誰しも才能はある!? 気づかない自分の宝物とは|MY WORK ヒント#40

誰しも才能はある!? 気づかない自分の宝物とは|MY WORK ヒント#40

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第40回目は、才能について考えます。


「才能が欲しい、得意なことがない」は本当…?

「いいな〜、才能がある人は」「私も、何か得意分野が欲しい」と感じたことがある人は多いのではないでしょうか。さらに言うならば、「頑張って何かを身につければ、きっと開花するに違いない」とストイックに取り組んでいる方もいるかもしれません。

私も、ずーーーっと、自分の得意なことを探していた一人です。人が5やるなら、自分は10やろう。倍の時間を費やして頑張れば、きっと何か道は開けるはず。諦めたら勝負はそこで終了だ!なんて思っていた時期があります。

しかしある時、才能は頑張って身につけるものではなく、「当たり前のようにこなしていること」が自分にとっての才能であり、他者から見たら「優れている部分」に見えると言うことに気づいたのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分の得意なことは、「習慣化」されている

その発見をしたきっかけは、この「書く能力」に気づいた時でした。とはいえど、「能力」と言うほど優れているかどうか自分では分かりませんが、少なくとも現状で「書く仕事」をしています。私自身が、もっとも驚きました。

なぜなら、まったく予想外の出来事だったからです。志望して文学部に行っていた訳でもなく、日本語の勉強をしたこともなければ、趣味でブログすら書いていなかった。そんな私が、なぜ「書く仕事」をしているのでしょうか。

これは、自分が“書くことが得意”と言うことに、まったく気づいていなかったことが原因です。自分では、何かをリサーチしたり、感じたことを言葉で表現したり、まとめたりすることが普通でした。しかし、それをノートやブログに書くことはなく、いつも頭の中で整理して終了。それ止まりだったのです。

もし、「書く仕事」として感じたことを言葉で表現することに直面しなければ、一生気づかずに過ごしていたことでしょう。

才能はすでに自分の中にある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

このような体験は、決して私だけではないと思います。それぞれ自分では気づいていないだけで、すでに持っているかもしれません。

例えば、大勢の人前で話したり演奏したりすることが苦手だと言う人もいれば、見てくれる人が多いほどテンションが上がる人もいます。それは、あがり症の人からすると、「才能」です。

または、大人数をまとめたり先陣を切ってリードすることが好きな人もいれば、集団行動が苦手で一人で物事を進めることが好きな人もいます。そう、それぞれが「才能」なのです。

自分が苦手意識を持っていることを埋めることも大切ですが、ずっとやっていても苦痛に感じないことをたくさん伸ばしていく方が、「才能」をより早く発見できると思います。

周りの意見に耳を傾けてみよう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「自分の才能」を見つけることは、簡単なようで難しいです。魚がなぜ水の中でスイスイと泳ぐのか?と聞かれても、答えが出ないのと同じように、日頃の習慣になっていることは、あえて口に出すこともしないくらい当たり前のことになっている可能性が大。そんな時のヒントは、「周りの人に褒められたこと」を意識することです。

ちなみに私は、文章を書いたことがライターになるまでなかったので、「文章が上手」とは言われたことがありませんでした。しかし、「まとめるのが上手いよね」は言われた経験があります。思い返せば、学生時代にあった、自由研究のようなレポートを作るのが好きな方でした。改めて言われるまでは、まったく気づきませんでしたが……。

自分の「才能」は何かな?と悩んでいる人がいるならば、いつも流してしまうような小さな褒め言葉を思い出してみてください。どんな小さなことでも大丈夫です。もしかしたら、それがあなたの「才能」かもしれません。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

職業選択をする時に、「自分の適正を知りたい」と思う人は多いはずです。自分の性格を可視化して、向いている・向いていない仕事を割り振るのに参考になるからです。今回は、人気のある診断ツールを紹介。自分をもっと深く知りたいと思う人は、ぜひチェックしてみてください。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


最新の投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング