本をまったく読まなかったのに、急に読むようになった3つのきっかけ|MY WORK ヒント#43

本をまったく読まなかったのに、急に読むようになった3つのきっかけ|MY WORK ヒント#43

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第43回目は、本がもたらす価値について考えます。


本に価値があると気づいた時

学生時代は、本をまったく読まずに生きてきた私ですが、ある時を境に本を読む習慣ができました。昔は、本を読むことに価値を感じなかったのと同時に、集中力もなく読んでもすぐに頭から抜けてしまうという状態。

本を読む目的が分からなかったと表現した方が正しいかもしれませんが、とにかく必要に感じなかったのです。しかし、今では本を読まない月はないですし、Kindleの読み放題プランにお世話になるくらい本を読んでいます。

そこで今回は、このビフォーアフターを作った“きっかけ”を、3つご紹介したいと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

① 情報が10万字に集約されている

本の文字数は、約10万字と言われています。それも、ただ10万字を詰め込んだわけではなく、起承転結や要点が簡潔にまとめられた10万字。読みやすいように切り口も内容もギューっと凝縮されているため、初めて読んだジャンルの本であっても入りやすい構成になっていることが大きなポイントだと思います。

セミナーでスピーチをしたり、動画で話を聴いたりするよりも、「文字」として残しているため、なんども読み返して時には書き込みをしながら読むのも良いですね。

② 経験を疑似体験することができる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、実話ベースの物語や、著者自身の人生経験が詰まった本は、文章を通してその時に感じた気持ちや出来事を疑似体験することができます。人は、どれだけ頑張っても自分一人だけの人生しか歩むことができません。

自分一人の人生で経験できることは、本当にわずかであり、他人の経験から学ぶことは非常に多いです。私には通らなかった道を、この人は通っている。自分だったら選ばなかった道を、この人は進んだ。そんな視点で本を読んでみると、とても価値ある体験材料になると思います。

③ 少ない金額で知識が得られる

そして最後は、本を読むのにかかるお金は非常に少額であるということです。電子化が進んだ今、KindleやiBooksを使用することで、通常の紙の本より安く読むことも可能ですし、過去の本であれば図書館を利用することで無料で読めるかもしれません。

また、こだわりがなければ中古の本もたくさん出ていますし、数百円〜数千円の中で知識を取り入れることができると思うと、少額で大きなリターンが得られる買い物だと思います。

解決策はすでにたくさん溢れている

自分では考えることができなかった視点や、想像がつかない体験、まったく異なった環境で育った人の価値観など、本から学ぶことはとても多いです。また、自分が悩んだことは、誰かも同じように悩んでいるため、先に悩んだ人が解決策を用意してくれている場合がほとんど。

自分で解決できるまで悩み続けるのも良いですが、人生の先輩に答えを求めるのも成長の近道になると思います。ぜひ、本を読む習慣を身につけてみてはいかがでしょう。

 



この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

自身の目指す方向性を明確にするために必要だと言われているロールモデルですが、周りにその存在がなくて悩んでいる人も多いはず。理想の働き方に合ったロールモデルのタイプを決めて、ロールモデルを自分で作り出す方法があります。自分がどういった人を目指すのか、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「健康診断の結果を言いふらされる」これはハラスメントに入る?


最新の投稿


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

名前を簡単に覚えられる人と、覚えられない人の違いは一体ナニ? 今回は、挨拶や自己紹介の時に、しっかりと自分を「覚えてもらう」ための色々を紹介します。


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング