「あっ…」その死語は笑えないかも?アラフォーが気をつけたい口癖

「あっ…」その死語は笑えないかも?アラフォーが気をつけたい口癖

死語を意識したこともなかったけれど、20歳以上下の子が新社会人になりつつある今。改めて無意識に使っている中に死語がないかチェックしたい!アナタの口癖は、大丈夫?


口癖って自分では意識できないほど、自然と口をついて出てしまう。友達に指摘されて初めて自分に口癖があったことに気づく方も少なくないのではないでしょうか。意識しにくいからこそ特に気をつけたいのが“死語”。その言葉はさすがにちょっと笑えないかも…?

今回は、時代遅れを感じさせる気をつけたい死語をご紹介します。

“ガビーン”は反応に困る...

ショックだったときについ“ガビーン”…なんて言っていませんか?最近では、ガーンというようなオノマトペを使った表現自体もあんまりしません。こうした表現そのものが、どことなく昭和のマンガっぽさを感じさせるのか、若い20代前半の世代は聞き慣れない言葉で戸惑ってしまうかも。

年齢を感じさせる擬音語、擬態語は意識することで減っていくので注意していきましょう。

“めんご”は多用厳禁

同じく死語として知られる“めんご”。先ほどのガビーンに比べ、まだ若い世代にも認知の高い口癖なので、あえて死語を使っているという感覚で冗談として通じる口癖ではあります。ただし、冗談で通じるからといって、「めんご、めんご♡」などと多用すると「また、使ってるよ。好きだなぁ…」なんていう冷やかな対応に変わってしまうので、これも気をつけたいところですね。

笑ってもらえる内が華として、上手く日常的な言葉と織り交ぜて使うようにしましょう。

“超○○だね!”はこれから気をつけて

アラフォー・アラサー世代に最も多く浸透している口癖、“超○○!”。超カワイイや、超すごい!という言葉は個人的にも10年近く言い続けているような気がします。しかし、ここにきて20代前半の若い世代は“超”という言葉を使わずに“めっちゃ〇〇”や“ヤバい”という言葉に早変わりしています。

かといって良い大人が「ヤバっ(笑)」なんて使うのもいただけませんが…。できるだけ“超”を使わずに“とても”や“すごく”というシンプルな表現を目指しましょう。

年代によって変化する口癖を上手く活用!

死語を多用する大人は、男性のオヤジギャグと同じくらい「寒い…」と思われる要因になります。もはやその寒さすらも乗りこなすのが、大人の楽しさというくらい上手く使い分けられるなら死語もまた良いものなのかもしれません。ですが、余計な地雷を踏まないためにも基本に立ち返ってキレイな日本語を意識しましょう。その上で、広い世代に受け入れられる死語や、大人でも使える若者言葉を上手く活用していくことで、もっと素敵な大人の女性へと変化していくのかも♡






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング