生まれてからわずか1ヶ月間しか撮れない奇蹟の写真! おしゃれママ大注目の「ニューボーンフォト」



欧米で大人気のニューボーンフォト

子どものかわいい姿をカメラに押さえたい、と寝相アートなどのカメラテクニックが話題になった最近ですが、トレンドに敏感なママたちから注目されている「新生児フォト」というものがあるのはご存知でしょうか?

新生児フォトと言っても、いわゆるスナップ写真とは大きく異なります。ちょっとしたテクニックを用いて撮影すれば、一生飾っておきたくなる「アート」な1枚に仕上がるのです。

新生児だけが持つ、特別な特徴

なぜアートに仕上がるのか。これは被写体である赤ちゃんが「新生児」であることと大きく関係しています。
新生児期は産まれてから1ヶ月という大変短い期間であり、この時期を過ぎると赤ちゃんの体は急成長し、筋肉や脂肪がつきはじめ、起きている時間も増え、新生児だけが持つ反応や特徴も消失してしまうのです。生後1ヶ月という限られた時間にしか撮ることのできない、赤ちゃんの貴重な瞬間を切り取ったものがニューボーンフォトなのです。

赤ちゃんは神様からのスペシャルなギフト!

こちらの写真集では、自宅で簡単にニューボーンフォトが撮れるテクニックをたっぷりと紹介されています。

撮りたいシチュエーションごとのおすすめ構図や、あると便利な小道具、おすすめ撮影時間やセッティングまで、赤ちゃんに負担のない、すてきなニューボーンフォトの撮影方法や実例が習得できる1冊が発売されました。
妊娠中のご家族も、ベビ待ちさんも、いまのうちから赤ちゃんを迎える準備のひとつとして用意してみてはいかがでしょうか?

新生児ならではおくるみ姿もフォトジェニックに

くるんとおくるみに包まれた赤ちゃんに、お花をちょこん。鳥の巣の中にすっぽりおさまったかのようなかわいい写真が撮影できます。

負担にならないような、簡単なポージングもご紹介

ぐっすり眠る姿をかわいく収めるための、ポージングも紹介されています。身体に負担を与えないような優しいものなので、写真を撮られている間もぐっすり。

距離や角度によって変わる写真の印象も細かく紹介されています。

産後うつ・育児ノイローゼを乗り越えられる!

妊娠中から撮りたい写真のイメージを膨らませておくことで、よりスムーズに、そして後悔のない1枚を残すことができるでしょう。

産後1ヶ月はママにとって大変な時期。産後うつや育児ノイローゼなど不安になるニュースが後を絶ちません。

しかし待ち望んでいた我が子のたった1か月しかないスペシャルな新生児期を必死な思い出だけで終わらせて欲しくはありません。生まれたての赤ちゃんのありのままの写真を撮り、記憶を記録、そして作品として残し、改めて我が子を見てみてください。大変さは一瞬で吹き飛びます。そして神様からスペシャルなギフトをいただいていることに気づき、感動と誇らしさと例えようのない愛情で胸がいっぱいになることでしょう。

その後も続く大変な育児期間。でも1枚の写真を見返すたびに、感謝と感動の気持ちが蘇り、子育てが驚くほど楽しめるようになる、そんなセラピー効果もあるのがニューボーンフォトなのです。

そんなニューボーンフォトを撮るための1冊、ぜひみなさんもチェックしてみてください。

【書誌詳細】
はじめてのニューボーンフォト
荒原 文 著
海部 裕輔 写真
河出書房新社
単行本 A5変形 ● 96ページ
ISBN:978-4-309-27900-8 ● Cコード:0077
発売日:2017.11.27
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309279008/

写真集をチェックする♡

【著者紹介】
海部裕輔(かいべ ゆうすけ)
NY州立エリーコミュニティーカレッジ卒業後、写真家Nagi Sakai 師に師事。その後独立し、ファッション写真を中心に活動。2013 年に日本へ帰国してからはニューボーンフォトグラファーとして活躍中。

荒原文(あらはら あや)
明治学院大学大学院文学研究科修士課程修了。美容業界に在籍した経験を活かし、美容、食品、ヘルスケア、メディカル、オーガニック、ライフスタイルなどの記事を中心に幅広く執筆。自身もニューボーンフォトを経験。