悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

なんとか乗り越えた入社1年目。きっと2年目も順調に成長していくだろうと思っていたら急につまずきがやってきます。実はこれ「2年目の孤独」によるもの。なぜこのような言葉が生まれるほど、2年目は不安定になりやすいのでしょうか。


入社2年目の孤独とは?

入社1年目の新人期間は、周囲の関心が高いぶんフォローも手厚く、入社3年目というタイミングを節目とみている所があり、面談や研修など実施をしている企業が多くあります。

少し仕事に慣れ始めた2年目は、1年目と3年目の狭間となっていて、研修や面談の機会も一気に減少し、周囲の人との絡みが一気に少なく、黙々とお仕事をこなすことが増えます。その結果、必要以上に不安や悩みを一人で抱え込み、孤独感を感じてしまうことが多いのです。1年目はフォローしてもらって、なんとか残り超えてきたけれど、2年目で急につまずいてしまいこれからのキャリアについて悩んでしまう。

これが、スポーツ界でよく使われる「2年目のジンクス」をなぞらえた表現で"2年目の孤独" という人事担当がよく使っていた表現だといわれています。

孤独ではなく"自由"だと思いたいけれど、そうじゃない

"孤独"という表現を使うと悪く思えますが、指摘ばかりで疲れるし気も遣う。1年目と比較した時、圧倒的に2年目って"自由"なんじゃないか? と考える人もいますが、そういうわけにはいきません。

今まで先輩や上司と一緒に行動をしていたのが、一人で行動するようになり、急に責任感というものを感じ取るのです。自由ではなく、"プレッシャー"がのしかかります。後輩もできてくるとさらに、先輩らしさを見せなきゃと意識するが故に悩んでしまうのです。

また、同期とも交流があった1年目と比べて、それぞれの部署へ配属が決まったりし、交流が減少します。先輩ではなく、同期に聞いてもらいたい不安や悩みもあるのに、疎遠になってしまい寂しさを感じることも。

2年目になって気がつくことも増える

1年働いてみて、会社のことや仕事について気づきを得る2年目。

例えば、この会社は自分が成長できる環境ではない、と思うこともあれば、先輩である管理職層を見て出世しても決して幸せな働き方ができそうにない、と解釈をしたり…。不満や疑いを持つことも増えれば、自分がどれだけ成長しているのかわからないといった不安や、同期がどれだけ仕事をできるようになっているのか、を気にするようになります。

就活中や働いて間もない頃にはわからなかった、会社についてが見えてくることで、辞めたいという気持ちが芽生えたり転職を考え始めるきっかけがあるのです。

つまずきを無くすために先輩たちにできることは?

2年目の孤独があることを知った上で私たちは何ができるでしょうか?

まずは、2年目になるという準備をする機会を作ってあげることです。新人が入ることはわかっていても、環境の変化にはついつい戸惑ってしまうもの。今後はどういうことを考えていけばいいのか? 2年目はどのような仕事が増えるのか? を先輩の立場の人は伝えてあげると良いでしょう。

また、これは筆者の考えはありますが、定期的な交流会は3年目までは必要だと思えます。大規模な研修ではなくても、懇談会のようなものを上の立場の人が設けてあげることで、同期の状況への理解もでき、悩んでいたことが解決できる良い機会となります。

影が薄くなりやすい2年目は、大きく成長するための大事な通過点。先輩である立場の人は、孤独ではなく自信を与えてくださいね。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 悩み 新入社員

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング