中で連携をとるためにも、これからほんの少し女性ウケを意識してみて!