「あっ…」その死語は笑えないかも?アラサーが気をつけたい口癖

「あっ…」その死語は笑えないかも?アラサーが気をつけたい口癖

死語を意識したこともなかったけれど、10歳以上下の子が新社会人になりつつある今。改めて無意識に使っている中に死語がないかチェックしたい!アナタの口癖は、大丈夫?


口癖って自分では意識できないほど、自然と口をついて出てしまう。友達に指摘されて初めて自分に口癖があったことに気づく方も少なくないのではないでしょうか。意識しにくいからこそ特に気をつけたいのが“死語”。その言葉はさすがにちょっと笑えないかも…?

今回は、時代遅れを感じさせる気をつけたい死語をご紹介します。

“ガビーン”は反応に困る...

ショックだったときについ“ガビーン”…なんて言っていませんか?最近では、ガーンというようなオノマトペを使った表現自体もあんまりしません。こうした表現そのものが、どことなく昭和のマンガっぽさを感じさせるのか、若い20代前半の世代は聞き慣れない言葉で戸惑ってしまうかも。

年齢を感じさせる擬音語、擬態語は意識することで減っていくので注意していきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

“めんご”は多用厳禁

同じく死語として知られる“めんご”。先ほどのガビーンに比べ、まだ若い世代にも認知の高い口癖なので、あえて死語を使っているという感覚で冗談として通じる口癖ではあります。ただし、冗談で通じるからといって、「めんご、めんご♡」などと多用すると「また、使ってるよ。好きだなぁ…」なんていう冷やかな対応に変わってしまうので、これも気をつけたいところですね。

笑ってもらえる内が華として、上手く日常的な言葉と織り交ぜて使うようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

“超○○だね!”はこれから気をつけて

アラフォー・アラサー世代に最も多く浸透している口癖、“超○○!”。超カワイイや、超すごい!という言葉は個人的にも10年近く言い続けているような気がします。しかし、ここにきて20代前半の若い世代は“超”という言葉を使わずに“めっちゃ〇〇”や“ヤバい”という言葉に早変わりしています。

かといって良い大人が「ヤバっ(笑)」なんて使うのもいただけませんが…。できるだけ“超”を使わずに“とても”や“すごく”というシンプルな表現を目指しましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年代によって変化する口癖を上手く活用!

死語を多用する大人は、男性のオヤジギャグと同じくらい「寒い…」と思われる要因になります。もはやその寒さすらも乗りこなすのが、大人の楽しさというくらい上手く使い分けられるなら死語もまた良いものなのかもしれません。ですが、余計な地雷を踏まないためにも基本に立ち返ってキレイな日本語を意識しましょう。その上で、広い世代に受け入れられる死語や、大人でも使える若者言葉を上手く活用していくことで、もっと素敵な大人の女性へと変化していくのかも♡

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

一回きりの人生、もっとよくばりに!今回は、理想のライフスタイルを実現する方法をご紹介します。


30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


何にも縛られたくない!どうすれば「自由な生き方」ができる?

何にも縛られたくない!どうすれば「自由な生き方」ができる?

自由な生き方を目指したい。でも、どうやって先を見据えればよいのかわからない時に考えたいこと。


自己愛と自己顕示欲の強さは表裏一体。ちょうど良いバランスの自己愛とは?

自己愛と自己顕示欲の強さは表裏一体。ちょうど良いバランスの自己愛とは?

自分を愛するって女性にとって永遠のテーマ。だけど、意識しすぎて方向性が間違ってしまうと...。自己愛を目指す上で大切にしたいバランスとは。


人付き合いは疲れるけど一人にはなりたくない人がほどよく人間関係を楽しむコツ

人付き合いは疲れるけど一人にはなりたくない人がほどよく人間関係を楽しむコツ

基本的に一人が好き。でもずっと一人きりで過ごすわけにはいきません。今回は、人付き合いは疲れるけど一人にはなりたくない人がほどよく人間関係を楽しむコツをご紹介します。


最新の投稿


男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

24時間寝ているとき以外は仕事について考える日々。バリバリと働くうちに男性性が強くなりすぎて体が悲鳴をあげていませんか?今回は、男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッドをご紹介します。


ドキッ!「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴

ドキッ!「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴

好きな異性に対して、なかなか「買い物が好き」とは言えないような。伝えた瞬間に「この子は浪費家なのかな?」と思われそうで怖くないですか?今回は「買い物が好き」でも結婚できる女性と結婚が遠のく女性の特徴をご紹介します。


人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

人生欲張ろう!理想のライフスタイルを実現する方法

一回きりの人生、もっとよくばりに!今回は、理想のライフスタイルを実現する方法をご紹介します。


贈ると喜ばれる♡ センスの良いお中元4選

贈ると喜ばれる♡ センスの良いお中元4選

毎回何を贈ろうか迷ってしまう、ギフト。 贈る相手のことを考えて、真剣に迷う時間もとってもたのしいですよね! 「少しでも喜んでもらえたらいいな」という心を持って選べば、きっと相手も喜んでくれるはず♪ 今回は、センスを感じるお中元をご紹介します。


彼も思わずキュンとする♡スイーツテイストを取り入れた甘カワコーデ

彼も思わずキュンとする♡スイーツテイストを取り入れた甘カワコーデ

オシャレをただするより、テーマを持った方が断然コーディネートが楽しくなる♡女性が大好きなスイーツをモチーフにした着こなしコーデをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング