組織をうまく機能させるには?サービスや企画を進めるために知っておきたいこと

組織をうまく機能させるには?サービスや企画を進めるために知っておきたいこと

組織を機能させるためには“自分が居なくても機能するような仕組みづくり”が出来ていなければなりません。今回は組織の上手なつくり方について知っておきたいことをご紹介します。


ひとりでできることには限りがある

新しく何かを始めるとき、私たちはまずビジョンを掲げます。そのビジョンを実現するために、逆算して自分がこなすべきことを組み立て、物事を進めていくのです。ビジョンが明確になればなるほどに、こなすべきタスクは増えて、周囲からの協力が必要になります。

人間には得意不得意があるように、一人でできることには限りがあるからです。そのため、組織としてうまく機能するように考えていかねばなりません。組織をうまく作るためにはどうすれば良いのでしょうか?

人を巻き込むって簡単じゃない

スタートアップで起業した経営者たちが、いちばんに頭を悩ませるのが、人選です。ビジョンを掲げ、人員を確保し、資金といったリソースを調達する……。この人員の確保の部分が非常に難しいといわれています。

作り手以上に、サービスに愛情を注ぐことはとても難しいものです。人を取り入れ巻き込んでも、自分の思考回路通りに動いてもらうことはほぼほぼ、不可能に近いに近いと思っておいた方が良いでしょう。
とはいえ、取り組むべき業務をひとつひとつ自分が指示出ししなければいけないようであれば、人を巻き込んだ意味がありません。自分から積極的に動いてもらうためには、まずは自分が掲げたビジョンに共感してもらうことが第一です。

人に任せることを覚える

人を巻き込むとなると、自分自身はプレーヤーとしての考えではなく指揮者として全体を見渡す必要があります。人に任せられない指揮者に、良い人間関係はつくれません。まずは「仕組み」をつくる必要があります。

一時的にあなたのビジョンの共感し、協力が得られたとしても、他者にとってのメリットが全くないとなると、長期的に続けることはできません。ビジョンの共感を、自己実現だと捉えてもらえるような仕組みづくりが必要なのです。

使うといった精神ではなく、徳を積ませる

では共感を自己実現に変えてもらうためには、なにをすれば良いのでしょう?

それは、相手に徳を積ませることです。自分にとって良い経験ができた、やったことに対しての対価がついてきた、このようなことに人はやりがいを感じるようになります。人を動かすためには、その動機付けをしっかりとしてあげることが必要なのです。「この人のためなら頑張れる」と思ってもらうためには、求めすぎるのではなく相手に与えることが大切になってくるでしょう。

「なんのためにその役割が必要なのか」を説明する時間もつくりましょう。そのあとは現場にどんどん立ってもらえるように経験値も身につけて。人は論理的思考で物事を考え判断しますが、行動に移すためには感情が必要になる生き物です。
自分が頑張っている背中を見せることで、「この人についていきたい!」といった気持ちにさせるのもひとつの手段でしょう。

自分より優れた人を集める

資源には限りがあります。
よって物事を進めるためのスピードは必要不可欠。そのスピードを加速してくれるいちばん手っ取り早い方法が、自分より優れた人材を組織に入れることです。自分のビジョンを実現させることができる人の特徴は、人の力を自分のビジョンのために使うことができることにあります。そんな人は、自分より優秀な人物を、パートナーや顧問として、支援の輪を広げていきます。もちろん、優秀な人に協力を仰ぐことになるので、ここでもう一度ビジョンへの共感が必要になります。

この共感が人を呼び、人がスピードを加速させ、物事が進むのです。ビジネスの基本は、人と人にあるということを覚えておきましょう。

上手な仕組みづくりを

ビジョンや理念の共有なしに、組織はできません。人の力をレバレッジすることが必要なのです。自分がいなくても、動く仕組みをつくっておくことで、負担が一気に軽減されます。組織をつくることは、簡単なことではありませんが、このことを覚えておくとおかないでは大きく差がでるでしょう。

毎日気持ちよく働き、働いてもらうためにも、仕組みづくりはしっかりと。そして一人一人の力を信じて、人に“任せる”取り組みを行っていきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング