「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

普段何気なく口にしている言葉には力が宿るというけれど…。中でも幸運を逃しやすい口癖について、その理由とNG口癖をご紹介!


私達は何十年も生きていると自然と「生き癖」がしみついてくる。恋愛に対してこういう人を好きになりやすいとか、毎朝必ずやっている自分ルールなど。その最たるものが「口癖」です。

気づかないうちにいつも発している言葉を時々誰かに指摘されたことはありませんか?そして言われて初めてハッとする。実はそんな口癖は時に私達にやってくる幸運のチャンスを逃しているのです。今回は、幸運を逃しやすい口癖のキーワードをご紹介します。

なぜ、口癖が幸運を逃すの?

そもそも、口癖が幸運を逃すとはどういうことか。
ちょっとイメージがつきにくいですよね。

あなたの周りの友人や知人を想像してみてください。いつも何かにつけて「言い訳」する人はいませんか?「今日は〇〇があって遅刻しちゃった」、「違うの、私はそうじゃないって言ったんだけど」などなど。これは誤解を解こうと“言い訳”することが癖になっています。しかし、言い訳とは時に自分の非を認めない行為として受け取られ、それが周りに“扱いづらい人”という印象を与えるキッカケになります。決して悪い人ではないのに、とっつきにくい人というのはこうした口癖から受け取られる印象が少し悪いのかもしれません。

ここに気づかないとどんどん、友達や仕事、恋愛のご縁を失ってしまう可能性があるというワケです。

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」を身につけて

https://cinq.style/articles/1258

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「でも・だって」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先ほどの例と重なりますが、言い訳から入る口癖を控えましょう。「でも・だって」という口癖のあとに来る言葉は決まって相手を攻める言い訳や否定的な言葉が含まれています。「でも=相手の意見を否定している」ということを意識してみると良いかもしれません。

絶対に言ってはいけないということではありませんが、普段からつい口癖として「でも・だって」を多用しているかもしれないと感じた時は意識的に控えるようにし、代わりに「そっか・実はね」と置き換えて発言すると柔らかい印象になります。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「できない・やれない」

こちらも否定的な口癖ですよね。仕事で無理難題を言われた時や、自分のキャパオーバーな出来事が起こった時につい言ってしまいたくなる一言です。もちろん、中には無茶な出来事もあるかもしれません。やれなかったという結果になることもあります。

しかし、これが口癖になってしまうと何事も挑戦するキッカケを失ってしまいます。言葉には魂が宿るとよく言われますよね。「できない」と一言いうと出来ない結果になってしまうということも是非、意識してみると良いでしょう。いつも「できない・やれない」が口癖になっている方は、一定期間その口癖を封印してみましょう。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「しょうがない」

しょうがないという言葉は諦め癖を脳に刷り込む言葉です。
諦めるという行為は決して悪いことではありません、妥協することに慣れている人ほど社会に順応しやすい、協調性や調和のとれた人間になります。しかし、この諦め癖が諦めてはいけない時にまで発動してしまうと、何をやっても達成できない結果を生み出します。

「しょうがない」が口癖になっている方は、しょうがないと発する手前でもうひとふんばり頑張ってみてはいかがでしょうか。諦めの悪さをみにつけたい時には是非、意識してみてください。

口癖から深層心理を見抜く

口癖は無意識に生まれるものです。
そして、無意識に発している口癖の内容から、ご自身の乗り越えるべき課題も見えてくるのです。一歩自分を高めたいと感じたときは口癖を意識することでより良い方向になるはず♡

ぜひ、今回ご紹介した口癖を言っていたという方は口癖に意識をしてみてくださいね。

自信は魅力に!自分で自分を好きになる「幸せ言葉」で幸福脳を手に入れる

https://cinq.style/articles/28

好きになってもらいたいなら、まずは自分で自分を好きになることから始めなくちゃ。 言葉や考え方を変えることから「幸せ脳」を手に入れましょう。自分を好きになることで、自信が生まれ、あなたの魅力はさらにグンとアップします♡ よくばり女子は、いつも幸せであれ。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

ほぼ毎日、お金を遣って生きている私たち。どんな気持ちで、どんな風にお金を扱っていますか?お金の神様に愛されるお買い物のコツをご紹介します。


私ってどう思われてるの? 人から見た自分の印象を確かめるためには

私ってどう思われてるの? 人から見た自分の印象を確かめるためには

自分が周りからどう見られているのか、気になることってありませんか? 自分のことを完璧に理解できている人なんていないし、人からの印象って自分が思っているものとは違うかもしれない。今回は動作や仕草などからつく、印象について考えてみました。


仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

恋人との喧嘩や別れ、プライベートで落ち込むことがあるとき、割り切って仕事ができる人とできない人がいます。けれど、ビジネスにプライベートの問題を持ち込むと、周囲に迷惑をかけるだけだけでなく自分の信頼まで落とす結果に。仕事とプライベートをうまく割り切れるよう、対処法を覚えておきましょう。


忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて充実しているはずなのに、突然「自分は何をやっているのだろう?」とふと冷めてしまった経験はありませんか? それはもしかしたら「アクティブ・ノンアクション」という状態かも知れません。今回は、一体それがどんな状況なのか、どうしたらこの状態から抜け出すことができるのか考えていきます。


最新の投稿


将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

先の見通しなんて分からない…だけど、将来を見据えて大事な買い物は今からしておくべき?20代独身女子に沸々と急増している、マンション購入事情についてご紹介!


目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

冬は、寒いので外出が減り室内で過ごす時間が多く、ついつい間食をしてしまう機会が多くなる季節。さらには寒くて運動する気が起きず、寝正月で運動不足では?筋トレと食事を意識して健康的なダイエットを今から始めましょう!


「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

理想の恋を実現させるためには、誰に何と言われようとイメージすることが大切。諦めないで、あともう少し夢を膨らませてみましょう♩


生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

貯金をするのであれば、無理なく楽しく続けたいもの。世の賢い働き女子たちはちょっとずつ生活習慣を変えながらお金を貯めていっています。今回はみんなが行っている節約術を、5つご紹介します。


【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

自分自身に負荷をかけている『ストレスの原因』を探ってみれば、ストレスとの上手な付き合い方が見えてくるかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング