承認欲求、満たしてあげる。タイプ別の褒めワザで男性を癒すテクニック

承認欲求、満たしてあげる。タイプ別の褒めワザで男性を癒すテクニック

男性ってとっても社会性が高い生き物。自分のことを理解しようとしてくれて、頷いて話を聞いてくれて、そっと隣に居てくれて、時々怒って褒めてくれる。そんな女性に弱いもの。今回は男性のタイプに合わせての、使える褒めテクを伝授。


コロコロしちゃって…ごめんなさい♡

男性は実に社会的な生き物。最初はお堅く見える人でも、一度ココロを開いたら…ほんとはおしゃべりも好きだし、甘えん坊。笑顔で穏やかに話を聞いて頷いて、たまに怒って褒めてあげる。アメとムチの使い方を女性はしたたかに使い分けて、上手にコントロールしてあげて。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回はアメとムチの、アメに当たる部分。男性を上手に褒めるテクニックを教えてあげる。自分の彼がどのタイプなのか、当てはめてみて。

男性を4つのタイプに分けてみた! タイプ別の上手なほめ方

自分にも人にも厳しい、亭主関白タイプ

イメージは厳しいお父さんみたいな人。男はこう! 女はこう! みたいな縛りがあって、自分にも人にも厳しく、一本を貫いているタイプの男性は、ただただ褒めるだけじゃダメ。
「すご~い!」「そうなんだぁ」の言葉はNGではないけれど、それだけだとなんだか信用できないし薄っぺらい。だからこそ「その話のここの部分がこう」という根拠もプラスしてあげて。相手が論理的に話すタイプだからこそ、根拠あり気の「あなたのココがすごいね」「こんな効果や成果が出てる、がんばったね」の言葉が効果アリ◎。

穏やかな母性溢れる、ママさんタイプ

優しくて思いやりがある、穏やかな男性は一般的にどんな人からも好かれるもの。だけどそんな人柄からや、人の相談役に回ったり、面倒事をつい押し付けられがちに。ちょこっと疲れのたまりやすいタイプの彼には「大変だったね(よしよし)」と過去形を使ってあげると、理解度が増してイイ女。人から甘えられるタイプこそ、甘え下手が多いから、たまにはちょこっと甘やかせてあげて。愛情深く、小さい褒めも効果的な相手だから、時々「いつもありがとう」って言葉をかけてあげるだけでも癒しを感じてくれる♪

ザ・自由人! 俺様中心タイプ

直感で動いて、想像力も豊か。天真爛漫な自由人タイプは、子どもと一緒かも? 自分自身が感情を素直に表に出すタイプであると同時に、その自由さを評価もしてほしいもの。だからこそ、自分も感嘆詞で対応してあげれば問題なし。
「わぁー、すごいね!」とナチュラルに反応してあげて、たまにボディタッチが入るとなお良し。言葉の裏をわざと探したりもしないので、単純に喜んでくれるはず。その代わり、ムチの部分は他よりちょっと強めにね。

ちょこっとネガティブ、いじけ虫タイプ

自分の感情をあまり表に出すことがない控え気味なタイプの男性は、ちょこっと愚痴が溢れるときもある。「なんとなく…うーん」だったり「わからないからいいや」と、不完全燃焼なことも自分の中で収める術を知っている、自分を抑制する自制心が強い人。だからこそ積極的な褒めも苦手。そんな彼には、褒めすぎず「そうだったんだぁ…(大変だったね)」「無理もないよ」「うん、うん」と丁寧な相槌を返してあげて。ポンポンと背中をさするように、母になった気分で。

自分に自信をもっていない彼には気の遣いすぎもNG。「あ、またいじけてるな」なんて思ったときには、声をかけなくても大丈夫。

甘味にも種類があるってこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

チョコレート菓子が好きな男性もいれば、クッキーが好きな男性も、どら焼きが好きな男性もいる。甘い、は1種類だけじゃない。でもね、どちらかというと、砂糖よりハチミツ。わざとらしくないさりげない甘さで、男性が持つ承認欲求を満たしてあげて。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


モテ コミュニケーション

関連する投稿


彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第75回目は、男性の喘ぎ声が大きい時の対処方法についてです。


処世術を教えて! 女社会にいる面倒くさい性格の難アリ女子7タイプ

処世術を教えて! 女社会にいる面倒くさい性格の難アリ女子7タイプ

女社会でいると、面倒くさいトラブルに知らないうちに巻き込まれていることがあります。気づいたらマウントを取られていたり、悪口の対象になっていたり、嫉妬されたり傷つけられたり……。同性が多い職場や、同性との関わりが増える環境では、どのようにして対同性のコミュニケーションスキルをつければ良いのでしょう?


「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第68回目は、思い込みを捨てて理由を聞く意味について考えます。


巨乳ちゃんが試したいバストテク3つ。彼への愛撫道具に早変わり…|真っ赤な濡れオンナ#70

巨乳ちゃんが試したいバストテク3つ。彼への愛撫道具に早変わり…|真っ赤な濡れオンナ#70

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第70回目は、胸が大きい女性にオススメな愛撫テクニックです。


コレをやると嫌われる……? 営業でやってはいけない話し方5つ

コレをやると嫌われる……? 営業でやってはいけない話し方5つ

セールストークが慣れてくると、ある程度自分のなかでパターン化をしていきますが、間違ったものを定型にしてしまってはいませんか? 今回ご紹介するNGな話し方を避けることで、良い方向に進むことがあります。当てはまっていないかチェックしてみてください。


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング