明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 12



明日からまた仕事かぁ…。

ブルーマンデー…休日明けのゆううつな月曜日という意味。月曜病。https://dictionary.goo.ne.jp/jn/196004/meaning/m0u/

5日間働いて、2日間の休日がある。 これが私たちの “日常”。せっかくのお休みなのに、明日からの仕事を考えて、憂鬱になってちゃもったいないと思いませんか?

どちらにせよ行かなきゃいけないなら、ブルーマンデーなんて言わずに、月曜日の朝をたのしみにする、工夫をしよう。


いつもと違う道を歩いてみる

出勤するとき、毎日決まった道を歩いて駅まで行き、毎日同じ時間の電車に乗っていませんか? 当たり前とはいえるけど、それじゃ変化がない。違和感もないけど、ちょっとつまらない。気分が乗らない月曜日はいつもと違う道を歩いてみてはいかがでしょう? 家から駅までの道のりでもいいし、駅から会社への道のりでもいい。わざと遠回りをしてみたり、近道を探してみてもいい。いつもと違う風景を楽しみましょう。

いつもと違う道には新しい発見がいっぱいあります。「ここにカフェがあったなんて!」「え、あのお店がいつの間にか無くなってる…」「この道、お花のいい香りがする」と言うように。見える景色が違っていると、小さな変化に気づくことができます。

あなたの心を癒してくれることもあるでしょう。違った空間には違う人たちがいる。長く住んでいる地域でさえ、知らない風景は星の数ほどあります。だけど、毎日同じルーティンで過ごしていると僅かな変化に気がつくのは難しくなる。だからこそ、意識的に変化を探す小さな旅をはじめましょう。

子供のときは、好奇心旺盛で”色々やってみたい!”という気持ちがあったはずなのに、大人になるとそんな感情からはついつい遠ざかってしまいます。未知なことからも遠慮しがちに…。

いつもと違う道を歩くのは、新しく何かをチャレンジすることと近しいのです。まずは、違う道を歩くことからチャレンジしてみませんか?