失恋した後の初めてのクリスマス。心がつらくならない過ごし方



失恋した後、初めてのクリスマス。

今年のクリスマスは、どんな一日にしましょう?

カップルの方達はともかく、クリスマス直前に別れた、あるいは彼と別れて初めてのクリスマスを迎える人もたくさんいます。

なかには、独身同士で盛り上がる人もいますが、あえて誰とも過ごさず、ゆっくり過ごすのも、大人な女性ならではの過ごし方。

今回は、失恋した後の初めてのクリスマスをどう過ごすか、ポイントをご紹介します。

カップルばかり目がいくのは仕方ない・気にしない

クリスマス直前になると、冬休みに入る人も多く、街全体が騒がしくなります。

クリスマスが近づいてカップルが成立しやすい時期でもあり、シングル女子にとっては憂鬱な時期でもあるのです。

気分転換のつもりで外に出ても、至るところにカップルだらけ。カップルを見るたびに、イライラしている人も多いのでは?でも、ふっとしたときにカップルに対して嫉妬している自分に落ち込んでしまうときもあるでしょう。

失恋した直後ですから、カップルばかり目に入ってくるのは仕方のないこと。いちいち引っかかってしまっても、それはごくごく自然なことです。

もちろん、自分を責める必要はありません。ただし、あからさまに悪い態度をとらないように、それだけは気をつけて。今、幸せそうにしているカップルも、いつどんな状態になるか分からないのは同じなのです!

午前中のうちに活動する

クリスマスだから出かけたい!でも、どう考えても街は混んでいる…。そんなときは、クリスマス当日、早朝から活動してみてはいかがでしょう?

クリスマスとはいえ、朝早くから動く人はどちらかというと少数派。大体、どの場所も混み始めるのがお昼を終えた13時頃から夕方にかけてです。

この時間を避ければ、一人でも行動しやすくなります。たとえば、スターバックスやタリーズ、ドトールのようにコーヒーショップは比較的、朝から空いています。

いつもより早く起きて、読書をしたり、考え事をしたりするだけでも、楽しい気持ちになれるでしょう。早めにお昼を食べて、午後からはおうちでおこもりと決めておけば、そこまでつらい思いをしなくて済みます。

年齢層が高い場所に行くとあまり気にならない

クリスマスにおうちにこもっていると病みそうなら、年齢層が高い場所へと行ってみてはいかが?

たとえば都内でも、あまり知られていない、知る人ぞ知る美術館に行くと、とても落ち着いた雰囲気の中、名画を鑑賞できます。大人な人しか集まっていないので、ワイワイと騒ぐ人も一切いません。静かな環境の中、リラックスできるから、気分転換には丁度いい場所です。

またオシャレなカフェではなく、歴史のある喫茶店や甘味処もおすすめです。

昔ながらのお店には、女子というよりも大人な女性、あるいは、おばあさま世代が集まっていて、周りを気にせず、ゆっくりくつろげます。日中に出かける先がなければ、年齢層が高い場所をリサーチして行ってみて♡

無理やり一緒に過ごす人を探さない

一番やってしまいがちな行動は、一人で過ごしたくなくて、手あたり次第、一緒に過ごす人を探すことです。しかもクリスマス直前になってから。

たしかに一人で過ごすことに慣れていない人は、寂しいと感じるかもしれません。でも、失恋をした直後だからこそ、誰とも過ごさず、一人の時間をつくり、いつもより自分自身と向き合う時間を多くしなければ、また次の恋も同じかたちで終わってしまいます。

きっと今のタイミングで失恋を経験しているのも意味があります。もしかしたら、彼に依存しすぎて別れている場合も。だったら、なおさら自分の足で立つ、ということを覚えなくてはいけませんよね♡

無理はせず、ゆっくりと。

失恋直後にクリスマスを迎えるのは、とてもつらいこと。それでも、自分なりに考え、一年に一回しかないイベントを楽しむことで、一歩前に進めます。

心がつらなくならない、あなたならではのクリスマスおひとり様プランを考えましょう♡