光老化を防ぎ、健康な肌になる「予防スキンケア」について



そもそもなぜ皮膚は衰えるの?

肌の老化の原因は、太陽の光が主犯になっているのをご存知でしょうか。
皮膚は、紫外線を浴びることなどから体内に生じるフリーラジカルという、産業廃棄物のようなものを原因とし、ダメージを受けることによって、次第に老化が進行します。この太陽の光による老化のことを『光老化(ひかりろうか)』と呼びます。

皮膚老化の実に80%はこの『光老化』が原因だといわれ、加齢による自然の老化とは明確に区別されています。肌の色がくすんできたり、ハリがなくなってしまい、シミやしわとして現れたり、最悪の場合は皮膚がんも生じる、これが光老化によるものです。

紫外線による分かりやすい皮膚へのダメージと言えば「日焼け」です。日焼けは紫外線によって傷つけられた皮膚の傷跡とも言えます。皮膚の中では細胞DNAの破壊・ビタミンの破壊が起こっており、それらが皮膚の老化に導くのです。

予防のスキンケアをしよう

何もせずに、皮膚を正常な状態に保ち続けることができれば理想的ですが、現実はなかなか困難です。そのために、予防のスキンケアが必要。これによってトラブルを回避し、老化さえ克服することができます。

皮膚の再生を妨げる「紫外線」と「フリーラジカル」を正しい方法で健康のために予防することで、『光老化』を防ぎます。また、正しい予防を行うことで、いつまでも健康的で若々しい肌でいられるのです。

紫外線から肌を守るには

普段みなさんが行っている、不必要な紫外線を浴びないようなライフケアをしっかりと心がけることが大切です。長袖・ロングスカートなどで肌の露出を避けたり、サングラス・帽子を着用することや、日焼け止めで顔や首だけでなく紫外線が当たる細かい部分もしっかり守ることを心がけましょう。

私たちはフリーラジカルを処理する能力を持っています。その処理能力を超えてしまう前に、抗酸化剤を日頃から補給する必要があります。

スキンケアとして肌にぬること、そして抗酸化を豊富に含んだ緑黄色野菜をしっかり食べることで補給することができます。

ビタミンを摂取し、健康的な肌へ

予防をするためのカギは、ビタミンが握っています。紫外線により破壊されてしまった、ビタミンAや抗酸化作用を持つビタミン群を適切な形で補給すれば、健康的な肌を維持することができます。その中でも意識して摂取したい抗酸化ビタミン4つをご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。肌のうるおいが保たれて乾燥による肌荒れの解消もしてくれます。また、ウイルスなどの侵入を防ぐバリアとして強化され、免疫力のアップにもつながります。

【ビタミンAが入っている食べ物】
にんじん、かぼちゃ、レバー、牛乳など

ビタミンC

ビタミンCには、ご存知の方も多いと思いますがメラニンの生成を抑制、つまり、しみ・そばかすを防ぎます。紫外線によって誘導される皮脂の酸化を抑えてくれるのでニキビにも効果的です。またそれだけではなくたるみを防いでくれるコラーゲンを生成してくる効果も。

【ビタミンCが入っている食べ物】
赤ピーマン、キウイ、芽キャベツなど

ビタミンE

ビタミンEは健康維持に重要な体内の資質を守る、ビタミンの中でも強力な抗酸化が入っています。血行促進の作用もあるので冷え性や肩こり、むくみの解消にもつながるので、デスクワークでの体温管理による体調の改善に役立ちます。

【ビタミンEが入っている食べ物】
アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤなど

βカロテン

抗酸化剤の中でも一番安定性の高いのがβカロテン。たくさんのフリーラジカルを抑制することができます。また、ビタミンAが不足しているときには必要に応じてビタミンAへと変化し、それ以外は肝臓に蓄えられるか尿などと一緒に排出されます。

【βカロテンが入っている食べ物】
ホウレンソウ、小松菜、春菊など

まとめて摂取すると相乗効果がある

抗酸化ビタミンは、他のビタミンと連携することで、再び機能を取り戻します。またお互いに補完をしあいながら作用するので、相乗効果もより高い効果も発揮できるのです。抗酸化ビタミンがリサイクルされると、ビタミンAがより強力に保護されるようになり、皮膚中のビタミンAも上昇します。

まとめ

肌トラブルは、皮膚の状態を私たちに伝えてくれるメッセージです。健康を保つことは、美しい肌をつくる基本とも言えます。どのようにして皮膚細胞に必要なビタミンを十分に補給するか、スキンケアの考え方として、とても大事なことなのです。

肌の運命は自分次第。つまり、今のスキンケアがこれから歳を重ねたときに結果として現れます。いつまで経っても若々しい肌を目指して、予防のスキンケアを徹底していきましょう。