結婚も仕事も全部叶えたいと思う気持ちってワガママ?



結婚も仕事も全部叶えたいと思うのはワガママ?

世の中には、すべてを叶えている女性がいる。
仕事もしていて、結婚もしていて、早い人はもう子育ても始めている。

一方、自分はというと、仕事一筋の生活をしていて、何なら最近パートナーと別れたばかりで、まったく違うコース。

心のどこかでは、彼女たちのような世界を求めていても、タイミングが合わないと、すぐには現実化しません。

今回は、結婚も仕事も全部叶えたいと思ったときに見直したいことをご紹介します。

仕事か結婚か、しか考えられないのは彼のせいでもある

私も半年前、仕事と結婚のどちらかを選ばなければいけないときに、最終的に選んだのは「仕事」でした。彼の花嫁さんになるよりも、仕事をしている自分の方が活き活きと過ごせていると思えたからです。

しかし、今になって振り返ると、仕事か結婚か、のいずれかを選ばなければいけない状況をつくりだしているのは、彼のせいでもあるのです。

彼がもうちょっと精神的に成長をしてくれていたら、もっと違う選択肢があったのかもしれません。

そもそも、仕事を一生懸命がんばっている女性に対して「どちらかを選んでほしい」という男性と結婚をしても、おそらくいずれは再び衝突し、最悪の場合は、離婚に至っていたでしょう。

大切なのは、どちらかを選ばせる人ではなく「どちらも両立していいからね」「僕が手伝えることは手伝うよ」と、歩み寄ってくれる人が理想的なのでは?

どちらも成立させたいなら、パートナー選びのやり直しから

結婚か家庭に入ることかを選ばせる男なら、一度リセットしておいた方がいいでしょう。おそらく、彼には彼のプランがあり、そこに当てはまる人を結婚相手としか考えないのです。

好きかどうかはともかく、自分の理想の生活を叶えてくれる人が一番、と思っているはず。そんな彼と家庭を築きながら、仕事も子育てもは、限界があります。

おそらく、彼の言う通りに叶えてあげたところで、理想のイクメンにはならず、どちらかというと亭主関白の旦那になりやすい……。

あくまでも全部叶えたいと思うなら、一緒に手伝ってくれる人、一緒にがんばってくれる人を将来の旦那さんとして選びましょう。

仕事をしている女性よりも家庭に入ってくれる人がいいと、彼女の仕事に悪影響を出している人は、旦那さんとして、失格です!

本当に叶えたい夢があるなら、結婚よりもひとまず目の前のこと

結婚も仕事も全部叶えたい気持ちは、分かります。

ただどうしても譲れない夢や目標がある場合、とりあえず婚活よりも仕事を優先させる時期があるのは、仕方のないことなのかもしれません。

きっと「もう十分がんばった」と思えるタイミングが来たら、恋人にも出会えるし、今度はプライベートを優先させられる時間が訪れます。最初からどちらかを選ぶ必要はなく、優先順位をつけながら、過ごせばいいのです。

もしかしたら「今は仕事」と思っている途中で、運命の人に巡り会うのかも。いずれにしても、今の目の前のことだけに集中していれば、自然と点と点が結びつき、結婚も仕事もすべて叶えられている状態に近づけるでしょう。

もがいていることに意味がある

頭の中で描けていても、現実化するまでには時間がかかります。恋愛に関しては、ご縁のタイミングもあり、何もかもが予定通りに動いていくとは限りません。

だからこそ、焦って空回りしないように、今やるべきことをやって「その時」が来るのを楽しみに待っていましょう。