プレミアムフライデー取り組み開始から1年。働き方はどう変わった?

プレミアムフライデー取り組み開始から1年。働き方はどう変わった?

2018年2月23日(金)で開始より1周年となりますが、プレミアムフライデーをはじめとした働き方改革は今、どのようになっているのでしょうか?


「働き方改革」の一環として、月末金曜日に15時退勤を推奨するプレミアムフライデー。2月23日は取り組み開始してから1周年になります。普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費を喚起させるキャンペーンではありますが、取り組んでいる企業はこの1年で何か大きな変化はあったのでしょうか?

サイボウズ株式会社はプレミアムフライデー1周年に合わせた、「働き方改革」に関する調査を中間管理職として働く男女500名に調査を実施し、実態を探りました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ノー残業デー、残業時間制限には不満の声が

「ノー残業デー、残業時間の制限などの、労働時間を制限する“働き方改革”」について聞いてみると、42%が「始まった」と答えていましたが、そのうちの70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」と回答しています。

なんと、取り組んでいるほとんどの企業が、取り組みに問題があると主張しているのです。

別日に残業をする、本末転倒な状態に

また、「プレミアムフライデーやノー残業デーなどの実施日に早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」と答えた人は36%という結果に。

つまり、業務効率は上がっていないために業務時間削減のしわ寄せが押し寄せている「名ばかり」の改革となってしまっている現状があります。

仕事の量は変わらないのに時間だけ減らされてしまう。さらに、改善策も現場任せになっているという状況にストレスを感じているという意見が挙がっています。

上司と部下の意見の"板ばさみ"になっている「ハサマリーダー」

業務時間を削減するために「部下の残業を肩代わりした」という人(19%)や、「上司からの圧力を感じる」という人(21%)がおり、「働き方」について上司と部下の意見の"板ばさみ"になっていると感じる、「ハサマリーダー」は55%と、半数以上に。

一方で、何の「働き方改革」施策も実施していない(プレミアムフライデーやノー残業デーなど)企業に勤務している人の「ハサマリーダー」率は16%。ここには39%もの開きがあり、「働き方改革」が「ハサマリーダー」を増やしている、と言えそうです。

業務効率を求める意見が多数

そこで、プレミアムフライデーやノー残業デー、残業時間の制限をはじめとした、労働時間を制限する施策を成功させるために必要だと思うことについて聞いてみると、「業務効率の改善」(88%)と「意識改革」(88%)が同率で1位という結果になりました。

さらに、業務効率の改善には「作業を効率化できるツールの導入」が必要かどうか聞いてみると、約8割(78%)が「必要だと思う」と答えています。


皆さんの会社では、どうでしょうか?
「人手が足りない」と悩む企業こそ、社員の満足度を上げること(社内エンゲージメント)に力を入れるべきだという声が挙がる今。

今回の調査データの「作業を効率化できるツールの導入」は最も簡単に、素早く取り組むことができる業務改善法だともいえるのではないでしょうか。

労働時間を制限する施策だけが先行し、限られた時間の中で仕事を終わらせるために業務の効率を上げる取り組みは後回しになっている問題点について、どう改善していくかが今後の課題になりそうです。

残業をしなければ得をする? 浮いた残業代の使い道

https://cinq.style/articles/1066

残業時間の削減をしようと取り組んでいる企業と、残業代があるから生活ができている労働者。相違がある中、もし残業代を浮かすことができたら、企業はどんなことに使うのでしょう?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 制度

関連する投稿


産休・育休復帰率が100%の会社の取り組みって?【株式会社エグゼクティブ】

産休・育休復帰率が100%の会社の取り組みって?【株式会社エグゼクティブ】

結婚や出産のタイミングで退職を決意する女性も多い中、株式会社エグゼクティブは、社内の職場復帰率が100%という結果を出しています。その秘密は、ライフステージに合わせて、 社員自身が働き方・働く場所を選べる「社内制度」にあるそう! 具体的にどんな制度が備わっているのか、ズバリ聞いてみました。


4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


「いつの間にか消えてる?」有給休暇の落とし穴と正しく使うための対策

「いつの間にか消えてる?」有給休暇の落とし穴と正しく使うための対策

自分の有給休暇の残りの日数をしっかり把握できていますか? 久しぶりに有給を使おうと思ったら、いつの間にか消えていて予想より少なかった! なんてことも。これから義務化される有給の取得ですが、キチンと使い切るにはどんな工夫が必要なのでしょうか。


上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

皆さんは若手に対してどんなマネジメントをしていますか? 実は褒める習慣が若手のパフォーマンスが上がるようです。調査データと合わせて詳しくみていきましょう。


いまさら聞けない!年末調整はどうして必要?確定申告とは何が違うの?

いまさら聞けない!年末調整はどうして必要?確定申告とは何が違うの?

今年もやってきました、年末調整シーズン。毎年書類に記入をしているけど、これって何のために必要なの? 意外と知らない人もたくさんいるかと思います。今回はそんな年末調整の知識について学んでみましょう。


最新の投稿


病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

もうすぐやってくるゴールデンウィーク! 今年は10連休で、旅行など楽しみな予定を入れている人も多いはず。しかし、気を付けたいのが病院や銀行がお休みという点です。この2つがお休みだとしても「できること」と「できないこと」があります。連休中に困らないためにも確認しておきましょう。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが紹介! 肩、背中、腰まわりの巡りを良くし、凝りや疲れを解消して。


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


心の調子に合わせたバスタイムの過ごし方で、元気でいられる時間を長くする

心の調子に合わせたバスタイムの過ごし方で、元気でいられる時間を長くする

忙しいとお風呂も慌ただしく済ませがち……。たまには、なにもかも忘れて、ゆっくりバスタイムを満喫しませんか?


RANKING


>>総合人気ランキング