社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」


恋のきっかけは意外と身近なところに⁈

毎日同じ時間に出社して、毎日同じ人と顔を合わせる。
だからこそ、小さい出来事に“ドキッ”とすることもあるんです。というわけで、今回は職場の女性を異性として意識してしまった瞬間について男性陣に聞いてみました。

「出会いがない」と嘆いているだけでは何も始まらない。社内に目を向けてみるのも、一つの手段かもしれませんよ♡ もちろん、社内規則は早めにチェックしておいてくださいね。

メンズはやっぱりギャップに弱い!

「強い」の印象が一気に「か弱い」になった瞬間

いつも元気で強気なイメージの女性が、静かだったり落ち込んでいるように見えると「何かあったのかな?」と気になって仕方がない(27歳/男性)

普段との落差が「守ってあげたい」心理になるのかもしれません。
男性としては、やっぱり元気がない女性やへ落ち込んでいる女性を見たときに気になっちゃう生き物。いつも頑張っている姿を知っているからこそ、時々見せる弱さが武器になることもあります。涙を使うのは絶対NG! こらえている姿にこそ、男性はきゅん、とくる生き物なのです。

普段あまり話さない人が笑った

職場で、初めて笑顔を見た瞬間。(24歳/男性)

同じ職場に居つつも、あまり会話しない人っていませんか? 人数が多い社内では、ある一定の人としか会話をしなくなってしまうもの。声を聞いたこともなければ、話したこともほとんどない。そんな無口でクールなイメージの人がふとしたときに、笑いながら会話しているところを見たときも「おっ!」と思うんだとか。
まるで見てはいけない、その人の素を覗き見てしまった、そんな感覚に男性は陥るのかも。限られた人にしか知らない女性の顔。そんなギャップにも男性は弱いそうです。

癒されたいメンズは多数派

さらっとフォローしてくれた時

職場の先輩が、ちょっとしたミスをカバーしてくれた。しかもミスを攻めることなく「気にしないでね」って言ってくれた時に、優しい人だなぁと感じた。(24歳/男性)

自分がミスをして落ち込んでいるときに「頑張ってるね」などの優しい一言を添えてくれる。そんな女性ならではのやさしさにグッとくる男性も居ました。優しさにドキッとするのは男女共通かもしれません。男性はやっぱり、どこか少し甘えたい生き物。お互いに自立して支えていけるというプラスイメージになります。

憧れの差し入れ

遅くまで残業をしていたら、同期の女性からコーヒーをもらった。(25歳/男性)

疲れが溜まっている男性に、差入れをするのも効果的出そう。栄養ドリンクをもらったり、残業中にサンドウィッチの差し入れがあった、などという声もありました。弱っている時の優しさにグッときた経験は誰しもがあるはず。疲れているときや、大変な時こそ、気遣いを大事にしていきたいですね。

頑張る姿は仕事でこそ

健気に頑張る姿にきゅん

初めてのプロジェクトで一生懸命頑張っている姿に思わずときめいた。(30歳/男性)

何かに対して一生懸命取り組んでいる姿にグッとくる男性も多いそう。仕事ができるかできないかじゃなく、自分自身の力でなんとか乗り越えようと健気に頑張っている姿は、上司からも好印象になるはずです。見せない努力の美しさもありますが、気になる異性がいる場合は頑張っている姿を素直に見せるのもアリかもしれません。特に上司や年上の先輩に効果的なようす。

相談された

はじめて、後輩から悩みを相談された。(26歳/男性)

仕事だけに限らず、プライベートの悩みも共有してみましょう。女性から相談されることで「俺って頼りにされている?」と勘違いをしてしまうのも男性ならでは。好かれているという勘違いをきっかけに、相手を女性として意識し始めたと言うエピソードもたくさん耳にしました。
相談する=信頼されている、という認識ができるのも大きいかもしれません。狙っている男性がいる人こそ、相談に乗ってもらう、というシチュエーションはオススメです。

意外な逆ギャップもあり

普段は完璧な人が、時々とてつもなく眠そうにしているとき。昨日は何があったんだろうって気になる(31歳/男性)

仕事中はキリリとしているのに、仕事終わりにメイクルームから帰って戻ってきた女性社員さんがめちゃくちゃ華やかに変身していてびっくりした(25歳/男性)

仕事中と仕事後のギャップがある人にドキッと感じる男性も多い様子。清潔感が普段からある人は、なかなか私生活が見えづらいので、こういった違いにギャップを感じるのだとか。仕事終わりにどんな行動をしているんだろう……? と想像しているうちに、その人が気になってきてしまうのだとか。

社内恋愛はメリットもある

「職場恋愛はしないと決めている」という人も多いかもしれませんが出会いがないと出会いをむやみやたらに増やして後悔するより、ある程度プロフィールや人となりがわかっている職場の人の方が、恋愛に発展するスピードは早いかもしれません。
実際に、社内恋愛で結婚をしたというカップルも世間には多いものです。

真面目に働いて、たまには自分を素直にだしてみること。人へのちょっとした気遣いが、好感度とモテを呼ぶみたい。ぜひ参考にしてみてくださいね。