それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


1.社内ストーカーとは?

警視庁の調査では、ストーカー被害者の8割以上が女性であり、加害者は過去に付き合っていた男性が最も多いのですが、次に多いのが「職場の関係者」なんです。

出典:警視庁 ストーカー事案の概況

社内ストーカーは、社内やアルバイト先で不必要に近づいてきたり、帰宅時間や行動を監視される行為です。

【社内ストーカー例】
・いつも目が合う、いつも視線を感じる
・シフトを合わせてくる
・業務外の連絡を何回もしてくる
・離席するタイミングを合わせてくる

特に私用携帯を使用して連絡を取り合うという会社では、簡単に連絡先を手に入れることができるため、業務外の連絡が頻繁にきたり、SNSを監視されることが起こりやすい環境で、加害者のほとんどは恋愛感情を持って近づいているため罪の意識は薄いのです。

しかし、職場で波風を立てたくないという思いから、誰にも相談せずに我慢をしている女性は少なくありません。ですが、ストーカーを放っておくのは危険です。なぜならストーカー行為は、放っておくとどんどんエスカレートしていくケースが多いからです。

2.社内ストーカーされたときの対処法

・初期の段階では毅然とした態度で接する

視線を感じる、好意を伝えるメールが送られてくる、プレゼントされるなど初期の段階では、毅然とした態度で「迷惑だ」という気持ちを伝えることです。

この時点ではストーカーと判断しにくいことも多いのですが、あやふやな態度をとると自分に気があると思い込んで好意がエスカレートすることがあります。

仕事以外の会話はしない、社内で二人きりにならない、食事などに誘われたらきっぱりと断るなど「あなたには関心がない、迷惑だ」と自分の意志を伝えることで相手が諦めて、ストーカー行為が止まることがあります。

・エスカレートしてきたら証拠を集めて会社に報告

相手が諦めず「何度もしつこく電話やメール、SNSなどで連絡が来る」「待ち伏せされる」「つきあってくれとしつこく迫られる」「つきまとわれる」など、ストーカー行為がエスカレートしてきたら、証拠を集めて上司など会社に相談しましょう。

この時点では、こちらからハッキリと迷惑だなどの意思表示をする段階は過ぎました。拒否されたことで逆上し、相手の行為の危険度が増す可能性があるので、できるかぎり関わらないことです。そして上司など第三者を通じて対処してもらいましょう。

第三者に相談する際には、ストーカー被害に遭っている証拠となるものがあると対処して貰いやすくなります。相手からの電話やメール、SNSは記録しておきましょう。つきまといや待ち伏せなどのストーカー行為を受けたら、日付と時間とともにその内容を記録しておきましょう。

しかし頑張って証拠を集めて上司に相談しても、職場によってはまともに対応してもらえないこともあります。このような場合は、その証拠を持って警察や弁護士などの専門家に相談してください。

・脅迫などさらにエスカレートして危険を感じたら警察へ

自宅の近くで監視される、脅迫されるなど身の危険を感じるほどエスカレートしているなら、即座に警察に相談しましょう。このときも、集めた証拠やメモを持参してくだささい。

ストーカー行為は、初期から徐々にエスカレートしていく傾向があります。どの段階においても、一人で悩まないことです。何となく視線を感じる…などの初期的な状況では「自意識過剰かな?」と迷うことがあるかも知れません。しかし、少しでも怪しいと感じたら、友人や同僚、家族にそのことを伝えて相談しましょう。

警察に相談すると、どのような自己防衛をすればいいのかなどの具体的なアドバイス、自宅周辺の警備を強化、警告や禁止令の申し出などの対応策をとってくれます。

また警察庁では、ストーカー被害防止のためのポータルサイト「Cafe Mizen」を解説し、ストーカー行為に悩む人に向けてさまざまな情報を発信しています。こちらも、ぜひ参考にしてください。

3.社内ストーカーの放置はNG!すぐに対処すべき理由

ストーカー行為は我慢をすれば、いつかは収まるというものではありません。逆に放っておけば、どんどんエスカレートして身の危険に及ぶ可能性が高くなります。決して放置をせず、早めに信頼できる人や専門家に相談するなどの対処を行いましょう。

ストーカー被害は、一人で問題を抱え込むのは非常に危険です。事件に巻き込まれる前に、家族や友人などの信頼できる人、会社、弁護士、警察に速やかに相談しましょう
また、弁護士に相談するのもいいでしょう。場合によっては、警察よりも対応が早い場合があるからです。被害の状況によって適切な対処法のアドバイスや、具体的な対応をしてくれます。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


ビジネスマナー ストーカー

関連する投稿


知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいビジネスマナーまとめ

知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいビジネスマナーまとめ

マナーは相手への気遣いでもあるため、きちんと身につけておきたいものです。しかし、一般的なマナーや常識を知らずにいると恥ずかしい思いをしてしまうことも。今回は、働く女性が身に着けたいマナーについてまとめました。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

【働く女性の基本に】身だしなみとコミュニケーションのマナーについて

社会人になると「ビジネスマナー」は欠かせないもの。けれど気を付けなければいけないポイントが多すぎて混乱してしまうこともあります。この記事では、早めに押さえておきたいマナーのポイントを、身だしなみとコミュニケーションにわけてご紹介。


「ビジネスマナー」ってなに? どうして必要なの?

「ビジネスマナー」ってなに? どうして必要なの?

話し方や身だしなみ、仕草……社会人になると「ビジネスマナー」が必要だと言われますが、どうしてこういったマナーが必要になるのでしょうか? 今回は、新社会人のみなさんに知っておいてほしい「ビジネスマナー」についての基本をお伝えします。


催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

ビジネスシーンでは言いにくいお願いや催促を伝えなければならないこともあります。相手に失礼がない催促メールの送りかたを知っておきましょう。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


 マッチングアプリで男性が『ヤバい女』と思う瞬間!あなたは大丈夫そ?

マッチングアプリで男性が『ヤバい女』と思う瞬間!あなたは大丈夫そ?

マッチングアプリで恋人を探すことは今や普通になりましたよね。マッチングアプリを利用するとメッセージだけでのやり取りだけに普通の人でも「ヤバい女」になりやすいんです。 今回は マッチングアプリで男性が『ヤバい女』と思う瞬間を集めました。あなたのプロフィールやメッセージは大丈夫そうですか?


RANKING


>>総合人気ランキング