自由って楽しい!好きなことをしながら働いていくために必要なこと



好きなことをしながら働く

大学を卒業し、就職するときにフリーランスや起業も一つの選択肢としてあるんだよ、と誰かが教えてくれていたら。フリーで働き始めて4年目だからこそ思うことです。

フリーランスの場合は自由業と表記されることも多いですが、自由ほど厳しいものはないということをお伝えしなければいけません。

今回は、好きなことをしながら働いていくために必要なことをご紹介いたします。

自分にとってなんでもないことがビジネスになる

好きなことをしながら働きたいと思っていても趣味もないし、ただ流れるように生きているだけ、と思い込んでしまっている方は意外と多いようです。

好きなものがまったくないというのは、ほぼ珍しいケースできっと心の中では「人に自慢できるものではない」「みんなだって同じ趣味をもっている」と、誰かに伝える前から諦めているケースが多いのでは?

私自身も今こうしてライターとして記事を執筆しながら生活していますが、まさか文章を書く仕事に就くとは思ってもいませんでした。ただ今振り返ってみると、よく手紙を書くタイプだったし、昔から英語・国語の点数がよかったりと、何らかのサインは出ていたのです。

自分にとっては何でもないようなことが今はビジネスとして成立する可能性があります。新しい肩書きをいくらでも作れる時代です。好きなことをしながら働きたいなら、自分にとって夢中になれるものをピックアップしてみましょう♡

同じ働き方をしている人がいないかチェックをしてみる

たとえばライターの場合は、よく聞く職種ですし、数えきれないほどの諸先輩方がいらっしゃいます。しかし、コラージュ作家として生計を立てたいと思ったなら、まずはその仕事がすでにビジネスとして成立しているのかを調べ、できれば生業にできている先輩に直接会い、話を聞いてみましょう。

もしかしたら見た目以上に厳しい世界かもしれません。同じ働き方がいない場合も落ち込む必要はなく、むしろチャンス。自分がそのお仕事の第一人者になるつもりで、試行錯誤を繰り返しながら、スタイルを完成させてみて♡

誰よりも働くことが大前提

好きなことをしながら食べていくとなると、おそらくフリーランスが起業家、パラレルワーカーのいずれかの選択肢になるでしょう。ただし自由な道を選んだ以上は、どんなに軌道にのらなくても、周りから孤立をしても、ぶれない軸とやり通す力が必要になります。

誰よりも長く働き、考える・行動するを繰り返すことで、自分の後ろに道ができるのです。フリーランスの方々の中にはONとOFFを区切る方もいますが、最初のうちはがむしゃらに時間を忘れるくらいに働くことが前提になる、と筆者は考えています。

自分のスタイルが完成すると最高に楽しい!

試行錯誤を繰り返しているうちに、コレだっと思える自分のスタイルが完成します。
生き方も働き方も一度決まると、不思議なことに仕事も軌道にのるものです♡

好きなことをしながら働くためには努力を惜しまない!それが好きなことで長く働き続ける最大のポイント♡