人によって違う、理想的なワークライフバランスとは?

人によって違う、理想的なワークライフバランスとは?

仕事と生活の調和としてワークライフバランスの見直し、働き方の多様化に目を向けられることが多くなった今こそ、理想とする『仕事と生活のバランス』が人によって違っているということを知っておいて。


ワークライフバランスって?

生きていくため、暮らしをよくするために欠かせない"労働"は、長く続けていかなければならないことだからこそ、"やりがい"や"生きがい"が重要な要素になる。

海外出身者からもよく言われる「日本人は働きすぎ」といったワーカーホリック(仕事中毒)状態の増加や、仕事に重点を置き、生活を犠牲にしてしまうことで起こってしまった過労死問題をきっかけに重要視されるようになった『ワークライフバランス』。生活と仕事のバランスを指すこの言葉の意味について、今回は深く考えたい。

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

『ワークライフバランス』といわれると、まるで生活と仕事が天秤にかけられているかのように、2つのバランスを均等に保たなければいけないことだと思ってはいないだろうか。だけど、ワークバランスは人によって違うものでもある。

女性は特に『キャリア志向』が分かれる

女性は特に、結婚・妊娠・出産などのライフイベントもあることから、今後のキャリアについて考える機会が多い。だからこそ、仕事に対する姿勢にも多様性がある。キャリアに対する4タイプをここでは例に挙げてみた。

仕事に充実を感じている『バリキャリ』タイプ

仕事を充実させることに重点を置くタイプの女性。働くことに意欲的で、また自分のキャリアに対してのプライドや自信も持っている。ただ、仕事を優先することが多く、家庭とのバランスにはやや悩みがちになる可能性も。何事も自分から動くという積極性がある分、完璧を目指しすぎるがゆえの苦悩もある。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プライベート重視『ゆるキャリ』タイプ

働きながらもプライベートに充実を重要視する『ゆるキャリ』派。仕事はしっかりとこなし、責任感ももちろんあるけれど、キャリアが長くなるにつれ、責任が増えることに不満を持つことも多い。家庭をしっかりとサポートしたいという理想のライフスタイルを持っている方に多い。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

調和しながら進めていく『調和』タイプ

人に認められることにやりがいを感じるタイプは、生活と仕事のバランスを均衡を保つことを理想とする。気遣いや気配りができるコミュニケーション対応力があることから、周囲からの評価もしっかりと受け、信頼されることも多い。だが周りの意見を聞く機会が多いからこそ、心配性になったり、他人に迷惑をかけてしまうから、と自ら退職を選ぶケースも。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

理想を突き詰める『キャリアチェンジ』タイプ

仕事に対しても、プライベートに対しても、自分の中での充実指標を決めている人は、今の職場が理想とする職場環境ではないと判断したときに、転職や独立を考えるのが早い。決断力があり、意欲も十分、それなりの経験も持っているが、行動してみないとわからないという不安も。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人の性格が違っているのと同じように、仕事に対する姿勢にも様々な違いがあることがお分かりいただけるであろう。理想とする『ワークライフバランス』も、それと同じく人によって異なっているものなのである。

『生活:仕事が5:5=理想』じゃない!

生活と仕事のバランスといっても、"理想"とするものは人によって違うもの。バリバリ働いていきたい女性もいれば、仕事はほどほどにプライベートを充実させたいと思っている人も居る。生活と仕事のバランスが5:5であることが、理想のワークライフバランスというわけではないことをあなたにはぜひ知っていてほしい。

全てを完璧に、均等にすることを目標にするのではなく、自分がこうなりたい、という理想像を設定し、またそれに合わせたワークライフバランスを考えるのがベスト。今の自分のワークスタイルを客観視して、これからどうなりたいか、どのように仕事と付き合っていくのかを見極めてみて。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


キャリア ワークライフ

関連する投稿


髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

忙しい毎日が続くと、ついつい洋服も目についたものを身につけるだけになるし、髪の毛を梳かして巻いたりするのも面倒臭い。メイクをしっぱなしの肌だって、乾燥だらけで、なんだかガサガサ…。こんなビジネスウーマンのお悩みは痛いくらいに理解できる。だけどね、そこの努力って生活を豊かにするためにも大事なの。


転職をして後悔しないために。 職業安定法改正による求人情報でチェックしたいポイント

転職をして後悔しないために。 職業安定法改正による求人情報でチェックしたいポイント

2018年1月1日に「職業安定法」が改正されました。 新たに追加された内容は、 人事担当者だけではなく転職活動を考えている人も知っておきたいところ。「こんな話聞いていない」「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために要チェックを。


「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

地方出身者によくある「都会はどう?」という質問に、答えてみたいと思います。


“運”は自分で左右させる!2018年を良運へ導くコツ

“運”は自分で左右させる!2018年を良運へ導くコツ

2018年の運勢を神頼みにしていない?自分で運命を切り開きたいアナタにおすすめの良運を導く習慣とは


アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

たくさんの"モノ"が溢れている中で、「買ってもらう」ことはそう簡単なことではありません。お客さんの立場からみる"買いたい"と思わせる接客術について考えてみました。


最新の投稿


髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

忙しい毎日が続くと、ついつい洋服も目についたものを身につけるだけになるし、髪の毛を梳かして巻いたりするのも面倒臭い。メイクをしっぱなしの肌だって、乾燥だらけで、なんだかガサガサ…。こんなビジネスウーマンのお悩みは痛いくらいに理解できる。だけどね、そこの努力って生活を豊かにするためにも大事なの。


【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

ハワイ・オアフ島の旅といえば、リフレッシュも楽しみのひとつ。 その中でもハワイの大自然を全身で味わうことが、リフレッシュのための醍醐味ですよね。 そこでハワイの大自然をたっぷりと感じることのできる絶景スポットを3つご紹介します。


なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第26回目は、遅漏男性の対処法について考えます。


いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

仕事が早めに終わったからこそ、今日は自宅ではなく、ちょっと寄り道。今回は、仕事が早めに終わったらしたいお出かけプランをご紹介します。


一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

2018年も早くも1か月が過ぎようとしています。今年こそ、おひとりさまスキルを上げたいところ!今回は、2018年スタートさせたいソロ活リストをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング