もう振り向かない。過去の恋を終わらせて明るい未来に進む方法



過去の恋じゃなくて、前を見よう

長かった恋が終わった。結婚すると思っていたのに別れてしまった。それぞれ一つの大きな恋を終わらせると、しばらくは疲労困憊の状態に。

今ならまだ間に合うかもしれないと、元彼に連絡をしたり、考えたりと、後ろへ下がっていませんか?

一度終わった以上、もう彼のために時間をかける必要はありません。今までの積み重ねを未来に繋げて、もっと幸せな恋を手にしましょう。

今回は、過去の恋を終わらせて明るい未来に進む方法をご紹介します。

元カレへの未練を経たないと隙ができない

元カレへの未練を断ち切らずに婚活をしていても、きっと過去の恋を思い出すだけで、なかなか前には進めません。自然と忘れるのを待つか、もしくは自分の中で整理をつける必要があります。元カレへの未練は、新しい恋を引き寄せにくい原因になります。

別れた彼とのご縁が通常よりも深い場合、お互いに前に進めなくなるのは、よくある話。本当に明るい未来へと一歩踏み出したいなら、過去の恋をきちんと終わらせることがなによりも大事です。

元カレへの未練を断てずにいると、そもそも出会うタイミングすらありません。本来なら新しいご縁となるはずの人も、なぜかあなたには声をかけにくくなってしまうでしょう。早急に元カレとのご縁を断ち切って!

元カレとの思い出は美化される

別れてしばらく経つと、あれだけ憎かった元カレに対して、なぜか再び愛おしさを感じるように。たくさん泣いて悔しい思いをしたはずなのに、なぜか彼との思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡ります。

しかし、それは別れた状態だから美化されるだけであって、再び同じように付き合い始めると、なかなかうまくいきません。よほどお互いに成長していない限り、結局、同じ場所でつまずくだけです。

本当に元カレとのご縁がある場合は、再び一緒の道を歩むケースもありますが、あきらかにすでに終了している恋にしがみついていても、一つもいいことはありません。美化された思い出だけに、しがみつかないで!

元カレに関するものは、すべて処分する

元カレへの未練を断ち切りたいなら、彼に関するものはすべて処分をすることです。

彼からもらったものだけではなく、二人おそろいのものから、日記まですべてゴミ箱へ処分します。そのときにできれば、今までの感謝の気持ちも込めて(明るい未来へと進めるように)、上からお塩をふり、軽く浄化しておきましょう。

あとは意外と忘れがちなのが、過去に投稿したSNSの記事です。彼とのやりとりまで、いまだに残っている状態なら、すべて削除します。

これは自分のためだけではなく、彼にいつか新しい恋人ができたときに関わらなくて済むように(新しい彼女にチェックされないように)すべて消しておきます。

元カレとの思い出を瞬間的に振り返ることになりますが、ぐっとこらえて、処分しちゃいましょう。

意識・行動・時間の3つで過去の思い出を清算

過去の恋を手放し、明るい未来に進むためには、意識・行動・時間の3つが必要不可欠です。まず元カレとのご縁を断ち切るという意識。それから意識するだけではなく、実際に行動し、後ろへ下がらないように自分自身でコントロール。

それからあとは、時間が経つのをひたすら穏やかに待つしかありません。どんなに自分で忘れようとしても、時間が経ったからこそ、傷が少しずつ癒え始めます。

ときどき後ろへ下がることはあっても、過去の恋に固執しないように気をつけて!