プレミアムフライデー取り組み開始から1年。働き方はどう変わった?

プレミアムフライデー取り組み開始から1年。働き方はどう変わった?

2018年2月23日(金)で開始より1周年となりますが、プレミアムフライデーをはじめとした働き方改革は今、どのようになっているのでしょうか?


「働き方改革」の一環として、月末金曜日に15時退勤を推奨するプレミアムフライデー。2月23日は取り組み開始してから1周年になります。普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費を喚起させるキャンペーンではありますが、取り組んでいる企業はこの1年で何か大きな変化はあったのでしょうか?

サイボウズ株式会社はプレミアムフライデー1周年に合わせた、「働き方改革」に関する調査を中間管理職として働く男女500名に調査を実施し、実態を探りました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ノー残業デー、残業時間制限には不満の声が

「ノー残業デー、残業時間の制限などの、労働時間を制限する“働き方改革”」について聞いてみると、42%が「始まった」と答えていましたが、そのうちの70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」と回答しています。

なんと、取り組んでいるほとんどの企業が、取り組みに問題があると主張しているのです。

別日に残業をする、本末転倒な状態に

また、「プレミアムフライデーやノー残業デーなどの実施日に早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」と答えた人は36%という結果に。

つまり、業務効率は上がっていないために業務時間削減のしわ寄せが押し寄せている「名ばかり」の改革となってしまっている現状があります。

仕事の量は変わらないのに時間だけ減らされてしまう。さらに、改善策も現場任せになっているという状況にストレスを感じているという意見が挙がっています。

上司と部下の意見の"板ばさみ"になっている「ハサマリーダー」

業務時間を削減するために「部下の残業を肩代わりした」という人(19%)や、「上司からの圧力を感じる」という人(21%)がおり、「働き方」について上司と部下の意見の"板ばさみ"になっていると感じる、「ハサマリーダー」は55%と、半数以上に。

一方で、何の「働き方改革」施策も実施していない(プレミアムフライデーやノー残業デーなど)企業に勤務している人の「ハサマリーダー」率は16%。ここには39%もの開きがあり、「働き方改革」が「ハサマリーダー」を増やしている、と言えそうです。

業務効率を求める意見が多数

そこで、プレミアムフライデーやノー残業デー、残業時間の制限をはじめとした、労働時間を制限する施策を成功させるために必要だと思うことについて聞いてみると、「業務効率の改善」(88%)と「意識改革」(88%)が同率で1位という結果になりました。

さらに、業務効率の改善には「作業を効率化できるツールの導入」が必要かどうか聞いてみると、約8割(78%)が「必要だと思う」と答えています。


皆さんの会社では、どうでしょうか?
「人手が足りない」と悩む企業こそ、社員の満足度を上げること(社内エンゲージメント)に力を入れるべきだという声が挙がる今。

今回の調査データの「作業を効率化できるツールの導入」は最も簡単に、素早く取り組むことができる業務改善法だともいえるのではないでしょうか。

労働時間を制限する施策だけが先行し、限られた時間の中で仕事を終わらせるために業務の効率を上げる取り組みは後回しになっている問題点について、どう改善していくかが今後の課題になりそうです。

残業をしなければ得をする? 浮いた残業代の使い道

https://cinq.style/articles/1066

残業時間の削減をしようと取り組んでいる企業と、残業代があるから生活ができている労働者。相違がある中、もし残業代を浮かすことができたら、企業はどんなことに使うのでしょう?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 制度

関連する投稿


ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

社会や消費のあり方に大きな影響を与えるミレ二アル世代。彼女たちの仕事観は親世代とかなり違いが出てきているよう。「働き方」に対する意識について調査データをみていきましょう。


18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

2018年の新卒が入社して早いもので、3ヵ月。職場にも慣れてきた頃ですよね。今年の新卒はどうやらフルゆとり世代。今までとまた違う考え方を持っているよう。先輩たちはどのようにして、育てれば良いのでしょうか?


副業するならどの仕事をする? 全国1万人に副業に関する意識を調査

副業するならどの仕事をする? 全国1万人に副業に関する意識を調査

政府は「働き方改革実行計画」などを踏まえ、副業(・兼業)の普及・促進を図っていますが、多種多様な活動の中から何を選んでいるのでしょうか?


美しい花嫁になりたい。プレ花嫁たちは美容のために何をしているの?

美しい花嫁になりたい。プレ花嫁たちは美容のために何をしているの?

一生のうちで一番輝ける瞬間である結婚式。憧れのウェディングドレスを着るのだから、誰よりも美しくなりたい。そう思うプレ花嫁たちが美容のためにしている事とは?


ふるさと納税に挑戦したい!今更聞けない仕組みをおさらい

ふるさと納税に挑戦したい!今更聞けない仕組みをおさらい

テレビや雑誌で紹介されている「ふるさと納税」ですが、特産品が届くことはなんとなく知っていても、どんな仕組みになっているのかイマイチわかっていない人も多いのでは? 実はかなりお得な制度、知らない人はチェックしておきましょう!


最新の投稿


メイクアップアーティスト 益子克彦流!「光を武器にした女優メイク術」とは

メイクアップアーティスト 益子克彦流!「光を武器にした女優メイク術」とは

日本でも大人気の台湾発フェイスマスク「My Beauty Diary 我的美麗日記(私のきれい日記)」がリニューアル。肌に合わせたパックの選び方と、女優さんも取り入れている「光を武器にした」メイク術を教えてくれました。


出勤前から仕事終わりまで、1日満喫できる『日本橋髙島屋S.C.新館』オープン

出勤前から仕事終わりまで、1日満喫できる『日本橋髙島屋S.C.新館』オープン

日本橋髙島屋S.C.新館が、いよいよ2018年9月25日にオープン! 従来の百貨店には珍しい早朝オープンのショップや、習い事もできるスポットなど、働き女子にオススメのお店がたくさん。一足先に紹介します♪


リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

優柔不断で決断に時間がかかっていると、下の立場の人にも迷惑をかけているかも。できない上司認定をされる前に、「決断力」を高めて、決めるべきところはきちんと決めて。


「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

彼氏が居ないと不安になったり、誰かと常に連絡がとれていないと不安になったり……。何かに依存してしまう人は多く見られます。では、依存から抜け出して自立した女性になるためにはどうすれば良いのでしょうか?


有名デザイナーとのコラボが話題!「Le Sportsac(レスポートサック)」の秋の新作♡

有名デザイナーとのコラボが話題!「Le Sportsac(レスポートサック)」の秋の新作♡

秋とはいえ、まだまだ暑い日が続く秋ファッションの始まりは、色味や小物から取り入れるのがマスト。 そこで話題のコラボレーションアイテムが登場するレスポートサックから、秋を感じさせるアイテムをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング