社内恋愛のきっかけに♡ 同じ職場で働く男性からの、脈アリサインの見極め法



本サイトはプロモーションが含まれています。

男性からの脈アリサインを見逃さないで♡

これまで社内恋愛についての記事をいくつか掲載してきましたが、社内恋愛をしている男女って本当に多いこと……!

毎日出会う環境だからこそ、相手との距離感を近づけるチャンスも多く、相手の仕事ぶりを知っているからこそ魅力的に映ることもありますよね。今回は、同じ職場で働く異性からの脈アリサインの見極め方をご紹介します。職場に片思いの男性がいる方は、今2人がどのポジションにいるのか、チェックしてみてくださいね。

意識してる…?

人間関係が仕事にまで影響してしまう可能性があるからこそ、慎重になってしまう社内恋愛。だからこそ、男性の脈ありサインは敏感に察知しておきたいものです。まずは、「もしかしたら、お互いに意識してるかも……?」なんだか恋が始まりそうなざわめきを感じる、そんなところから。

頻繁に目が合う

「職場が同じ」ということは直接接する機会は少なくとも、必然的に同じ場所には居ることになります。気になる人が、職場にいると目で追ってしまうのは自然なことです。自分が見ているタイミングで目が合うということは、相手も頻繁にあなたのことを眺めている証拠。
目は口ほどにモノを言う? まさにその通りかもしれません♡

積極的に挨拶してくれる

「おはよう」「お疲れ様」以外にも、パッとすれ違う時に軽く話しかけてきてくれる回数が増えたら、恋の予感かも。違う部署や、遠い席からも挨拶をしてくれた、なんて場合はかなり脈アリだと感じるでしょう。見ているだけでは飽き足らず、ついついタイミングを狙って話しかけちゃう。メンズならではの“追いかけたい欲”が膨らんできた証かも…? タイミングよくお互い残業などが重なったりすると、食事に誘われる可能性もあるかもしれません。

もしかして、お互いにいい感じかも…?

「なんだかお互い意識してる……?」そう気づいた時には2人の物語はすでに始まっています。相手はハンターモードに入っている可能性も。とはいえ、まだまだ職場優先の関係。簡単に飲まれるワケにはいきません。そんな2人のもどかしい距離とは?

顔を合わせる回数が増える

なんだか今までより顔を合わせる回数が増えた…? と思ったらそれはどちらかが、出社・退社時間を見計らっている可能性があります。もちろん挨拶を交わす回数も増えて、前よりもっと話が弾む。一緒に帰る機会もあったりして、「ん…?! なんだか前よりもずっと話しやすいかも」。
鉢合わせる回数が増えたら、それは意図的なものである可能性が高いです。

共同作業する時間が増えた

同じ職場で働く者同士の共通の話題といえば、やっぱり業務内容について。これなら、周りに人が居ても堂々と会話を進めることもでき、自然な接触が可能になります。
「これってわざわざ私に話しかける必要あったかな……?」なんて思う内容が増えた時には、脈アリ度はかなり高め。退社時間に近い打ち合わせのセッティングなどがあると、遠回しのお誘いサインかもしれません。

差し入れをしてくれる・疲れを気遣ってくれる

2人の距離が縮まってきたら、思いやりや優しさをアピールするきっかけも増えるはず。あなたが一生懸命仕事をしている時に、差し入れを入れてくれたら…? お金も手間もかけて、あなたに何かを選んでくれたら更に自信を持ってOK。好意を寄せる人には、優しくしたいものなんです。

急に近づいた距離にドキドキ♡

プライベートな話題が増える

話す機会や時間が増えたら、共通の話題は仕事の話だけでなくプライベートにまで。「会話のジャンルが変わったな?」と思ったらそれは相手が接近している証拠です。
今まで知ることのなかった相手のことを知るチャンス。色々な表情が垣間みえて、今までよりもっと身近に相手を感じるようになります。「このまま進んじゃって本当にいいのかな…」なんて、社内恋愛のリスクを感じて怖くなることもあるかもしれません。

仕事終わりの食事に誘われる

プライベートな会話が増えると、ついつい話が弾んで、相手のことをもっと知りたいという気持ちが生まれてきます。つい職場だけでは足りなくなって、外に出るように。会社の外で見る一面に惹かれるか、幻滅するのかで今後の2人が決まるでしょう。

もちろん、2人で食事に行ったからといってすぐにお付き合い等に発展するとは限りません。むしろ、勢いだけでなく慎重に進む方が社内恋愛の場合は好ましいでしょう。食事に誘われる頻度が増えていけば、お付き合いもすぐかもしれません。

気持ちを押さえる傾向も・・・?!

そして、順調にお付き合いがスタート…! なんて言いたいところではありますが、そんなに簡単にはいかない場合もあります。
順調すぎるスピードや社内恋愛のリスクを恐れて、付き合う前に「本当に大丈夫かな…?」と心配になり立ち止まってしまうことも。こんな心境に陥るのは、相手のことを真剣に考えているからこそではありますが、今までよりも連絡の頻度が落ちたり、お誘いが少なくなったり、とコミュニケーションが減る可能性もないとは言い切れません。男性は社会的立場がとても大切な生き物なので、ある意味仕方のないことなのかもしれません。
それでも、あなたが彼との距離を縮めたいと思うのなら、嫌われたと心配することなく、恐れず進んでいきましょう。

また、男性曰く「好きだと相手に悟られないように一旦引くこともある」のだそう。みんながみんな、積極的にきてくれるタイプだけではありません。相手のサインだけでなく、自分から行動を起こすことも忘れずに。

全て当てはまれば、2人が付き合うのは時間の問題♡

時間をかけて、ようやく近づけた相手。
仕事ぶりや人間関係など、仕事場での彼の振る舞いをみて魅力に感じるのは、ある意味自然なことなのかもしれません。

もちろん社内恋愛の場合、事前に就業規則を確認しておく必要があったり、別れたあとが気まずい……などさまざまな心配があります。けれど、そんなリクスを見込んで付き合いに発展したからこそ、信頼関係が築きやすいというのは確かです。お互いに同じ方向をみて、焦らずゆっくりと進んでいきましょう。