未来の遊園地! 森ビルとチームラボによるデジタルアート美術館 #teamLabBorderless を見逃さないで♡

森ビルとチームラボによる 新しいミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」が2018年6月21日オープン!

“Borderless(ボーダレス)”をコンセプトにお台場、森ビルで開催されるのは『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless』。最先端の技術がぎゅっと詰まったデジタルアート美術館です。この空間をプロデュースしたのは、チームラボ。昨年もずいぶんと話題になったチームラボプロデュースのデジタルアート美術館ですが、今年はもっとスペースを広げて舞台をお台場に移動! 今年も私たちを未来への遊園地へ案内してくれます。

絶対に行きたい神秘的な空間 Borderless World


【花の森、埋もれ失いそして生まれる】

入ってすぐにばっと視界に飛び込んでくるのは、鮮やかな世界。
たくさんの花や生き物たちが出迎えてくれます。人の動きに合わせて動く幻想的な映像は、まるで異次元に飛び込んだかのような気分に。見ているだけでも楽しめるけれど、映像に触れてみるともっと感動。見て、触れて、音を楽しむ。不思議な感覚が味わえます。


【Wander through the Crystal World】

幻想的な世界へ迷い込んだら、時間はもうあっという間。どこを撮っても他では見られないような画像が映るので、シャッターを切るのが大変。

アートを全身で楽しむ 運動の森

運動の森にある「マルチジャンピング宇宙」では、宇宙空間の中でトランポリンが楽しめます。まるで無重力空間にいるみたい?! 大人たちも年齢を忘れて、大はしゃぎで楽しめるようなスポットです。

たくさんの風船が浮かぶ「重力にあらがう生命の森」もとってもフォトジェニック。
風船に触れると色が変わるので、子どもに戻ったかのように、ついつい手が伸びてしまいました。

もっと身近に 学ぶ!未来の遊園地

「お絵かき水族館」では、自分たちで色付けた様々な生き物たちが、デジタルの中で泳いでくれます。お気に入りの生き物に、自分の好きな色で個性をつけてあげましょう。自分自身が参加できるデジタルアート美術館、夢が広がりそうです。

絶対に見逃せない! 呼応するランプの森

teamlabボーダレスで絶対に見逃してはいけないのは「ランプの森」。数えきれないランプたちが、それぞれに色を変え、幻想的な空間を作ってくれます。まるで、映画の中に迷い込んだみたい。思わず息を飲んで立ち止まってしまうランプの森は、間違いなく今回の一番の見どころと言っていいでしょう。ランプは繊細なガラスで出来ているので、触らずに。

いかがでしたか?
一度じゃ足らず、何度も足を運びたくなる様デジタルアート展。オープンは6月21日から。カップル、友達、家族。だれと来ても好奇心が湧き、感動する魅力的なスポットです。この夏は、ぜひお台場に足を運んでみて。

■MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
オープン日:2018年6月21日(木)
所在地:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
営業時間:月〜木 11:00〜19:00(※祝前日を除く)、
金・祝前日 11:00〜21:00、土 10:00〜21:00、日・祝日 10:00〜19:00
※最終入館は閉館の1時間前
※営業時間は時期によって異なる
料金:一般/高・大学生 3,200円、子ども(4 歳〜中学生) 1,000 円
※料金は税込価格です。