業務時間外の仕事LINE(ライン)は対応すべき? 便利だからこそ考えておきたいこと。

業務時間外の仕事LINE(ライン)は対応すべき? 便利だからこそ考えておきたいこと。

休日や退社後の上司からの連絡がきたら、あなたはどう対応しますか? 便利だからこそ社会人ならでは問題・対処法について考えていきましょう。


休日に上司からLine(ライン)が送られてきた

ラインで簡単に連絡できるツール生まれ、社内の人とのコミュニケーションだけではなく、社外の人ともライン上でビジネスの話を進めることも増えてきた今日。昔よりも、業務時間外でのやり取りが増えてきたと感じませんか? いつでも簡単に用件を伝えることができる気軽さゆえ、夜遅い時間や休日にも連絡がきて悩むこともしばしば。さらに既読機能があるので、ふいに見てしまうと「しまった!」と思いますよね。

今回は、業務時間外のLINE(ライン)について考えてきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

業務時間外・休日は返さなくてOK

早速ですが、結論を言うと業務時間外や休日は緊急な場合以外は返さなくてOK。仕事は業務時間内で対応すべきことで、休みは休みです。

しかし、"緊急な場合"に関しては非常に厄介なもので、上司と部下で緊急の度合いに相違があるように思えます。出社してからでも良い内容だと感じる部下とそれを早めに連絡したい上司。LINEは既読機能が付いていることもあって、用件を送ったもの勝ちになってしまう傾向がありますが、「返信をすべきか?」判断するのは受け取った側がするもの。業務時間外であれば尚更です。

オフモード中に、LINEを返信しなければいけない義務はありません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

頻繁に送られないようにする方法

LINEが送られるのが日常化している上司に「やめてください」なんてストレートには伝えられないもの。さりげなく減らせるようにしていきたいですよね。

適度な距離を自主的につくれるような対応をしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

返信で一言添える

返信の際に「いま外にいるので、お返事が遅くなります」など、一言添えてみましょう。自分の状況を相手に知ってもらうことが大切です。休日は、友達や彼氏と一緒にいたりするのも自由なので、楽しんでいる間に連絡を取らなければいけない決まりはありません。

上司が持つ「休みの日でもこの人は暇だから連絡が来る」という認識を無くしていきましょう。

通知をオフにする

上司からのLINEを見るだけで気持ちが下がってしまう人には、お休みの間だけ通知をオフにして通知音やバイブで気が付きにくいようにしておけば仕事への負担が軽くなります。また既読が付くのが遅いと、「忙しいのかな?」と、先ほど述べた一言添えるよりも簡単に伝えることができます。

くれぐれも、休日が明けたら通知をオンにするのを忘れずに。

"メール"は"業務"なのか?

法律では時間外のやり取りはどのように見なされるのでしょうか?

海外では、業務時間外の仕事メールを禁止している国があるようです。フランスでは「オフラインになる権利」があり、従業員50人超の企業は、従業員が業務メールを送受信してはならない時間帯を明記する義務があります。ドイツでも、「反ストレス法」という同じく禁止にする呼びかけをしています。

日本でもこのような法律が欲しい所ですが、近しいものでは労働基準法で夜10時~朝5時までに働かせた場合は深夜手当を支給しなければなりません。しかし、メールを"業務"と意識している企業は少ないので、現段階では難しい話のようです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事LINE(ライン)も業務であることを認識していこう

返信するのも個人の自由です。ですが、大切なプライベートの時間を守るべく、便利なツールはマイルールを作らないと、ストレスの原因になりかねません。些細なことですが、上司も部下も業務であることを認識していけばお互いのためになります。

上手にLINE(ライン)を使うには、私たちは手軽さ故の問題点をこれからも考えていく必要があるでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


SNS アプリ

関連する投稿


勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

SNSをチェックするたびに既婚女子たちから子ども自慢が発信されている…。独身でがんばっている女子からすると、ちょっとだけ面倒くさかったり。今回は、既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツをご紹介します。


疎遠になりがち…30代から見直したい友達との付き合い方

疎遠になりがち…30代から見直したい友達との付き合い方

大人になるって、何でこんなに大変なんでしょう?今回は、30代から見直したい友達との付き合い方をご紹介します。


SNSを使って情報収集しよう! それぞれの特徴を活かしたSNS活用術

SNSを使って情報収集しよう! それぞれの特徴を活かしたSNS活用術

SNSはコミュニケーションを取るだけではなく、情報収集にも便利なもの。中には、投稿はせず見るだけ専用にアカウントを所持する人もいます。Twitter、Facebook、Instagramそれぞれの特徴を活かすことで、有益な情報収集を。


【人気ブラウザ比較】webブラウザは自分好みのものをチョイスして

【人気ブラウザ比較】webブラウザは自分好みのものをチョイスして

ネットを利用するときに必ず使うwebブラウザ。なんとなく使っている人が多くいると思いますが、この機会に自分好みのブラウザを選びましょう。


デキる人はつらい!?嫉妬されやすい人の特徴と対処法

デキる人はつらい!?嫉妬されやすい人の特徴と対処法

成功すればするほど人は孤独になる…。元々嫉妬されやすい体質だと、さらに一人の時間が多くなったり。今回は、嫉妬されやすい人の特徴と対処法をご紹介します。


最新の投稿


髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

髪もボサボサ、服もテキトー?! 「忙しい」を理由に、手抜きしちゃいけない理由

忙しい毎日が続くと、ついつい洋服も目についたものを身につけるだけになるし、髪の毛を梳かして巻いたりするのも面倒臭い。メイクをしっぱなしの肌だって、乾燥だらけで、なんだかガサガサ…。こんなビジネスウーマンのお悩みは痛いくらいに理解できる。だけどね、そこの努力って生活を豊かにするためにも大事なの。


【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

ハワイ・オアフ島の旅といえば、リフレッシュも楽しみのひとつ。 その中でもハワイの大自然を全身で味わうことが、リフレッシュのための醍醐味ですよね。 そこでハワイの大自然をたっぷりと感じることのできる絶景スポットを3つご紹介します。


なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第26回目は、遅漏男性の対処法について考えます。


いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

仕事が早めに終わったからこそ、今日は自宅ではなく、ちょっと寄り道。今回は、仕事が早めに終わったらしたいお出かけプランをご紹介します。


一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

2018年も早くも1か月が過ぎようとしています。今年こそ、おひとりさまスキルを上げたいところ!今回は、2018年スタートさせたいソロ活リストをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング