ひとりの時間。週末の雰囲気に、心乱されずマイペースに過ごすコツ



週末は、心がゆれやすい。

彼と別れたばかりのおひとりさま。
恋愛なんていらないと覚悟を決めているおひとりさま。

恋はしたいけど、今はタイミングじゃないのと思っているおひとりさま。一人で強く過ごしているおひとりさまにとって、週末の時間は、少しだけ怖い。

街にでれば、幸せそうに過ごしているカップルだらけ。
「あれ?私ってこんな状態のままでいいんだよね?」と、しっかりしていた軸が揺らぎ始めることに…。

週末の夜を迎えても、自分らしさを貫けたら、もっと理想のライフスタイルに。
今回は、週末の雰囲気に、心乱されずにマイペースに過ごすコツをご紹介します。

うらやましいと思う自分を責めない

街に出て、カップルをみて「うらやましい」と思う自分がいる…。

おひとりさまの中でも、特に仕事や趣味などやりたいことを優先したいがために、恋愛の時間を減らしている女性からしてみると、カップルをみてうらやましいと思ってしまう自分が許せなくなりませんか?

「私はやりたいことを望んでいるだけなのに」と、今以上にストイックに追い込もうとしているはず。しかし、20代~30代の一番揺れ動きやすい時期に、カップルを見て複雑な気持ちになるのは当たり前です。

何も感じなくなったら、それこそ「悟り」の境地かもしれません。カップルを見て、たとえ揺れ動きかけても、きちんと体勢を整え直せばいいのです。

「私もこういう人生だったかな」「婚活した方がいい?」と、右にふらふら、左にふらふらと揺れ始めると、自分らしさの要素が減ってしまいます。

カップルのレベルを勝手に判断しない

一人で過ごしていると、ついカップルを勝手に判断しがちになりませんか?

カップルが通りすぎるたびに「あの男は財布をポケットに入れている時点でダメだわ」「あの女性は、ダメンズにハマるタイプ」と、お腹の中どころか心の中までもが腹黒になってしまいます。

どんなにカップルをうらやましく思っても、あれこれとクレームをつけるのは、やめましょう。

クレームをつけている間はすかっとしても、なぜか後からむなしさが募ります。今、通りすぎたカップルが幸せなのかどうかは、最後まで分かりません。たとえ幸せそうに見えなくても、それでも付き合っている二人にあとは、任せておけばいいのです。

あれこれと文句をつけすぎて、自分のオーラまでをも暗くしないように気をつけて!

日中はおうちに。日曜日夕方18時以降は出かけやすい

土日にもなると、どこの街も大混雑。

カップルや新婚さん夫婦まで、大勢の人たちが狭いエリアに集結します。そんな場所に一人で行ったら、それこそ大変!

いつもより元気な状態なら問題ありませんが、心が荒れている状態の中、無理やり行ってもさらに疲れるだけ。週末は、できれば日中はおうちで過ごし、夕方の17時~18時の間におでかけするのが理想的。

この時間は、カフェに行っても、自分と同じように、おひとりさまで過ごしている女性たちが多く、それぞれがいろいろと考え事をしていて、ほどよく空いていて一人で過ごしやすい時間帯です。

特に日曜日の18時以降は、早めに帰る人が多く、夜まで外に出ている人が少なくなる時間帯でもあります。どうしてもカップルが多い時間帯に出かけたくないなら、夕方になるまで少し待ちましょう。

週末がきたって、私は私。

週末を迎えると、街には幸せそうな人たちで、たくさん溢れ返る…。週末がくるたびにモヤモヤするのも、なんだか時間がもったいない。

たとえ週末が来ようとも、私は私のスタイルを崩さずにいられたなら、今よりももっと穏やかに過ごせるはず。自分なりの週末の過ごし方を完成させて、周りのペースに流されないように工夫を♡