時間を無駄にしない ONとOFFを分けたくない人のためのストレス解消法

時間を無駄にしない ONとOFFを分けたくない人のためのストレス解消法

ONとOFFを分けると、かえってストレスに。とはいっても、ずっと休まないわけにもいかない…。そんなあなたのために、今回はONとOFFを分けたくない人のためのストレス解消法・休息法をご紹介します。


ONもOFFもないような日々だけど、休みはほしい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんな働き方をしていても、ONとOFFを関係なく、あえて忙しく過ごしている女性も多いのでは?一回きりの人生だから、一秒足りとも無駄にはしたくない。

ただでさえハードワークなのに、学校にも通って、さらには、別の仕事までしたりと、アクティブに過ごす女性が増えてきているとか。

しかし、ONとOFFを分けないのが基本的なスタイルだったとしても、身体を休める時間は必要です。

今回は、ONとOFFを分けたくない人のためのストレス解消法・休息法をご紹介します。

長めに寝る日を事前に予定として入れておく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ONとOFFを分けない人の多くが「起きている時間は活動時間」のように感じている人が多いはず。

起きたその瞬間から活動モードで、友人と会っているときもぐるぐるとあれこれ考えたり、毎日どうすれば効率的に過ごせばいいのか考えているだけで、脳みそは沸騰寸前に…。

ONとOFFを分けないと決めても、身体を休ませる時間は必要です。そこであえて、予定を組むときに事前に長めに寝る日も、一予定として組み込んでみてはいかが?

新しい1か月の予定を立てるときも、この日は早めに寝て翌朝は午後までしっかり寝ると、しっかり予定として書きこんでおくのです。

「疲れたから明日は昼まで寝るか」と流動的に考えるよりも、事前に長めに寝る日を設定しておけば、多少ハードな日々が続いても、どうにか乗り越えられるでしょう!

美容や健康重視の休日をお休みとする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人と会うのは、もはや活動時間。なかには仕事に近い感覚をもってしまう人もいるのでは?たとえばライターのように何もかもがヒントになるお仕事の場合、友人と会うことが気分転換になる、とは言いづらい状況になります。

どちらかというと、会社の人と打ち合わせする感覚、あるいは取材に行く感覚に近くなってしまい、なかなか「休日」と認識するのは、難しいのではないでしょうか。

そこでおすすめなのは、自分を労わる時間をお休みとして、自分自身に認識させる方法です。特に美容や健康のメンテナンスは、とても大事。しかも、リラックスできて、エステや整体のように、施術をしてもらっている間は、何も考えなくても済むから、とても楽です。

一時的とはいえ、頭の中も空っぽにできてスッキリします。ONとOFFを分けないなりにも、お休みをとりたくなったら、美容や健康のメンテナンスをメインに予定を立ててみて。

おうちでおこもり・夕方から夜お茶の休日プラン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ONとOFFの人にとって、外に出ることで気分転換を図れるはずなんです。つまり、ずっとおうちに居続けても、きっと気が滅入ってしまう人もなかにはいるでしょう。

ただ、おうちでゆっくり過ごす時間もなければ、心も身体も疲れ切ってしまいます。そこでおすすめの休日プランは、夕方までゆっくり過ごして、夜から出かけること。

特に日曜の17時を過ぎると、どこのカフェも比較的空き始めて(翌日から出勤の人が多いため)、とても落ち着いた環境の中、ティータイムを楽しめます。

夜からカフェインをとるのが苦手なら、カフェインの含まれていない飲み物を用意しているカフェを探せばいいだけ!夕方から適度に出かけることで、おこもり時間とのバランスもとれます。

ONとOFFを分けないなりにも、お休みはしっかりとろう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何がONで何がOFFなのか…。
そんなことを考えている方がモヤモヤし始めちゃう人も多いはず。

でも、ずっとフルマラソンを走り続けるのは限度があります。完全にOFFにはできなくても、自分なりに「今日は休めた」という感覚をもつことは大切。

疲れ切ってからお休みをとるというより、事前に身体を休ませつつ、ハードな1か月を乗り越えて!

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

心が沈んだときは、いつもよりも孤独を感じやすい……。翌日からまたいつもの調子に戻れるように、モヤモヤモードから抜けだしましょう!


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

日々、ストレスを感じながら生きている私たち。逆にストレスを全く感じずに生きている人は、いないハズです。 そんな、どこにでもあるストレスを緩和させるためには、ちょっとした決まりごとを決めて対策するのが有効。今日からできるので、トライしてみては?


環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

毎日の仕事が退屈で仕方ないのは職場環境のせいだと思い込んでいませんか? 人間関係のトラブルなどは別として、人間は環境が変わったからといって内面が変わるわけではありません。大切なのは環境と共に、意識を変えること。毎日の仕事に前向きに取り組める、心理について知っていきましょう。


最新の投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


RANKING


>>総合人気ランキング