「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは



私達は何十年も生きていると自然と「生き癖」がしみついてくる。恋愛に対してこういう人を好きになりやすいとか、毎朝必ずやっている自分ルールなど。その最たるものが「口癖」です。

気づかないうちにいつも発している言葉を時々誰かに指摘されたことはありませんか?そして言われて初めてハッとする。実はそんな口癖は時に私達にやってくる幸運のチャンスを逃しているのです。今回は、幸運を逃しやすい口癖のキーワードをご紹介します。

なぜ、口癖が幸運を逃すの?

そもそも、口癖が幸運を逃すとはどういうことか。
ちょっとイメージがつきにくいですよね。

あなたの周りの友人や知人を想像してみてください。いつも何かにつけて「言い訳」する人はいませんか?「今日は〇〇があって遅刻しちゃった」、「違うの、私はそうじゃないって言ったんだけど」などなど。これは誤解を解こうと“言い訳”することが癖になっています。しかし、言い訳とは時に自分の非を認めない行為として受け取られ、それが周りに“扱いづらい人”という印象を与えるキッカケになります。決して悪い人ではないのに、とっつきにくい人というのはこうした口癖から受け取られる印象が少し悪いのかもしれません。

ここに気づかないとどんどん、友達や仕事、恋愛のご縁を失ってしまう可能性があるというワケです。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「でも・だって」

先ほどの例と重なりますが、言い訳から入る口癖を控えましょう。「でも・だって」という口癖のあとに来る言葉は決まって相手を攻める言い訳や否定的な言葉が含まれています。「でも=相手の意見を否定している」ということを意識してみると良いかもしれません。

絶対に言ってはいけないということではありませんが、普段からつい口癖として「でも・だって」を多用しているかもしれないと感じた時は意識的に控えるようにし、代わりに「そっか・実はね」と置き換えて発言すると柔らかい印象になります。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「できない・やれない」

こちらも否定的な口癖ですよね。仕事で無理難題を言われた時や、自分のキャパオーバーな出来事が起こった時につい言ってしまいたくなる一言です。もちろん、中には無茶な出来事もあるかもしれません。やれなかったという結果になることもあります。

しかし、これが口癖になってしまうと何事も挑戦するキッカケを失ってしまいます。言葉には魂が宿るとよく言われますよね。「できない」と一言いうと出来ない結果になってしまうということも是非、意識してみると良いでしょう。いつも「できない・やれない」が口癖になっている方は、一定期間その口癖を封印してみましょう。

禁止語句にしよう!幸運を逃す口癖「しょうがない」

しょうがないという言葉は諦め癖を脳に刷り込む言葉です。
諦めるという行為は決して悪いことではありません、妥協することに慣れている人ほど社会に順応しやすい、協調性や調和のとれた人間になります。しかし、この諦め癖が諦めてはいけない時にまで発動してしまうと、何をやっても達成できない結果を生み出します。

「しょうがない」が口癖になっている方は、しょうがないと発する手前でもうひとふんばり頑張ってみてはいかがでしょうか。諦めの悪さをみにつけたい時には是非、意識してみてください。

口癖から深層心理を見抜く

口癖は無意識に生まれるものです。
そして、無意識に発している口癖の内容から、ご自身の乗り越えるべき課題も見えてくるのです。一歩自分を高めたいと感じたときは口癖を意識することでより良い方向になるはず♡

ぜひ、今回ご紹介した口癖を言っていたという方は口癖に意識をしてみてくださいね。