乾燥対策にはやっぱりオイル!心と体を解きほぐすオーガニックオイル3つ



季節柄、まだまだ乾燥が気になもの。
オイルでボディケアは実践できていますか?
ふわっとしっとり感のあるボディを目指せる、かつ、”心と身体”を優しく解きほぐしてくれるオーガニックボディオイルを厳選。

今すぐ取り入れたい3つをご紹介します。

ボディケアのポイントはこれ

お風呂から出たら、すぐに保湿を

お風呂上がりに水分をタオルでOFFする前、体がまだ濡れた状態でオイルを使用すること。こうすることで、しっとりとしたお肌へ。

オイルは温めてから使用する

オイルは手のひらで、両手を重ねるようにして少し温めてから使用する。こねたりしない。
オイルが肌へ馴染みやすくなります。

オイルは高温多湿NG

オイルはお風呂場に置きっぱなしにしない。
高温多湿の場所へ置いたままにしておくと、オイルの酸化を早めます。

オイルのついたタオルにもご注意

体を拭いたタオルはオイルが付着している可能性があるため、放置せず、すぐにしっかりと洗います。

乾燥機には絶対にかけないように! 乾燥機にかけて家事になってしまったという事件が起きてニュースになったりしているので、ご注意を。

《おすすめオーガニックオイル3つ》

①F organic(エッフェオーガニック) /ボディリファイニングオイル

ボディの引き締め効果を期待できるこちらのオイル。
夏に活用するのはもちろんですが、冬場の血行不良によるむくみ対策としても活用できるのです。

引き締めながらもハリを保ってくれるので、年齢に応じたケアにもGood。
ジンジャーのエッセンシャルオイルもブレンドされているため、ボディになじませることでじんわりと温かさを感じる気がします。

爽やかなハーブの香りが、気分を落ち着かせてくれるので、夜のボディケアにぴったり。

②KADALYS(カダリス)/プレジール&ソワン プレシャス ラディアンスオイル

世界初!イエローバナナとグリーンバナナから発見されたバナナエキスを配合したオーガニックスキンケアブランド『KADALYS(カダリス)』。
フランスで美容にまつわる数々の賞を受賞しているという、本格派。

こちらのプレシャス ラディアンスオイルには、イエローバナナのエキスや女性に嬉しい、ザクロ種子オイル、さらにローズヒップ種子オイルも配合されているため、ハリのある肌へ導いてくれます、

決してバナナのような青臭さのある香りではなく、ほんのりとバナナの甘さを感じるような優しい香りなので、ケアするのが楽しくなってしまいます。

シャンプー後のヘアケアとしても、フェイスオイルとしても使用できるので、1本で全身ケアができるのも嬉しい。

③Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)/ニュートリング ボディオイル ローズ

ドイツ発の老舗オーガニックコスメブランドといえば、『Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)』。
原料には、自社農園で”バイオダイナミック農法”を採用し育てられた、生命力の強いハーブだけが使用されています。

人気のニュートリング ボディオイル ローズは、その名の通り、思わずうっとりしてしまうような優美なダマスクローズの香り。
特に生理前のPMS症状が出そうな時に使用することで、なぜか分からないイライラなどの気持ちを、スーッと落ち着かせてくれる効果も期待できます。

しっとりなめらかボディを目指したい方にオススメ。

《体はちゃんと応えてくれる!》

足など特にむくみやすい部分をしっかりと毎日ケアすることが、溜めない身体への第一歩。
30代になると代謝が落ちて、痩せにくくなるので、日々のケアは欠かせません。

毎日、心臓から遠い足先→足裏→ふくらはぎ→膝裏→太もも→足の付け根の順番で下から上へとしっかりとケアしておけば、ちゃんと体はそれに応えてくれるはず。

今のうちから、ふくらはぎなどの足のマッサージを習慣づけておくことはとても重要なこと。
面倒くさがらず、今日から実践してみて!