肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


スラッシュキャリアとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スラッシュキャリアとは、複数の分野に及ぶ自身のスキルや経歴、肩書きを「/(スラッシュ)」で区切り、一つに限定せずに多方面で仕事をしていくキャリア形成の考え方です。本業以外に異なるジャンルの副業をしている人や、自分が所属している組織(会社)外でプロボノなどのボランティアに参加をしている人、フリラーンスとして多分野の仕事を手掛けている人など、複数の仕事・肩書きを持っている人は徐々に増えつつあります。

そんなスラッシュキャリアを持っている人のことを「スラッシャー」と呼びます。
海外の有名人でもスラッシャーとして活躍している人は多く、
・ジェシカ・アルバ(女優/アントプレナー)
・ビヨンセ(歌手/プロデューサー業)
・セレーナゴメス(女優/歌手/ドラマ制作/ユニセフ親善大使)
などが話題になりました。

スラッシュの数はいくつあっても良いので、たくさんの肩書きを手にしている人もいます。海外だけでなく、日本でも同様に、名刺・SNSのプロフィール欄などに、こういったスラッシュが記載されている方も見かけられるようになりました。自分のキャリアを一つの企業内の役職だけに制限するのではなく、肩書きと活躍の幅を増やしていく。これからの時代には、このスラッシュを増やして、自分の価値を高めていくことが必要になるのです。

スキルを活かしたボランティア、『プロボノ』が与えるモノ

https://cinq.style/articles/337

『プロボノ』はスキルや専⾨知識を持つビジネスパーソンとなる人たちが社会的・公共的な⽬的のために"生産性のあるボランティア活動"を行うことを指します。関心が高まる『プロボノ』を行うメリットについて考えていきましょう。

スラッシュキャリアの増やし方

スラッシュキャリアを見つけたい、増やしたいという願望はあっても、実際には「何も増やすものがない…」なんて悩む人も多いはず。ですが、どんな仕事をしていても、必ず何かしらの専門性は自然と身についているものです。

例えば、化粧品の営業をしていて、商品をうまく説明するために美容の資格を取ったのなら「営業/スキンケアアドバイザー」になりますし、仕事に限らず「営業/2児のママ」といったプライベートの役割を入れている人も。

スラッシュキャリアを増やすことは、SNSで例えると「#(ハッシュタグ)」を増やすことと似ています。そう考えると、一見難しく感じるスラッシュキャリアが身近に、色々と思い浮かんできませんか? スラッシュキャリアは、それくらいに気軽に考えられるのが魅力の一つです。自分につけられるタグを増やしていく。それこそが、スラッシュキャリアの醍醐味なのです。

「名刺に載せるほどの技術なんてない」と、自分でストップをかけてしまうと、これからもずっとスラッシュキャリアを増やすことはできません。思い切って増やしてみると、周りから声がかかることもあり、「知識を増やさなきゃ」と自然と学ぶ姿勢と専門性が身についてきます。人は、環境が変わることで、変化を受けやすいのです。逆にいうと、変化を起こしやすい環境を選ぶことが大切だともいえます。

人は与えられた肩書き通りの行動を取るようになるって、本当?|MY WORK ヒント#5

https://cinq.style/articles/196

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第5回目は、未経験のことでも、与えられた肩書きによって変化する心理をご紹介してみたいと思います。

パラレルキャリアの入口として考えてみよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パラレルキャリアに興味があったとしても、「今一歩踏み出すことができない…」と悩む人はまず、スラッシュキャリアの構成から始めてみると良いでしょう。①自分の強みを分析する、②将来はどんな姿になっていたいかを想像していくと、答えが見えてきます。

まだ経験はなくても「今は勉強中です!」と宣言しておくことも必要です。将来の仕事に繋げていくための、コネクションを早いうちから作ることもできます。
もちろん、お仕事として引き受けた場合は責任をもって引き受けなければなりません。複数の業務を掛け持ちすることで、全ての仕事が中途半端になってしまわないように、タイムマネジメントをしっかり取り組みましょう。

お金を頂いている以上は、それ相応、それ以上の価値を提供するそうした覚悟と責任のある行動を心がけてください。

メインキャリア以外の強みを見つける【WOMAN TIES レポート】

https://cinq.style/articles/1232

働く女性をつなぐ場をつくり、働き方・キャリアをシェアすることで新たな一歩を応援する『WOMAN TIES』で行われたキャリアイベントの様子をレポートします。女性のキャリアにまつわるモヤモヤや漠然とした不安に向き合い、解消するキッカケに。

できることを掛け合わせて、自分にしかないキャリア形成を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事として考えすぎずに、プライベートでの経験や趣味など、自分が持っているスキルと組み合わせれば、新たな可能性が広がります。そのふり幅が大きいほど、市場価値の高い人材に近づくことができるのです。自分の付加価値を高められる掛け合わせを見つけて、オリジナルなキャリアを作り上げていきましょう。

野村総合研究所は2015年に出したレポートでは「今後15年で、今ある仕事の49%が人工知能(AI)によって消滅する」と発表されました。今の仕事がなくなったとき、またライフステージが変わった時のリスクヘッジのためにも、今日から始められるスラッシュキャリア。まずは、公表をしてみるところから初めてみてはいかがでしょうか?

限られている時間を最大限に活かす!二つ目の仕事のつくり方・広げ方

https://cinq.style/articles/1213

副業解禁ブームが話題になる中、二つ目の仕事をもつ人も少しずつ増えているとか。副業や複業に興味はあっても、どうすれば、二つ目の仕事をゲットできるの?今回は、二つ目の仕事のつくり方・広げ方をご紹介します。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第65回目は、仕事で遭遇するクレーム対処についてです。


ここまでやりきる!仕事で成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!仕事で成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


今日は自宅で仕事。朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツ

今日は自宅で仕事。朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツ

きょうは自宅で仕事。どうすれば家にいながら仕事モードに切り替えられるのか、試行錯誤していませんか?今回は、朝起きてから一瞬で仕事スイッチに切り替えるコツをご紹介します。


【働く女性】赤裸々告白!雇われ社員からフリーランスにシフトする方法

【働く女性】赤裸々告白!雇われ社員からフリーランスにシフトする方法

できることなら雇われのサラリーマンを脱して自分で仕事を始めてみたい!でも、それってどうやって始めれば良いものなの?フリーランス6年目のライター・角の実体験を元にフリーランスにシフトする方法をご紹介いたします。


最新の投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

習い事にも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか? ホリデーシーズンの12月は、クリスマスらしいものを作るとすごく楽しそうですね♪ 「普段通っている教室が特にない」という方も大丈夫! 単発で申し込みができる1DAYレッスンなら、気軽に参加することができますよ。今回はカテゴリー別におすすめのレッスンをご紹介します♡


「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

出会いが増えると、親しくなりたいと思う人以外からも好意を寄せられることがあります。働く女性にとっては、下心を持った男性の出現は避けられないものなのかもしれません。けれども、そういった面倒事を増やさないためにも、男性に変な勘違いをされない予防策をあらかじめ練っておきましょう。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング