人生が倍豊かになる♡「早め行動」を習慣化させる方法って?



早め早めの行動が人生を劇的に変える!

早め早めに行動しようと思っていても、結局すべてがギリギリに…。

仕事やプライベートの約束、水道・電気代の支払いまで。期限ぎりぎりになって慌てて始めるからこそミスをすると分かっていても、毎日働いている以上、時間的余裕を確保するのは難しい。

でも難しいからこそ、早め行動が習慣化すると、運のサイクルも上向きに。
今回は「早め行動」を習慣化させる方法をご紹介します。

電車の時間を調べるときは10-15分前の到着に設定しておく

仕事の用事・プライベートの用事、どちらにしても、待ち合わせギリギリの到着は、とても危険です。相手によっては、たった数分の遅刻も「大遅刻」と見直す人もいるほど。デートに関しても、遅刻ばかりしていては印象が悪くなるのは当然です。

そもそも、電車で時間を調べるときに、ギリギリの時間を設定して、調べていませんか?たとえば、待ち合わせ時間が「12時30分」だったとして、到着時間を「12時28分」に設定していたら、遅刻するのは当然です。

電車が到着するのはホーム。つまり改札までの時間を考慮せず、ギリギリの時間を設定したうえに「ごめんなさい、遅れます」というのは理にかなっていません。

電車で時間を調べるときは、乗り換えからホームまでの移動、改札までの距離をすべて考慮したうえで時間を設定し、早め早めの行動を意識しましょう。

デートは早めに到着をしてお礼セットをつくる

付き合い立てであっても、長く付き合っていても、デートに遅刻をしないというのは基本ルールです。

もちろん、当日具合が悪くなってどうしてもいけないなら仕方がありませんが、ギリギリまで携帯を見ていて、メイクを始めるのが遅れた結果、間に合わなくなっているなら、それはかなりギリギリ癖がついています。

毎回のデートに力を入れる必要もないのかもしれませんが、彼と待ち合わせる場合も、早めに到着するように支度を済ませましょう。

早めに到着しても、あえて「着きました」とは言わず、彼が来るまでカフェで休憩。事前に用意しておいたミニギフトとミニメッセージカードをセットする時間にすれば、すぐに彼が合流してきます。

プライベートも早め早めに行動することで、先々の準備を進められて、準備万端のままデートに臨めるんです。

初デートは早めに着いて二人で楽しめる場所をリサーチしておく

初デートも早め早めに行動しておくことで、勝利を掴み取りやすくなるんです!初デートは、二人とも緊張している状態。そんな中、どこへ行くか、何をするか、その場で考えるのは意外と大変。

リラックスできないからこそ、名案が思い付かず、どうでもいい場所を行きたいと言って、あとから後悔するなんてことも…。

初デートも早めに到着し、周辺をリサーチしておくことで、彼と楽しめる場所を事前に把握できます。

彼から「どこへ行きたい?」と言われたときも「何でもいい」ではなく「○○に行ってみたいな」と言えて、好印象をもってもらえます。

早め行動をしないと、ムズムズするくらいに「習慣化」させよう

早め行動が習慣になると、ちょっとしたスキマ時間で、いいアイディアが思いついたり、ほしいものが見つかったりと、ミラクルが起き始めます。

何事も早めに行動している分には、誰からも怒られません。余裕がなくなってから慌てるのではなく、早め早めに行動をして、仕事でもプライベートでも信頼関係を築きあげましょう♡