【知っておきたい会話術】相手の発言から感性を読み取り、会話を進めるテクニック

【知っておきたい会話術】相手の発言から感性を読み取り、会話を進めるテクニック

人は、自分と似ている感性を持っている人と仲良くなりやすいもの。今回は、話し相手の発言から、相手の感性を読み取り、スムーズな会話を進められるテクニックをご紹介します。


なかなか話が続かない…と悩むあなたへ

一度意気投合した相手とは、まるで溢れるかのように自然と次の会話がでてくるのに、慣れない相手だと言葉に詰まる…。そんな悩みを抱えている人は意外と多いもの。"なぜか、この人とは話が合うな"と思える人と、そうでない人、その違いってなんだと思いますか?

答えはとっても簡単。
"感性が似ているか、似ていないか"です。
日本語は、言葉の選び方ひとつで、ガラリと人の印象を変えてしまうもの。今回は、相手の感性を読み取るテクニックをお教えしましょう。

相手の言葉から、感性を読み解くテクニック

相手の感性を知るポイントは、会話の中に散りばめられています。相手が、一体何を重視して会話を進めているのか、聞き比べていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ビジュアル重視で話を進める人

ビジュアル重視で会話をする人はその通り、視覚を優先した喋り方をする人のことです。「このデザインが」「この色が」などというモノのビジュアルを重視した話し方だったり、「見てとれる」というといったワードを含むことが多いです。

サウンド重視で会話をすすめる人

サウンド重視での会話、というのは会話の中に、"音"の記憶が入っていることです。また耳あたりの良い言葉を選ぶこともあります。「まるでこんな音が聞こえてきそうな」という言葉だったり、「シャープな」と言葉に波があるような単語を使うことを指します。

フィーリング重視で会話を進める人

フィーリング重視で会話を進める人は、自分の考えを「こう思った」「こう感じた」とストレートに表現します。自分の意見とは別に、相手に「どう思う?」と尋ねることがありますが、これは自分の考えに同調して欲しい、相手の考えも知りたいといったフィーリングを重視しているものともいえます。

感性を分類分けしたら、会話を相手に合わせてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ビジュアル重視型、サウンド重視型、フィーリング重視型。相手が一体どの感性を重視しているのかを、会話の中で見つけていきましょう。例えば、スーツを着ている男性を褒める場合です。

「素敵なスーツですね」
「おしゃれなネクタイですね」

これはよく使いがちな言葉ではありますが、だからこそ相手も言われ慣れていて、響くことはありません。それぞれの感性に合わせた会話を考えましょう。


■ビジュアル重視型の人の場合

「珍しい色のネクタイですね」…色やデザインを褒める

■サウンド重視型の人の場合

「シャープなラインが素敵なスーツですね」…音に流れをつくる

■フィーリング重視型の人の場合

「そのスーツの生地、珍しい質感ですね」…相手がこだわっているところに目をつける


このように、相手のこだわりに当たる部分を強調して話すことで、お互いの感性が"近い"と認識され、話の共通項が見つかるのです。そこから好きなスーツブランドの話に移り変わったり、また縫製についてなどの細かいこだわりを聞き出すこともできます。
なかなか話さないような、細かいこだわりの話は、あまり多くの人に話す内容ではありませんよね。だからこそ、自分の好きなものやこだわりを、人に理解してもらえると、とっても嬉しい気持ちになるのです。自分と似た感性の人に「話しやすい人」だという印象は定着します。

話すより、聞くスタイルに持っていくのが会話を続けるコツ

自分が主体で喋り続けるのは、なかなか疲れることでもあります。そして、相手を楽しませようと思えば「笑わせる」などの別のテクニックが必要になることもあって、ハードルが高いですよね。それならば、相手が話していて「気持ち良い」と思ってくれるような、聞き上手に回るほうが得策です。会話は広げるかまたは深めるの2パターンで成り立ちます。
そのためには、「聞く」テクニックは必要不可欠。広げるにも深めるにも、うまい相槌を覚えるほかありません。

相手がどのパターンに当てはまるのかを理解して、その感性に合わせた返答を考えてみてください。きっと会話がスムーズに進みます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


コミュニケーション 会話

関連する投稿


彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第75回目は、男性の喘ぎ声が大きい時の対処方法についてです。


処世術を教えて! 女社会にいる面倒くさい性格の難アリ女子7タイプ

処世術を教えて! 女社会にいる面倒くさい性格の難アリ女子7タイプ

女社会でいると、面倒くさいトラブルに知らないうちに巻き込まれていることがあります。気づいたらマウントを取られていたり、悪口の対象になっていたり、嫉妬されたり傷つけられたり……。同性が多い職場や、同性との関わりが増える環境では、どのようにして対同性のコミュニケーションスキルをつければ良いのでしょう?


「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第68回目は、思い込みを捨てて理由を聞く意味について考えます。


コレをやると嫌われる……? 営業でやってはいけない話し方5つ

コレをやると嫌われる……? 営業でやってはいけない話し方5つ

セールストークが慣れてくると、ある程度自分のなかでパターン化をしていきますが、間違ったものを定型にしてしまってはいませんか? 今回ご紹介するNGな話し方を避けることで、良い方向に進むことがあります。当てはまっていないかチェックしてみてください。


イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

『あなたって本当にいい人!』一見、褒め言葉のようですがその実、言われたほうは何だか釈然としない。『ねぇ、それってアナタにとっての“都合のいい人”?』.......なんていう、はてなマークが浮かんだらアナタの変わりどき!


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング