【オフィスワーク改革】働く女子が1日を気持ちよく過ごすためのマナーブック

【オフィスワーク改革】働く女子が1日を気持ちよく過ごすためのマナーブック

毎朝同じ時間に起きて、決められた時間に出社して、オフィスワークをこなして帰宅するだけなんてつまらない。毎日のある程度のスケジュールや仕事の流れが決まっているからこそ、快適に過ごすための一工夫をしてみるのはいかが?


朝の一工夫でスイッチオン!

アラームの音で目が覚めたら、まずはベッドの上で深く深呼吸。 起き上がる前に深く息を吸って吐いて、軽いストレッチをすることによって、目覚めのスイッチをオンにしましょう。 目がぱっちりしてスッキリとするので、気持ちよくベッドから抜け出すことができるようになります。
アラームが鳴っても起きられないときは、目を開ける前に、呼吸を繰り返してみて。起きる努力より、体自身を活性化させる工夫をすれば毎朝もっとラクになるはず。自然に体を覚醒させていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

眠っているときにも水分は失われていくもの。 だから起きがけに目覚めの一杯を体に入れてあげましょう。 体を冷やすことのないホットドリンクがあれば最適です。自分の体は自分しか労われないからこそ、優しく扱ってあげることです。

時間があるときは朝食もしっかりとって。一日のエネルギーを一日の始めにとっておくと、活動力にも影響が出ます。

会社到着後にも小さなプラス

気持ちよく挨拶を

挨拶は誰よりも先に、みんなの耳に届くように発しましょう。自分から挨拶をすることで、大勢が挨拶を返してくれるようになります。
「おはよう」がたくさん集まる朝は、みんなが声を発しやすい空気を作ってくれます。気持ちよくデスクに向かえるようになりますよ。また、仕事中に外に出る人がいれば「雨が降りそうだから、傘があるといいですよ」などと相手が気持ちよく過ごせるように声をかけてあげるのも有効です。
そういった気遣いができるのも、社内に居るから人だからこそなのです。

ストレッチや短時間の休憩でプチリフレ

chappyさんによる写真ACからの写真

会社に着いても、ときどきリフレッシュタイムをとることを忘れずに。仕事の場面では頑張らなきゃいけないからこそ、自分を労ってあげましょう。トイレに行った時に背伸びをして軽いストレッチをしてみたり、足のむくみが気になる時はゴルフボールを踏んでみるなど、自分にとっての「快適な環境づくり」を大切に。仕事をうまくこなすためには、上手に息抜きをとることも必要なのです。

言葉遣いを変えれば、相手も気持ちよく過ごせる

メールにも気遣いは出るもの。会社で過ごしやすい環境をつくりたければ、自分自身でその雰囲気に近づける努力をすることが大切です。定型文から始まるメールにだってちょっとした工夫はできます。そこで、メールで使える「クッション言葉」というテクニックをお教えしましょう。

クッション言葉とは「よろしくお願い致します」の前に「お手数をおかけしますが」の一言を付け足したり、「ありがとうございます」の前に「お忙しいところ」をつけるなどの、思いやりの一言を加えることです。無機質なメールに、相手への気遣いがプラスされます。

「手書き」メッセージは、社内コミュニケーションに

お礼はメールでなく、メッセージを手書きで添えてみましょう。
メールでももちろん感謝の気持ちは伝わりますが、丁寧な人だと返信が必要だと思い込んでしまうこともあります。「返信不要です」の文字が入っていても、堅苦しく感じてしまうかもしれません。
忙しいと一瞬目を通して終了……なんてこともあるので、社内の人とコミュニケーションでは特に「手書き」が有効です。特に年齢の離れた人や上司にお礼をしたい時は、手書きのお手紙とちょっとしたプレゼントがあると印象が良くなります。

マイナスすることも時には必要

「噂話」や「愚痴」はシャットダウン!

嫌なもの、無駄なものなど自分にとって好ましくないことはどんどんシャットダウンしていきましょう。
上司に気を使いすぎてないか、誰かの無駄な悪口に付き合ってないか。どうでもいい噂話や興味のない会話は少しずつ減らして、外的なストレスを避けることです。自分のスタンスを自分で作れば、無理に話しかけられることもなくなります。
「みんなに合わせよう」と、空気を読むことに敏感になりすぎている人は多い印象があります。少しくらい、ストレスになる無駄なことを減らしてもバチは当たりません。

心と身体に元気が必要。忙しい毎日でも「疲れない」心の持ち方

https://cinq.style/articles/1523

毎日たくさんの仕事量をこなして、家に帰ったら掃除洗濯炊事……。働く女性はなにかと忙しくて、ついつい身体に疲労をため込んでしまいます。そして、それと同時に、心にも疲れが。毎日のしかかるプレッシャーや漠然とした不安と日々闘う私たち。そんな私たちが、なるべく疲れを感じないための心の持ち方について考えてみましょう。

ファッションやメイクも、ときどき手抜きしよう

みーぬさんによる写真ACからの写真

メイクやファッションに時間をかけすぎて、睡眠が短くなったり無駄なストレスを抱えていませんか? いつでもオシャレにこなす女性は、同じ女性から尊敬される傾向にありますが、予定に合わせて手抜きをする、あらかじめワードローブを何パターンか用意しておく、などの力を抜き方を覚えることも大切です。外出時はヒールを履くことがマストになっている会社でも、デスクにいる時はスリッパを履いておく。そういった引き算を覚えていきましょう。

退社した後にスイッチオフ

パソコンの電源を切った瞬間に、1日を終えたような気持ちになる人が多いですが、会社を離れるまではぐっと我慢して。自分の心のスイッチは、オフィスを出てからオフしてあげましょう。退社時には、元気よく「お疲れ様でした」と挨拶を。帰りに挨拶でスイッチのオン/オフをつけるのもオススメです。

ダイエットはおやすみ! たまには自分の食べたいものを好きなだけ

一日がんばったご褒美に、自分の食べたいものを食べる。これもストレス解消には欠かせません。ダイエットのために食事の量を減らしたり、疲れて何も食べたくない! というときもあるかもしれません。 だけど、食事を採って、栄養を補給することが自分の健康や精神のバランスに繋がります。頑張りすぎず、お仕事終わりを有意義な時間にしてあげましょう。

デジタルから離れて、自分の時間を確保して

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お仕事が終わったあとも、つい仕事をしてしまう。最近は、常にスマホを触っている人もよく見かけます。そこで最近流行りつつあるのが、デジタルデトックスです。電子機器から意識して離れる時間を作ることで、日頃便利になりすぎて、求められることが多くなったストレスやプレッシャーから自分を守ることができます。
人の動向を気にしすぎたり、自分がどう見られているかを気にしたり、流行をひたすら追い続けていないと安心できない……という人は、知らない内に人に「自分の居場所」を求めている可能性があります。けれど、自分で自分を一番大事にすることがまずは大切だと知っておいてください。休む時はしっかり休んで、オンとオフの切り替えをうまくできるようになりましょう。

毎日を有意義に

朝が来たらまた仕事に向かう。
この流れは毎日同じであっても、楽しく過ごせるか過ごせないかは人それぞれです。常に人生の一部である「今」を、自分で有意義なものへと変えていきましょう。

たまには揺らぎも必要。自分の人生に自信をなくしたときに試してほしいこと

https://cinq.style/articles/1441

つらいことが重なると、今の自分の生き方にも自信がなくなる…。今回は、自分の人生に自信をなくしたときに試してほしいことをご紹介します。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


 美しい所作が武器になる!日本食を頂くときの箸マナー

美しい所作が武器になる!日本食を頂くときの箸マナー

みなさんは箸や日本食を頂くときのマナーに自信はありますか? 意外と箸使いは周りの人に見られているものです。「食べ方には、その人の知性や品格が現れる」と言われており、大人の女性として正しい箸の使い方は、しっかり覚えておいて!


美しい所作が武器になる! お寿司や焼き魚などの和食を食べる時のマナー

美しい所作が武器になる! お寿司や焼き魚などの和食を食べる時のマナー

職場の人と食事に行く時、気になる人とのデートの時など、和食のお店にいくことがあるときに気をつけたいのが、箸づかいなどのマナー。お寿司や、焼き魚など、食べづらいものでも美しく食べられることができると、一目置かれる存在に。今回は和食を食べる時のマナーについて紹介していきたいと思います。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。今回は、せっかく準備してきたものを無駄にしないたいよう、伝えたいことを上手に伝えられるようになるコツについても紹介。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング