これを着れば大丈夫!男性から見るモテジーンズとは?

これを着れば大丈夫!男性から見るモテジーンズとは?

実は男性によるとこんなデニムを履いている女性に、グッとくるということがあるそうです。 そんな男性が思わず可愛いなと思ってしまうような、デニム選びを男性陣に教えていただきました。 選び方と着こなしをご紹介します。


≪デニムブランドSINME(シンメ)の展示会で伺ってきました≫

女優やモデル、時にはキャスターまでもをこなす多彩な板谷 由夏さんが手掛けるデニムブランドのSINME(シンメ)。

【SINME CONCEPT】

大人とは無駄のないこと。
大人とは確かな自信。
大人とは遊び心。
シンプルで良質の服を着たとき
生き方が美しさとなって顕われる。
いくつになってもSINME(新芽)は生まれる。

絶妙なシルエットやデザイン、上質な素材で作られたシンメのデニムには、男性、女性どちらも引きつける魅力があるのだとか。

男性が求める女性のデニムの着こなし。
選び方ひとつで、その女性への見方が変わるといいます。

そこでシンメPRの松野さんと、スタイリスト鈴木まさあきさんに「愛され女性になるためのデニムの選び方」を教えていただきました。

≪男性が見ているポイントはコレ!≫

育てるデニム”リジッド”であること

皆さんは、”リジッド”と呼ばれるデニムをご存知ですか?

実はリジッドデニムとは、糊がついたままの状態のデニムのこと。

通常デニムが出荷される前には、大きな洗濯機で洗いをかけて出荷される場合がほとんど。
これは消費者の手元に渡った時、縮みや色落ちを防ぐため、デザインのために洗われます。

なぜリジッドが良いのか?
それは、育てることのできるデニムだからです。

リジッドデニムには、まだ何の色落ちもダメージの加工もされていません。
そのため自分自身の生活のクセが、色落ちやシワやダメージとなって刻まれていくのです。
デニムに自分の歴史を刻んでいくといっても過言ではありません。

そこに男性は魅力を感じるのだとか。

皆さん、お気づきですか?

こちらの画像のような、細かい部分にまでこだわったステッチも魅力。
この画像部分だけでも、イエローとオレンジの2色のステッチが施されています。

遊び心が見え隠れするデザインに気づくことで、ワクワクするのだそうです。

セルビッジ(赤耳)であること

セルビッジとは、デニムの端の部分。
旧式のシャトル織り機でしか作れない、ほつれを防止するためのものです。
赤いステッチなので、赤耳とも呼ばれます。

以前は、高級なヴィンテージデニムによく使われていたものなのですが、ロールアップしてデニムを履いている人をみると、このセルビッジをよく見かけるようになりました!

なぜセルビッジがいいのか?というと、セルビッジを作るのに白い布に赤いステッチを施すので、作れる幅も狭い!そして時間がかかるため生産性があまり良くないからです。
イコール、こだわって作られているから。

また、セルビッジの方が色落ちした時の”あたり”と呼ばれる色落ちが、キレイに出るといわれておりデニムが好きな男性にとっては、セルビッジは良いデニムの証なのです。

ほどよいヴィンテージ感と絶妙なシルエット

ほどよく脚やヒップのシルエットが映る、絶妙なシルエットも重要なのだとか。
・細すぎない
・太すぎない
・ヒップを丸く包んでくれるような曲線

シンメのリジッドデニムは、ヴィンテージ感もありつつ、リジッドでハリ感のあるデニムだからこそ、脚の肉感が出ずGood。

初心者さんに取り入れやすいのは、裾の広がりが少なくタイトすぎない、ストレートなシルエット。
裾をひと折り~2折りしてスニーカーで合わせても◎。
女性らしさを演出したい場合は、ヒールのある断然パンプスがおすすめ。

≪トップスはオックスフォードシャツにかぎる!≫

着こなすうえで気になるのがトップス。
ついつい女性としては、胸元の開いたトップスや落ち感のあるふんわりトップスを選んでしまいがちですよね。

しかしデニムを履きこなすうえでは、やっぱりオックスフォードシャツに限るのだとか。
少々、肉厚なオックスフォード生地を使用した白シャツは、カチッとしたカッコイイ印象ながらも、シルエットで女性らしさを残しておくのがポイントです。

【注意点】
リジッドデニムは、物によって2サイズ以上縮むものがほとんどです。
サイズを選ぶときには、お店のスタッフに相談してみてください。

またリジッドデニムは、他のものに色移りしてします。
特に白シャツと合わせる着こなしを1日していると、必ずと言っていいほど白シャツに色移りして、シャツが青くなります。
もちろん下着にだって移ります。

移ってしまったものは、もうほとんどブルーの色がとれなくなります。
白シャツを選ぶときには、色移りしてしまう覚悟が必要です!

下着やバッグ、靴、靴下などは黒にしてあげると色が移っても目立ちませんので、工夫して着用してみてくださいね。

≪センス良く愛され女性に♡≫

秋も徐々に深まっている今日。
リジッドデニム×白シャツの着こなしを楽しめる季節です。

デニムをセンス良く着こなして”愛され女性”を目指してみてはいかがでしょうか?

ジャストサイズがちょうどいい♡イマドキデニムは「ガールフレンド」!

https://cinq.style/articles/389

トレンドはボーイフレンドデニムからガールフレンドデニムへ!巷で話題のガールフレンドデニムのおすすめコーデをご紹介♡

この記事のライター

Kupono Beauty代表。美容研究家、ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


着こなし トレンド

関連する投稿


肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

トレンドのオフショルも場所によってはNGに!オフィス向けの肌見せテクニックのポイントをご紹介!


サテンの“ツヤ”が大人きれいにまとまる! サテン地を取り入れたコーデ

サテンの“ツヤ”が大人きれいにまとまる! サテン地を取り入れたコーデ

しなやかなとろみとツヤが角度によって表情を変えるサテン地ですが、そんなサテン地を使ったアイテムが最近注目されているのをご存知でしょうか? 今回は、大人の色っぽさがあるサテンコーデをご紹介。


冬もやっぱりフェミニンが気分♡ おとなかわいい甘めコーデに仕上げるには?

冬もやっぱりフェミニンが気分♡ おとなかわいい甘めコーデに仕上げるには?

ベーシックカラーやカジュアルラインのアイテムが流行している最近ですが、なんだかマンネリ……女の子っぽい“甘さ”も欲しくなる時ってありませんか? 今回は取り繕いすぎない、「おとなかわいい」が作れる甘コーデを紹介。ぜひ参考にしてみて♩


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

せっかく買ったのに、なんだかイマイチで全然着ていない服がクローゼットの中にたくさん……。そんな人は洋服の買い方を改めるべし。今回ははたらく女子が失敗しない洋服選びの基準について考えていきたいと思います。


最新の投稿


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

電話って、いつかかってくるかわからないし、急に自分の知識外な用件を言われることもありますよね。 予想ができないからこそ、新社会人になったばかりのあなたには不安になるもの。 不器用でも嫌な印象を与えたくない。そんなあなたの為に、今日から実践できる電話対応法をご紹介します!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

春から新入社員としてお仕事される方、ご入社おめでとうございます! お仕事については先輩や上司から教えて貰うことになりますが、意外とわからないのが「出社と退社のタイミング」。 暗黙のルールだからこそ、わからないし悩んでしまうことってありますよね。 新入社員から1年を迎えた私がリアルな悩みにお答えします!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

緊張と不安と期待でいっぱいの新社会人のアナタのために、ビジネスマナーの基本、メールのお勉強を。お仕事の場面では多く使うツールだからこそ、基本はしっかり押さえておきたい。


うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

いざ、意見を求められたときにアナタの発言力が試される...!スマートな対応ができる大人になるための発言スキルを高める習慣法をご紹介


休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は休憩中の対応についての相談です。


RANKING


>>総合人気ランキング