「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

普段何気なく口にしている言葉には力が宿るというけれど…。中でも幸運を逃しやすい口癖について、その理由とNG口癖をご紹介!


私達は何十年も生きていると自然と「生き癖」がしみついてくる。恋愛に対してこういう人を好きになりやすいとか、毎朝必ずやっている自分ルールなど。その最たるものが「口癖」です。

気づかないうちにいつも発している言葉を時々誰かに指摘されたことはありませんか?そして言われて初めてハッとする。実はそんな口癖は時に私達にやってくる幸運のチャンスを逃しているのです。今回は、幸運を逃しやすい口癖のキーワードをご紹介します。

なぜ、口癖が幸運を逃すの?

そもそも、口癖が幸運を逃すとはどういうことか。
ちょっとイメージがつきにくいですよね。

あなたの周りの友人や知人を想像してみてください。いつも何かにつけて「言い訳」する人はいませんか?「今日は〇〇があって遅刻しちゃった」、「違うの、私はそうじゃないって言ったんだけど」などなど。これは誤解を解こうと“言い訳”することが癖になっています。しかし、言い訳とは時に自分の非を認めない行為として受け取られ、それが周りに“扱いづらい人”という印象を与えるキッカケになります。決して悪い人ではないのに、とっつきにくい人というのはこうした口癖から受け取られる印象が少し悪いのかもしれません。

ここに気づかないとどんどん、友達や仕事、恋愛のご縁を失ってしまう可能性があるというワケです。

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」を身につけて

https://cinq.style/articles/1258

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「でも・だって」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先ほどの例と重なりますが、言い訳から入る口癖を控えましょう。「でも・だって」という口癖のあとに来る言葉は決まって相手を攻める言い訳や否定的な言葉が含まれています。「でも=相手の意見を否定している」ということを意識してみると良いかもしれません。

絶対に言ってはいけないということではありませんが、普段からつい口癖として「でも・だって」を多用しているかもしれないと感じた時は意識的に控えるようにし、代わりに「そっか・実はね」と置き換えて発言すると柔らかい印象になります。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「できない・やれない」

こちらも否定的な口癖ですよね。仕事で無理難題を言われた時や、自分のキャパオーバーな出来事が起こった時につい言ってしまいたくなる一言です。もちろん、中には無茶な出来事もあるかもしれません。やれなかったという結果になることもあります。

しかし、これが口癖になってしまうと何事も挑戦するキッカケを失ってしまいます。言葉には魂が宿るとよく言われますよね。「できない」と一言いうと出来ない結果になってしまうということも是非、意識してみると良いでしょう。いつも「できない・やれない」が口癖になっている方は、一定期間その口癖を封印してみましょう。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「しょうがない」

しょうがないという言葉は諦め癖を脳に刷り込む言葉です。
諦めるという行為は決して悪いことではありません、妥協することに慣れている人ほど社会に順応しやすい、協調性や調和のとれた人間になります。しかし、この諦め癖が諦めてはいけない時にまで発動してしまうと、何をやっても達成できない結果を生み出します。

「しょうがない」が口癖になっている方は、しょうがないと発する手前でもうひとふんばり頑張ってみてはいかがでしょうか。諦めの悪さをみにつけたい時には是非、意識してみてください。

口癖から深層心理を見抜く

口癖は無意識に生まれるものです。
そして、無意識に発している口癖の内容から、ご自身の乗り越えるべき課題も見えてくるのです。一歩自分を高めたいと感じたときは口癖を意識することでより良い方向になるはず♡

ぜひ、今回ご紹介した口癖を言っていたという方は口癖に意識をしてみてくださいね。

自信は魅力に!自分で自分を好きになる「幸せ言葉」で幸福脳を手に入れる

https://cinq.style/articles/28

好きになってもらいたいなら、まずは自分で自分を好きになることから始めなくちゃ。 言葉や考え方を変えることから「幸せ脳」を手に入れましょう。自分を好きになることで、自信が生まれ、あなたの魅力はさらにグンとアップします♡ よくばり女子は、いつも幸せであれ。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


3日坊主にならない! 勉強を継続できるようにするための習慣

3日坊主にならない! 勉強を継続できるようにするための習慣

社会人となると仕事の合間に勉強をするのに苦労をします。最初は気合いを入れて勉強をはじめたものの、忙しくなると続ける余裕がなくなり途中放棄…。そこで今回は、勉強するときにやっておきたい習慣についてご紹介します。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


体の“ダル重”は体内時計と取り戻して解消!早起きを継続するための工夫

体の“ダル重”は体内時計と取り戻して解消!早起きを継続するための工夫

「朝活」というワード、最近はあまり耳にしなくなりましたよね。けれど早起きを習慣化させたいと思っている方は多いはず。なかなかハードルが高いように感じる早起きの習慣化ですが、私が実践していて効果があると思ったものを紹介します。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング