お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方



貯蓄がないのにクレカで散財してしまう人は要注意!

手元に現金がない時もすぐに買い物ができてしまう魔法のカード、それがクレジットカードです。現金を出す必要がないため、ついつい使いすごてしまうことがありますよね。
「貯金をしたい」と思っているのに、クレカの引き落とし日に一気に金欠になってしまう……。なんて方はクレジットカードの使いかたを改めることが大切。クレジットカードの使いすぎを防ぐためのアレコレをご紹介。

一括払いできないものは買わない!

目標にしている貯金額があるのであれば、絶対に「一括払いで購入できない商品の購入しない」ことを決めておきましょう。分割払いで買い物を重ねていくと、いつの間にか請求額が積み重なってしまいます。「一括でも購入できるけれど、あえて分割」という選択ならまだセーフ。自分の手の届く範囲でクレジットカードを使うクセをつけておくことです。

また、注意しておきたいのがリボ払いです。後から払うことができる分、お金に余裕がない時につい利用してしまうサービスですが、実は手数料が圧倒的に高いのが特徴。初期設定がリボ払いになっている場合はすぐに変更しておくようにしましょう! お金を「借りている」という意識を持っておいて。

クレジットカードの持ちすぎには注意が必要

「年会費無料」という言葉や「○◯ポイントプレゼント!」というフレーズに誘惑されて、ついクレジットカードを作りすぎていませんか?
クレジットを何枚も所有している人は、お金の管理が甘くなってしまう危険性があります。クレジットを作る際には、年間にいくらお買い物をしたら元がとれるのかを計算しておくことです。

「1000円の年会費がかかるけど、買い物は常に○%オフ」というような甘い声にも要注意。

メルマガ購入にも要注意

ラクだからという理由で、ネットショッピングの支払いをカードにしてしまう方も多いことでしょう。カードで支払いをすると、ポイントがついたり、セールがあったり……。カードを使う魅力はたくさんあります。

けれど、真剣に貯蓄を考えているのなら、まず会員になっているショッピングサイトのメルマガを解除しておくことをオススメします。支払いは、あえてコンビニ払いを選んで。一手間かけても買いたいものを選ぶ癖をつけておくと、ムダな出費を抑えることができるようになります。

使った金額を現金で持っておくと把握が簡単に

節約生活に慣れないうちは、クレジットカードを使った金額分を財布から取り出し、封筒に入れておくようにしましょう。どれだけのお金を使ったのかが明確になります。月末などのタイミングに、その封筒の中身を計算するという行為を繰り返していくと、自分が使ったお金が明確に見える化します。

封筒に入れておいたお金は、貯金にするべく銀行口座に移して。
そうすることで自分の金銭感覚がわかると同時に、カードを使う回数も少なくなるはずです。

現金派かカード派か? しっかりと分けてお金の管理を

現金で使った金額を把握するのも難しいですが、現金+カードというお金を使う手段が増えると、さらにお金の管理が甘くなってしまいます。現金派は現金派でしっかりとお金の管理を。カード派だというのなら、持ち歩く現金は少なめにして、お買い物は全てカードで済ます、というように使い分けをしていくのがお金を貯める最短ルート。

お金の出どころを知ることで、目標金額への貯蓄が可能になります。ぜひ皆さんも、頑張ってみてくださいね。