季節を問わず美しい♡グレーで決めるシックなコーデテク

季節を問わず美しい♡グレーで決めるシックなコーデテク

派手な色を好む時期も過ぎて、落ち着いた大人の女性になるとシックで品のある色合いを好むようになる。中でも上品な装いを実現させてくれる“グレー”に注目!無難で終わらない、美しいグレーコーデのポイントを紹介します。


オールシーズンを通して合わせられる色と言えば、黒や白のベーシックカラーですよね。しかしモノトーンはコントラストが少々強過ぎて、組み合わせによっては怖い印象を与えやすい色でもあります。そこで通年使えて、大人の女性を品良く見せてくれる定番色としてオススメしているのが“グレー”。しかも、今年の秋冬のトレンドカラーにグレーがピックアップされています!

そこで今回はグレーアイテムのオシャレなコーデ術をご紹介します。

グレーのチュール素材は大人のマストアイテム

グレーアイテムを取り入れる上でおすすめしているのが、チュール素材を使ったアイテムです。数年前に人気の高かったチュールスカートもグレーのチュールスカートなら甘さも控えめに、オシャレなコーディネートを楽しめます。ただし、チュールスカートそのものがブームから過ぎた印象になっているので、個人的にはチュール素材のトップスがおすすめ。

胸下で切り替えのあるチュニック風のトップスや、袖がチュール素材になったアイテムなど、デザイン性豊富なトップスは今の時期から秋冬まで展開されているので是非、チェックして。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

カッチリシルエットより“ラフ感”を意識する


グレーはシックな雰囲気を持つ反面で、無難・つまらない・お堅い印象を持つマイナスイメージもあります。全身が体にピッタリフィットしたキッチリ感満載のグレーコーデだと、オシャレというよりつまらないイメージが先行してしまいます。

なので、グレーを取り入れる際はリラックス感やラフ感を意識しましょう。トップスもゆったりしたニットや、襟抜きシャツで空気感を出す。柔らかく揺れる素材を活用して、グレーが持つ“重たさ”を軽減させましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

https://cinq.style/articles/1470

オシャレをしても、いまいち普通になってしまう。そんな方はもしかしたらこの要素が抜けているのかも...!

差し色は“淡いピンク”or“イエロー”

グレーは定番色なので、基本的にどんな色とも相性が良いとされています。しかし、馴染みの良い色、見ていて洒落感のあるパリシックな色の組み合わせとなれば外してはならないのが“ピンク”と“イエロー”です。

特にライトグレーと淡いピンクの組み合わせは上品で大人可愛い組み合わせとしてファッションスタイリストもよく起用している組み合わせなのです。ここで大事なのは、グレーの明るさと差し色の明るさを統一させること。

例えばグレーが深みのあるチャコールグレーなら、淡いピンクももちろん相性が良いですが、それ以上にビビッドなフューシャピンクの方が似合います。色のトーンを合わせるとよりオシャレ度は増します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

秋はグレーで大人シックに決めて♡

グレーを取り入れるのに、必要な3つのポイントをご紹介しました。イメージに合うアイテムが必ずしもお店で見つかる…とは限りませんが、是非お店でグレーの旬なアイテムを見かけたら試着だけでも試してみてください。

トレンドカラーということだけあって、これからの新作でどんどん出てきそうな予感…♡

センスってつまり何?スタイリストが教えるファッションセンスを磨くコツ

https://cinq.style/articles/734

「アナタって、センスあるね!」なんて言われるようになりたい!センスアップするにはまず何をすれば良い?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋に恋して夢中になっちゃう!年齢に関係なく、恋を優先してしまう方に向けた、恋愛体質脱却法をご紹介。


根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

一度、脈がないと思ったら挽回するのは難しい?脈ナシ男子を脈アリにするために考えるべきことをご紹介!


通販を頼んだら全く違うものが届いた…! ネットで失敗しない洋服の買い方

通販を頼んだら全く違うものが届いた…! ネットで失敗しない洋服の買い方

インターネット通販で洋服を購入する女性も多くなりましたが、自分が思っていたサイズやイメージと違ったものが届いた、なんて経験はありませんか? 安く便利に手が届くけれど、買う前に手に取ることができないため選び方が難しい。今回は、ネットショッピングで失敗しない、洋服の買い方について紹介します。


買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

せっかく買ったのに、なんだかイマイチで全然着ていない服がクローゼットの中にたくさん……。そんな人は洋服の買い方を改めるべし。今回ははたらく女子が失敗しない洋服選びの基準について考えていきたいと思います。


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング