【本日オープン】可愛すぎて悶絶! 江戸の世界で生活するにゃんこと遊べる「江戸ねこ茶屋」



江戸時代にタイムスリップし、猫と遊べるカフェがオープン!

JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」に浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が期間限定でオープンしました。

両国は江戸にまつわる史跡が多く、「猫の恩返し(回向院の猫塚)」をはじめ、猫とも縁の深い街として知られています。そこで「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。そんな噂を聞きつけた旅人が全国から覗きに来る」というコンセプトのもと、和の空間で猫と遊べるカフェが誕生したのだそう!

愛くるしい猫と江戸の組み合わせがたまらない♡

お店の中へ入ると江戸の町並みに浮世絵のパネル、そしてかわいい猫たちがお出迎えしてくれます。猫用の出入口や通り道、階段などがあっちこっちに配置されていて、まるで江戸世界で生活する猫たちを自然に眺めているかのよう。レトロな空間で、にゃんこたちと一緒に遊んだり、写真を撮ることができるようになっています。

建物の中には「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」といったそれぞれのゾーンでテーマに合わせた小物が置いてあり、様々な江戸の世界観が楽しめます。

座布団に座っているのは「ろみお」。
遊ぶのが大好きで、ねこじゃらし目掛けて、飛び込んでくるやんちゃぶり♪ なんていい取材なんですか、もう…! 取材班もメロメロです。

小さくて、ぬいぐるみのような子猫の「ほーむず」。
くりくりなおめめが可愛すぎてズルい!

その日の体調や休憩タイムなどで出ている子が違うので、どの子に会えるかは会場に行ってからのお楽しみ。

実は、ここにいるほとんどの猫たちは色々な事情で飼えなくなってしまた”保護猫”。
新しい家族を探していて、開催期間中は猫カフェとして触れ合える場所としてお仕事をしていますが、新しい家族が見つかれば、期間終了後それぞれのお家へ行くのだそうです。

ちょっと疲れてきたら、ひと休み。

カフェなので、もちろん飲食も完備してあります。お団子は新潟から、お茶は静岡から取り寄せた水出しの美味しいお茶が飲めるので、のんびりと過ごすことができますよ。

また、1日5食限定で「江戸ねこ茶漬け」という、猫専用のごはんもあります。会場にいる猫ちゃんたにあげられるので、モテモテになれちゃいそう♡

天井にある絵馬にもチェック!

天井にあるオリジナル絵馬にも注目を。

PUFFYさん、斎藤和義さんなど、有名人が描いた素敵な絵馬がたくさん飾られています。1人につき1点のみ、絵馬の購入ができるそうです。 売上から経費を除いた全額が、保護猫の支援団体に寄付されます。

みどころいっぱいのカフェで癒されて!

お店の中にある「ねこ神社」ではおみくじや絵馬を楽しむことができます。出入り口には、ここでしかGET出来ないような、オリジナルグッズもたくさん用意されています。スマホバッテリー、巾着、クッションなど普段の生活で使えるものがいっぱい。すべてに愛くるしい猫ちゃんのイラストが書かれているので、お土産として手に取ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

特別企画展「江戸ねこ茶屋」

開催日時:2018年6月15日~2018年8月31日 11:00~20:00(最終入場19:00)
開催場所:JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)
最寄り駅:JR総武線「両国駅」西口から徒歩1分
入場料金:60分/税込 大人 : 1,500円(1,000円)中学生・高校生:1,200円(800円)
延長料金:20分ごとに500円

雨の日でも楽しめる猫カフェ。江戸ねこ茶屋は広い店内なので、のびのびと遊ぶことができそう。
可愛くて人懐っこいにゃんこたちに会いにいってみてはいかがでしょうか?

そのあとは歴史を感じるために、両国ぶらりなんてコースもいいかも。