勝手すぎる!結婚をするなら仕事を辞めてくれと言われたときの対処法



専業主婦を希望する彼

「結婚をするなら、仕事を辞めてくれ。」
転勤になったわけでもないのに、なぜか仕事を辞めてほしいと言う彼。

これだけライフスタイルが多様化していても、専業主婦を希望する男性たちは、たくさんいるんです。

では専業主婦に思いきりなれるほど、彼らが稼げているのかと言われると、それは微妙なライン。共働きをしなければ間に合わないほどの稼ぎなのに、専業主婦でいてほしいと言われるのは、さすがに我慢できないでしょう。

今回は、結婚をするなら仕事を辞めてくれと言われたときの対処法をご紹介します。

ダブルインカムじゃなくて本当に大丈夫なのかを確認する

彼に専業主婦を希望する理由を聞いたとはいえ、本当に稼ぎ頭が一つだけで、やりくりできるのかは、また別の問題です。

圧倒的に稼いでいて、会社の中でも地位を確立しているならともかく、そこまで稼ぎきれていない中、一方的に結婚をするなら仕事を辞めてくれ、と言われるのは、納得がいかないでしょう。

どんなに一定の収入があっても、元々が少なければ、かなり生活を切り詰めて生活をしなければいけません。

しかし、二人で働いていれば、いずれ子どもが産まれたとしても、それなりにお金をかけてあげられます。

彼から結婚をするなら仕事を辞めてほしいと言われても、全く納得できない状況なら、お金の部分はどう考えているのかを彼に確認してみて。

会社の体制を説明する

彼なりにあなたのことを思って、結婚をするなら仕事を辞めてほしいと言っている可能性もあります。

まともに休めない、あるいは産休システムが整っていないなど、彼が勝手に誤解をして、あなたを楽にさせてあげようと思っているなら、会社の体制が整っていることを説明してあげましょう。

自分があまり積極的に休みをとらないだけであって、いざというときは、比較的柔軟に休みをとらせてくれると伝えれば、彼も仕事を継続することに納得してくれるかも。

仕事を続けるうえで、彼が何を不安視しているのかも聞いた方がいいでしょう。

逆に今の会社が整っていて働きやすいからこそ、あなたともこうやって付き合えているんだよ、とそこまでプラスのイメージで説明しておくといいかも。

専業主婦を希望する理由は?

そもそも彼は、なぜ専業主婦を希望するのでしょう?
今はどちらかというと、共働きの時代。

彼がそれなりに稼いでいるなら問題ありませんが、それでも高年収の人と付き合えているのは少数派のはず。二人で働いていた方が圧倒的に安定した生活を継続できます。

なぜそこまでリスクを負う(負いやすい)結婚生活を望むのか、一度、彼には聞いておくべきでしょう。

子どものことを考えて、と言われても、今はギリギリまで働けるだけの環境が整っているものです。(職場にもよりますが)

ダブルインカムで家庭を築くことがどれだけ大切なのかを、こちらからも真剣に訴えてみては?

あまりにも否定する男は要注意

先々のことまで見通せないまま、いきなり専業主婦になれと言われても、それはかなり危険です。彼が稼げているなら問題ありませんが、ある程度の収入であれば、二人で働いていた方がかなり安定的です。

将来のことを考えているようで、実は自分のわがままを突き通したいだけの男もたくさんいます。

本当に今までのキャリアを捨ててまで、彼に尽くすことを選ぶべきなのかどうかをよく考えて♡