知らないことを「わかりません」と正直に言う勇気|MY WORK ヒント#39

知らないことを「わかりません」と正直に言う勇気|MY WORK ヒント#39

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第39回目は、一瞬の恥について考えます。


大人になると出てくる恥ずかしさ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

入社したばかり、転職したばかりの時には「何もかもが初めて」で不安もいっぱい。周りの先輩に、右も左も分からないところから丁寧に教えてもらった経験が、誰しもあるのではないでしょうか。しかし、“ある程度”仕事の経験値ができた頃、良くも悪くも失敗した時の恥ずかしさが大きくなるのも事実。

「こんなこと知らないと思われたら、恥ずかしい」「常識ないって思われちゃうかも?」と、変なプライドが邪魔をして素直に人に質問ができないと、その場は良くても後から自己成長の足を引っ張ることがあります。そこで今回は、素直に「分かりません」と言うことに関して、私なりの解釈を考えてみました。

一瞬の“折れ”が、一生の“肥やし”になる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人と話をしていて、自分がまったく知らない話題や単語が出てきたら、どのように切り抜けますか?その話題がそこまで膨らまなければ、メモだけしておいて、後からこっそり調べても良いですが、その場では会話の意図がよく分からなかったのが本音。

もしそんな時は、正直に「すみません、勉強不足で…」と分からなかった部分を聞いてみることがオススメです。もちろん中には、「なんでも人に聞く前に、自分で調べなさい」と言う方もいることでしょう。しかし、もしそこで自分が分からないことを隠したまま、ウンウンと頷いてあたかも知っているかのような“フリ”をするくらいなら、私は素直に分かりませんと伝える方が相手のためでもあると思います。

逆の立場になって考えてみると分かりますが、自分が一生懸命相手に話をしていて、相手はウンウンと理解してくれていると思ったら、本当は適当に流されていただけだったと知ったら悲しいですよね。それなら「今の話って…」と多少切り込みながら聞くことで、新しい発見が生まれるかもしれませんし、相手も真剣に自分の話を聞こうとしてくれるその姿勢に、もっとコミュニケーションが深くなるかもしれません。

年齢関係なく、学びの姿勢を忘れずに

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、上記のことは年齢に関係なく当てはまると私は思っています。自分より年下の人に対して、「私の方が年上から、経験は多いはず」と心のどこかで思ったとしても、知識量が多かったり、たくさん経験していたりするならば、「人生の先輩」ではないでしょうか?

自分の知識にはないことを教えてくれるコミュニケーション相手には、素直に尊敬する。素直に質問する。それが、自己成長の一歩にも繋がると思います。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング