楽しそうだけど大変そう!パラレルキャリアのメリット・デメリット

楽しそうだけど大変そう!パラレルキャリアのメリット・デメリット

第二のキャリアをもつことをパラレルキャリアと呼びます。本業以外に肩書きをもつと、人生の輝きがよりアップすることに。今回は、パラレルキャリアのメリット・デメリットをご紹介します。


複数の肩書きをもちながら自由に働く!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

複数の肩書きをもちながら自由に働く新しい働き方を「パラレルキャリア」と呼びます。
パラレル(parallel)という言葉には"平行"や"並列"という意味が含まれていて、複数の仕事を同時進行で進める状態をパラレルキャリアといいます。

最近は企業の副業解禁ブームが相次ぎ、パラレルキャリアをはじめとする「複業」や「副業」に再び注目が集まっています。

今回は、パラレルキャリアのメリット・デメリットをご紹介します。

パラレルキャリアは、ボランティア活動などの社会貢献も含まれる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パラレルキャリアと副業の最大の違いは、無償で活動している時間も一本の柱として含まれることです。本業をしながら第二のキャリアを築くことを目的としており、無報酬であってもライフワークとなっている場合は、パラレルキャリアとみなします。

最近は二つ目のお仕事としてボランティア活動を選ぶ人も少なくありません。最初は無償で関わり始め、最終的には有償として働いているケースもあります。

ライフワークを一つだけではなく、いくつももつことは、自分の人生がさらに輝き出すきっかけとなるのです。

パラレルキャリアのメリット#1「全体のモチベーションが上がる」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パラレルキャリアを始める最大のメリットは、日々の生活に対し全体のモチベーションが上がるということ。一つだけではなく複数の仕事をかけもちするということは、ぼ~っとしている時間があっという間に減ります。

常に先々の予定まで考え、逆算しながら仕事をする必要があるため「会社と自宅の往復だけでマンネリだわ」と言っている場合でもなくなります。

アクティブに過ごせば過ごすほど、世界は広がり、関わる人も増えます。なにより多くの仕事をこなすことで、自分の自信に繋がるでしょう。

パラレルキャリアのメリット#2「安定収入を得ながら夢を追いかけられる」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの頃から運動が好きだから、本当はインストラクターになりたかった。でもどうしても、安定的な職業に就きたくて今は事務職。

こういった場合も事務職を続けながら、ヨガのレッスンに通い、第二の仕事としてインストラクターになる、という方法も今なら実現可能です。

企業側が副業を解禁している場合、なおさら、実現しやすいでしょう。仕事をやめて0からインストラクターを目指すとなると覚悟が必要ですが、安定的な収入を得ながら、今までやりたかったことを目指せるというのは、パラレルキャリアならではのメリットです。

パラレルキャリアのデメリット「明確な目標を定めないと両立は難しい」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一つの仕事だけではなく複数の仕事をもつというのは、言葉では簡単ですが、実際に自分がその生活を長く続けようと思うと、かなり大変。

本来は二人がやる仕事を一人で担うことになり、時間管理の徹底や効率化、さらには、時間的にも拘束され、それでもパラレルキャリアを実現させたいという強い思いがなければ、始めることはできても、継続は難しいでしょう。

最近は「○○をやりたい」と大きく宣言しておきながら、数カ月後には、まったく違うことをしている飽き性の人もよく見かけます。パラレルキャリアを実現したいのであれば、本気で取り組むことが大前提なのです。

よく考えて、実行する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パラレルキャリアを検討しているなら、まずは机上でよく考え、ライフプランを設計します。本当に長時間、仕事に充てても構わないのかどうかを考えます。

あとは、パラレルキャリアを実現させて、自分がどうしたいのかまで、しっかり考えて。最終地点を決めれば、途中で多少揺らぐことはあっても、一つずつ目標をクリアできるでしょう。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


仕事上手は振り分け上手。全部一人でやることが“デキる人”ではなかった|MY WORK ヒント#64

仕事上手は振り分け上手。全部一人でやることが“デキる人”ではなかった|MY WORK ヒント#64

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第64回目は、仕事ができる人の仕事分散についてです。


「嫉妬」が意味するものって?向き合い方と改善方法を考える|MY WORK ヒント#63

「嫉妬」が意味するものって?向き合い方と改善方法を考える|MY WORK ヒント#63

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第63回目は、嫉妬心との向き合い方についてです。


疲れてない?楽しいはずの休みが憂鬱に感じるそのワケは……。

疲れてない?楽しいはずの休みが憂鬱に感じるそのワケは……。

休んでいるのに、疲れが取れない。それどころか、週末の気だるい感じが苦痛で月曜日にならないかと望んでいる。軽い『週末うつ』を感じたときに考えたい『休むことの大切さ』についてご紹介します。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第62回目は、同業種での恋愛について考えます。


最新の投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

習い事にも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか? ホリデーシーズンの12月は、クリスマスらしいものを作るとすごく楽しそうですね♪ 「普段通っている教室が特にない」という方も大丈夫! 単発で申し込みができる1DAYレッスンなら、気軽に参加することができますよ。今回はカテゴリー別におすすめのレッスンをご紹介します♡


「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

出会いが増えると、親しくなりたいと思う人以外からも好意を寄せられることがあります。働く女性にとっては、下心を持った男性の出現は避けられないものなのかもしれません。けれども、そういった面倒事を増やさないためにも、男性に変な勘違いをされない予防策をあらかじめ練っておきましょう。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング