悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

なんとか乗り越えた入社1年目。きっと2年目も順調に成長していくだろうと思っていたら急につまずきがやってきます。実はこれ「2年目の孤独」によるもの。なぜこのような言葉が生まれるほど、2年目は不安定になりやすいのでしょうか。


入社2年目の孤独とは?

入社1年目の新人期間は、周囲の関心が高いぶんフォローも手厚く、入社3年目というタイミングを節目とみている所があり、面談や研修など実施をしている企業が多くあります。

少し仕事に慣れ始めた2年目は、1年目と3年目の狭間となっていて、研修や面談の機会も一気に減少し、周囲の人との絡みが一気に少なく、黙々とお仕事をこなすことが増えます。その結果、必要以上に不安や悩みを一人で抱え込み、孤独感を感じてしまうことが多いのです。1年目はフォローしてもらって、なんとか残り超えてきたけれど、2年目で急につまずいてしまいこれからのキャリアについて悩んでしまう。

これが、スポーツ界でよく使われる「2年目のジンクス」をなぞらえた表現で"2年目の孤独" という人事担当がよく使っていた表現だといわれています。

入社年別 必要スキルを身に付けてキャリアアップ! 【入社〜2年目さん】

https://cinq.style/articles/59

資格や、専門的知識がなくても、必要な知識を身に付けて経験していけばキャリアアップはできる! ということで、入社年別にキャリアアップスキルをまとめてみました。 今回は入社したてさんから2年目さんのために。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

孤独ではなく"自由"だと思いたいけれど、そうじゃない

"孤独"という表現を使うと悪く思えますが、指摘ばかりで疲れるし気も遣う。1年目と比較した時、圧倒的に2年目って"自由"なんじゃないか? と考える人もいますが、そういうわけにはいきません。

今まで先輩や上司と一緒に行動をしていたのが、一人で行動するようになり、急に責任感というものを感じ取るのです。自由ではなく、"プレッシャー"がのしかかります。後輩もできてくるとさらに、先輩らしさを見せなきゃと意識するが故に悩んでしまうのです。

また、同期とも交流があった1年目と比べて、それぞれの部署へ配属が決まったりし、交流が減少します。先輩ではなく、同期に聞いてもらいたい不安や悩みもあるのに、疎遠になってしまい寂しさを感じることも。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

2年目になって気がつくことも増える

1年働いてみて、会社のことや仕事について気づきを得る2年目。

例えば、この会社は自分が成長できる環境ではない、と思うこともあれば、先輩である管理職層を見て出世しても決して幸せな働き方ができそうにない、と解釈をしたり…。不満や疑いを持つことも増えれば、自分がどれだけ成長しているのかわからないといった不安や、同期がどれだけ仕事をできるようになっているのか、を気にするようになります。

就活中や働いて間もない頃にはわからなかった、会社についてが見えてくることで、辞めたいという気持ちが芽生えたり転職を考え始めるきっかけがあるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つまずきを無くすために先輩たちにできることは?

2年目の孤独があることを知った上で私たちは何ができるでしょうか?

まずは、2年目になるという準備をする機会を作ってあげることです。新人が入ることはわかっていても、環境の変化にはついつい戸惑ってしまうもの。今後はどういうことを考えていけばいいのか? 2年目はどのような仕事が増えるのか? を先輩の立場の人は伝えてあげると良いでしょう。

また、これは筆者の考えはありますが、定期的な交流会は3年目までは必要だと思えます。大規模な研修ではなくても、懇談会のようなものを上の立場の人が設けてあげることで、同期の状況への理解もでき、悩んでいたことが解決できる良い機会となります。

影が薄くなりやすい2年目は、大きく成長するための大事な通過点。先輩である立場の人は、孤独ではなく自信を与えてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

入社3年目が転職したいと思ったとき、考えておくべき3つのポイント

https://cinq.style/articles/1479

入社3年目を過ぎると、ある程度余裕が出てくるので、自分のことを考える時間ができ、1つの節目として転職を意識しやすいタイミングがやってきます。しかし、転職せずに残る道でも良いかも…と揺らぎが生まれることも。そんなとき、考えておくべき3つのポイントがあります。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 悩み 新入社員

関連する投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

心が沈んだときは、いつもよりも孤独を感じやすい……。翌日からまたいつもの調子に戻れるように、モヤモヤモードから抜けだしましょう!


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


努力していない人なんていない!「私だけが頑張っている」思考グセから抜け出す方法

努力していない人なんていない!「私だけが頑張っている」思考グセから抜け出す方法

心に余裕がなくなると、つい「私だけが頑張っている」と思ってしまいませんか? 自分よりもはるかに努力している人は、きっとまだまだたくさんいます。深呼吸しながら、いつもの自分を取り戻しましょう♩


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング