説得力が増す話し方って? 30代からのスピーチ力の高め方

説得力が増す話し方って? 30代からのスピーチ力の高め方

年齢に応じて、発言を求められる場が増えていく大人世代の私たち。自分の意見をその場の状況に応じてしっかり伝えていくというのは、日頃から意識をしていないとなかなか難しいことですよね。そこで今回は、スピーチ力の高め方についてご紹介いたします。


間を制す

スピーチをする上で大切なのが、“間合いの取り方”。
一同が自分に注目を浴びると、緊張してしまってつい早口になってその場をやりきろうとしてしまいます。しかし、こうした注目される場でこそ、ゆったりとした間合いを意識してください。

自分の伝えたいこと、とくに重要だと思う部分には一節に一拍呼吸を置いて、ゆっくりと伝えることであなたの伝えた箇所が、本当に大切なことだという含みを持つことになります。構成をじっくり練って伝わりやすいように話すことももちろん必要な要素ですが、何よりも感情豊かに話すことで人の心を揺さぶるスピーチ力につながります。

この感情豊かな話し方というのは、間の取り方・声の抑揚・表情・姿勢で作られています。ゆっくりとした間合いで一つ一つを丁寧に発信し、声に高低さと緩急をつけながら、話の内容に合わせて表情を作っていきましょう。

インタラクティブをとる

話し手が一方的に話をするだけのスピーチは、聞き手側の集中力が途切れてしまい、記憶に残らない内容になってしまいやすいです。より、相手の共感を得やすく、聴衆を楽しませるスピーチというのは参加型のスピーチに多い傾向があります。

参加型のスピーチというのは、話し手側が積極的に聴き手の気持ちに沿って話を進めていく方法。例えば「みなさんは今日の集まりにどんな目的で来たのでしょうか?」と直接的に質問を投げかけてみるなど。場合によっては「今回の議題ともなっている、こうした問題に直面したという方はどれくらいいますか?」と挙手をお願いしても良いと思います。

具体的に一人一人の反応が返ってことなくても、時折質問を投げかけることで聴衆側は自然と会話の内容を「自分ごと」として置き換えて考えてくれるようになります。相手に強く訴えかけたい内容を話す前の冒頭部分にこういった問いかけをすることでスピーチ力が上がります。

緊張を笑いに変えてみる

スピーチや、人前に出ることに慣れていないと、つい噛んでしまったり緊張して伝えたいことをうまく伝えられることが出来なかったりしますよね。これって心のどこかで「絶対に成功させなくては…!」や「うまく乗り切らなくちゃ」とプレッシャーをかけていることが原因だったりします。

誰でも緊張はするもので、それを無理やり隠そうとしてもボロが出てしまいます。どうしても緊張が抜けない…という時はあえて緊張を人前で伝えることも一つの方法です。

「実は今、すごく緊張しています。うまく伝わるか分かりませんが、一生懸命話します。」と笑顔で伝えれば、聞き手側は微笑ましい気持ちで「頑張れ!」と温かく迎えてくれます。また、緊張を笑いに変えることも場を和やかにさせるのに効果的な手法です。「さっき緊張しすぎて、そこの階段で転んじゃいましたよ〜」なんて、前置きを入れてみることで、会場の雰囲気を自分のものにすることが出来ていくらかリラックスして、進行出来るようになります。

日頃から発言の機会を増やして

どんなに一夜漬けでみっちり練習しても、日頃の習慣に勝るものはありません。スピーチ力を高めたいと思ったら日頃から自分の意見や考えを人に発信する機会をもうけましょう。それは何も対面で仰々しくスピーチ形式で話す必要はありません。例えばブログやツィッターなどの気軽なものでもOK。思い切ってYouTubeなどの動画サイトに投稿をしてみても良いかもしれませんね。

自分の意見をまとめて発信することで、伝え上手になっていきますのでぜひ試してみてくださいね。






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング