思い出の水着をあなたはどうしてる?水着の正しい洗い方

思い出の水着をあなたはどうしてる?水着の正しい洗い方

まだまだ海水浴シーズン。 今のうちに海水浴で夏を満喫しておきたいもの。 だけどちょっと待って! 使った水着はどうしていますか? 水着の正しい洗い方って知ってる? ちょっとした気遣いで、水着の退色を防ぐことができるのです。 できる大人の女性なら知っていて損はなし!の正しい水着の洗い方をご紹介します。


夏真っ盛りのいま。
お休みの日は水着を着て海水浴を楽しんだりしますよね?
そんな水着の後処理、どうしていますか?
正しい水着の洗い方次第で、水着の退色や痛みを防ぎ軽減できるのをご存知でしたか?

もしかすると、あなたの行動が水着を傷ませているかもしれません。

そこで正しい水着の洗い方をご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

≪水着を脱いだ後にやっておくべきこととは?≫

①真水で洗う

水着を脱いだ後、どうしていますか?
そのまま水気を軽く絞って、ビニール袋に入れている方が多いのではないでしょうか?

その行動、ちょっと待って!

まずは砂と海水を落とすためにもシャワーを浴びる際や、シャワーを出た後に真水で水着を洗いましょう。
洗剤をつけてもみ洗いをするのではなく、優しく押したりすすぎ洗いをして、水着についてしまった砂や海水、プールなら塩素、日焼け止めなどをていねいに洗い流しましょう。
この時、胸のパットも外して洗ってあげるのがベストです。

②ビニール袋には直接入れない!

ビニール袋に直接水着を入れてしまうと、摩擦で水着の色が退色してしまったり、生地が傷んでしまったりします。
そこで軽く押して水着の水分を取り除いてから、1度乾燥している新しいタオルにくるんでから、ビニール袋に入れましょう。
水着が痛むので、絞って水分を取り除かないことも重要です。

このひと手間で、水着のダメージを軽減することができます。

またビニール袋にそのまま水着を入れてしまうと、水分で雑菌が繁殖しやすくなる可能性も考えられてますから、面倒かもしれませんが清潔で乾燥しているタオルでくるんでから、ビニール袋に入れて持ち帰るようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

≪帰宅してからのお手入れ法は?≫

①手洗い!

ビーチの砂がまだ残っている可能性もあるので、洗濯機はNGです。
ここは水着もワイヤーが入っている物なので、優しく手洗いするのがベスト。

まずは真水に中性洗剤を少し入れて溶かしたら、そこへ先ほどの水着をいれて手洗いします。

もちろん先ほど同様に、胸のパットは抜いてこちらも一緒に手洗いしましょう。
結べるようになっているリボンの部分もきちんとほどいて、丁寧に洗ってあげて。

ポイントは擦らないこと。
ゆすったり、優しく上からプッシュしたり、掴むようにして洗ってあげましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

②ドライヤー厳禁

キレイにすすぎまで終わったら、乾いた清潔なタオルとタオルの間に水着を入れ、上から押して水分を取り除きます。

手で水気を摂るのに、水着を雑巾のように絞るのはNG。
生地が傷んでしまいます。
また型崩れの原因にもなりかねないので、タオルドライに徹してください。

また早く乾かしたいからといって、ドライヤーで乾かすのもNG。
ドライヤーの熱で水着の生地が傷んでしまいかねません。

タオルドライをした後は、水着を直射日光の当たらない場所に干してくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

≪思い出の水着を来年も着られるように♡≫

あなたは正しい水着の洗い方ができていましたか?
思い出とともに残る水着ですから、きちんとケアして来年も使えるようにしたいですよね。

ちょっとしたひと手間を加えるだけで、水着の痛みを防止できます。
ぜひこの夏、試してみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夏に向けてダイエット!人気の30日チャレンジに挑戦しよう♡

https://cinq.style/articles/1347

夏と言えば…プールに海! 水着になる予定がある方も多いのではないでしょうか? 季節的に普段の服装も薄着になるので、少しでもシェイプアップしてスタイルをよく見せたいですよね♡ 今回は、ダイエットしたい方におすすめのの30日チャレンジをピックアップさせていただきます♪

この記事のライター

Kupono Beauty代表。ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


水着

関連する投稿


江ノ島・海の家にある新オシャレスポット『フラミンゴ ビーチ クラブ』全貌

江ノ島・海の家にある新オシャレスポット『フラミンゴ ビーチ クラブ』全貌

1年の中でもっとも活動的になりたくなる夏。一足早めに江ノ島に姿を表したのは、よくばり女子のワガママを詰め込んだ海の家「Flamingo beach Club(フラミンゴ ビーチ クラブ)」。ひときわ目を引く内装と、つい手に取りたくなるオシャレな“アレ”に注目!


翌日に持ち越さない。お酒をたくさん飲みたい時の頼もしいおとも、3つ

翌日に持ち越さない。お酒をたくさん飲みたい時の頼もしいおとも、3つ

夏といえばフェスやBBQ、海などレジャーの予定が満載の時期。 そんな時、気になるのがお酒。 「次の日、仕事だよな、、、」と考えてしまうと、美味しいお酒も楽しめないかもしれません。そこで活用したいのがサプリメントやハーブ。 うまく取り入れて、夏の楽しい時間を過ごしましょう!


普段使いにも◎ 夏コーデに使える素敵なカゴバッグ特集♡

普段使いにも◎ 夏コーデに使える素敵なカゴバッグ特集♡

夏のファッションアイテムの定番、カゴバッグ。 シンプルなコーデも季節感のある小物を一点投入するだけで、イメージをガラリと変えることができますよ♡ 今回は、大人の女性にぴったりの素敵なデザインをピックアップしてご紹介します♪


大人のリラックスムードを楽しむ!ライフスタイルブランド『Inshore(インショア)』デビュー。

大人のリラックスムードを楽しむ!ライフスタイルブランド『Inshore(インショア)』デビュー。

海好きさん必見! 「海辺にいるような心地よさ」をコンセプトとしたライフスタイルブランド『Inshore』が2018年3月に本格デビューします。 優しく海に抱かれているような、ふんわりとした暖かさをファブリックで体感してみて。


世界の海を旅するデザイナーがおすすめ!夏に行きたい日本の海3つ

世界の海を旅するデザイナーがおすすめ!夏に行きたい日本の海3つ

なかなか遠出は難しい! そんな多忙なあなたにおすすめしたい、近場にある海3つを、世界の海を旅するデザイナーに伺いました。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング