【ハワイ特集】ハワイへ行ったら行っておくべき!とっておきのビーチ3選



ハワイの楽しみは買い物!という方も多いと思います。
しかしながら自然を満喫するのも、ハワイ旅の醍醐味!

中でも、海は最高。ビーチで波の音や風を感じながら、ブルーの海を眺めるだけで癒されること間違いなし!

そんな癒しのビーチ。筆者が本当は教えたくないおすすめのビーチを3つご紹介します。

《おすすめビーチ3つ》

おすすめのビーチ3つは、それぞれ特徴が異なります。
風がとても気持ちの良いビーチ。景色の良いビーチ。海の色がキレイなビーチ。

また交通手段も変わってきますので、自分に合ったビーチを見つけてみて。

①カイルアビーチ

いわずと知れた、人気のビーチである『カイルアビーチ』。
白い砂とブルーの海。
ウィンドウサーフィンのメッカだけあって、風が気持ちの良いビーチです。

またビーチへ行くまでの間に、ホールフーズマーケットやマカデミアナッツのパンケーキで有名なブーツアンドキモズもあるので、ショッピングにもGood。アラモアナショッピングセンターから、シーライフパーク行きの23番のバスなどで行くことができます。

②ワイマナロビーチ

オアフ島の東側、カイルアよりも手前に位置する『ワイマナロビーチ』。

白い砂と、エメラルドブルーの透き通った海の色がとてもキレイな場所です。筆者自身、オアフ島の中でこのビーチが1番好きです。

しかしながら、この場所はカイルアビーチに比べ、危険な地域。観光客が少なく、ホームレスが多いのです。レンタカーで行くのがベストですが、車上荒らしも多いので、注意が必要です。

バスで行くのであれば、シーライフパーク行きの23番のバスで行くことができます。暗くなるとさらに危険度は増しますので、陽が高いうちに帰るようにしましょう。

③パイプライン

毎年冬に行われるサーフィンの大会。
その大会が行われる場所が、この『パイプライン』です。

冬場この地域の波は、ビルの高さほど高くなります。波の強さも強く遊泳禁止となっている場所で、まるで洗濯機のような光景を見ることができます。そこをプロサーファー達が、サーフィンをするのです。

その壮大な迫力に、サーフィンに興味がない方でも、楽しめるはず!
こちらの近辺にはお店というお店がほぼ無いため、レンタカーで行くのがおすすめです。

《日本人として、マナーはしっかりと!》

カイルアビーチの場所は特にそうですが、家々が近くにあります。

そのため大きな声で叫ぶのはもってのほか。カイルアに住む住人から、「日本人は嫌いだ」という声も出ているようです。

だからこそ、どこのビーチでも”騒がない””ゴミは必ず持ち帰る”など最低限の配慮やマナーはしっかりとするべき!

楽しい旅行にするためにも、相手のことを思いやる気持ちを忘れないようにして過ごしてみて!