ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ちょっと居心地悪いぐらいが丁度いい?身を置く環境で成長する秘訣|MY WORK ヒント#18

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第18回目は、居心地の良い環境にいると、自己成長スピードが落ちると言う気づきをご紹介します。


心地が良いのは、類友だから

人は、居心地の良いところや、話していて安心する人間関係を好みます。しかし、「MY WORK ヒント」の観点から見ると、居心地の良さは成長の妨げになることがあります。なぜなら、「居心地が良い=今の自分と似ている」からです。

仕事の成長を考えると、自分より少しでも吸収できる“何か”を持っている人間関係を作ることが大切。“何か”というのは、異なった価値観でも良いですし、経験したこと、別ジャンルの職種など、等身大の自分にはない「違和感」を感じることがキーになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

緊張や違和感に、成長のヒントあり

先輩や上司のいる空間で、いつもと変わらず、楽しくワイワイおしゃべりできる!という方は少ないことでしょう。「仕事の付き合いで飲むお酒は、美味しくない」と表現することもあるように、緊張していたり、遠慮していたりすると馴染めないものです。

しかし、この「違和感」に敏感になると、自分に足りない部分が見つけやすくなるので、アンテナを高く張ってみてください。

人間関係の入れ替わりは、ごく自然なこと

長い付き合いをすることだけが、良い人間関係ではないと私は思います。
短い時間を過ごした関係でも、そこから吸収できるものの大きさは計り知れません。


先日、たまたま隣に座っていた外国人男性に、話しかけられたことがありました。私が、ご飯屋さんでパソコン作業をしていたのが、相手にとって違和感だったのか「ポテトでも食べないか?」とイヤホンをしていた私に、フライドポテトを差し出してきたのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

音も周りも遮って、自分の世界に入っていた私は「ポ、ポテト…!?」と戸惑ったのと同時に、英語が話せないので一瞬どうしようか迷いましたが、思い切ってポテトをいただくことにしました。私にとっては「違和感」どころか、もはやチャレンジの領域。しかし、パソコンで翻訳を使いながら会話をしていると、どうやらロンドンで出版関係の仕事をしている人でした。

「君は何をしているの?」「どうして、そんなにタイピングしているの?」と聞かれながら、その日だけのコミュニケーションでしたが、思わぬ共通の話題からロンドンのニュースについて、ジャーナリストとライターの違いなどの話題で花を咲かせました。短い時間でしたが、「違和感」や「緊張感」を通して、新しい気づきを発見できた気がします。

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

「それ、セクハラなんですけど……」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

人は自分と似たタイプの人を「話しやすい」と認識し、自分と違う思考や行動をするタイプの人を「苦手」だと判断しがちです。けれど、仕事では「どんな人にでも対応できること」が求められます。相手の思考パターンを知って、それぞれにあった対処法を準備しておきましょう。


「生きる。 その実体は瞬間にしかない」ウーマンダイアローグ #35

「生きる。 その実体は瞬間にしかない」ウーマンダイアローグ #35

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、華書家の永島美織さん。日本文化のなかでも代表的な『書道』『墨絵』を融合した作品を手掛けるクリエイターです。国内、海外で開催されるライブパフォーマンスでも注目を集めています♡


建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

大人になると、ある程度の建前が身につきますよね。建前を使えば、トラブルも起きにくく、その場を切り抜ける手段にもなり、自分にとって都合のいいこともあるでしょう。ですが、建前だけでこれからのキャリアを築くことができるのでしょうか? 本音と建前をうまく使い分けて自分の望む道を目指しましょう。


最新の投稿


この冬履き回したいのはコレ! 働き女子の冬用シューズ4選

この冬履き回したいのはコレ! 働き女子の冬用シューズ4選

寒い季節は分厚いコートを着る機会も多く、足元に合わせるアイテムを悩むことがありますよね。丈感や色のバランスをチェックして上手にシューズを選ぶことがおしゃれ見えのコツ。働き女子が寒い冬に履き回したい、オススメのアイテムを紹介します。


【もちこのパンイチ】ザクザクな食感がハマる!ナッツを使ったアレンジレシピ

【もちこのパンイチ】ザクザクな食感がハマる!ナッツを使ったアレンジレシピ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回はナッツを使ったパンイチレシピです!パンにも合わせやすい食材なのでぜひチェックしてみてくださいね♪


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


彼の成長度に期待! 彼氏を素敵な男性に育てていく方法は?

彼の成長度に期待! 彼氏を素敵な男性に育てていく方法は?

出会ったときは頼りない彼に思えても、そこから育ててあげられるのは自分しかいない!素敵な男性へと成長してもらえるように優しくリードしてあげてください♩


なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

ほぼ毎日、お金を遣って生きている私たち。どんな気持ちで、どんな風にお金を扱っていますか?お金の神様に愛されるお買い物のコツをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング