ふとしたときに深いため息。自分に自信をなくしたときのモチベーション復活法



いつも自信がある人なんていない!

仕事で嫌なことがあった。恋人にフラれた。友達がまた一人去っていった。

大人になると、ストレスを避けているつもりでも嫌なことが次々と起きて「本当に今のままでいいの?」と不安になるときが増えませんか?

いつも自信のある人なんて、ほとんどいないでしょう。そう見えたとしても、白鳥のように優雅に泳いでいるだけであって、水面下ではバタバタ状態。

今回は、自分に自信をなくしたときのモチベーション復活法をご紹介します。

駆け込み寺をたくさん作っておく

自分に自信をなくしたとき、紙に書き出すのが一番おすすめです。

とはいえ、ずっと一人で自問自答し続けるのも、なかなかハードな日々。正解かどうかも分からないまま、自分だけで結論をまとめあげるのは結構きつい。しかも自信をなくした状態から自力でモチベーションを復活させるのは、さらに難しい。

そんなとき、紙ではなく、人にも甘えられるといいかもしれません。恋人とは限定せず、親友でも男友達でも誰でも構いません。誰か一人でも駆け込み寺のような存在になってくれる人がいると、とても楽。

自信をなくして、どうしても誰かに話を聞いてほしいときは、内にこもらず、人に会いにいきましょう。

自信をなくしたとき、いつも自分が求めてくれる言葉を言ってくれるような人が2~3人いると、弱ってしまったときも「どうしよう」という恐れを手放せます。

気が済むまで、ひとりで会議

人に会いにいくのは大事ですが、同時に進めたいのはひとり会議です。
自分の中で結論を出さないまま、人と会っていても仕方がありません。誰かに会いに行って相談したなら、その後、ひとりの時間をつくり、改めてこれからどうしたいのかを考えます。

自信を取り戻すために、今の自分が何をすればいいのか。そこまで考えきってから、次の行動に進みます。あくまでも駆け込み寺は、不安を「緩和」する場所であって、解決するのは自分自身。

いつまでも人と会ってばかりで、自分と向きわずにダラダラと過ごしているのは、ただ逃げているだけ。「甘える」と「逃げる」という動作はまったく別物。時間の許される限り、自分自身と向き合い、少しずつ自信を取り戻しましょう。

頭の中に浮かんでいるアイディアや感情を書き出せば、きっと名案が思い付くはず。

人生の方向性に近い雑誌を読んでイメージを元に戻す

本当は友達のAちゃんに相談したいけど、残念ながらお互いの都合がつかない。

そんなときは雑誌を買って、モチベーションを上げてみましょう。キラキラの世界観が疲れると言う人もいますが、最近はキラキラ系に限らず、ライフスタイルに特化した雑誌が多く販売されています。

インテリアやヨガに関する雑誌も増えて、自分の人生の方向性に近い雑誌を選べる時代です。

たとえば、まだまだバリキャリでいたいならバリキャリ向けの女性誌を、シンプルな暮らしがしたいなら、インテリアやライフスタイルを中心とした雑誌を読むことで、モチベーションが上がります。

少しでも理想の未来に近づくためには、落ち込んでいる暇はないのです。自信をなくしても瞬間的に復活させられる術が身につけば、怖いものなんてない!

本当は友達のAちゃんに相談したいけど、残念ながらお互いの都合がつかない。

そんなときは雑誌を買って、モチベーションを上げてみましょう。キラキラの世界観が疲れると言う人もいますが、最近はキラキラ系に限らず、ライフスタイルに特化した雑誌が多く販売されています。

インテリアやヨガに関する雑誌も増えて、自分の人生の方向性に近い雑誌を選べる時代です。

たとえば、まだまだバリキャリでいたいならバリキャリ向けの女性誌を、シンプルな暮らしがしたいなら、インテリアやライフスタイルを中心とした雑誌を読むことで、モチベーションが上がります。

少しでも理想の未来に近づくためには、落ち込んでいる暇はないのです。自信をなくしても瞬間的に復活させられる術が身につけば、怖いものなんてない!

下がりきる前に復活させる!

どんな人もモチベーションが下がる時期はあります。今、自分ががんばっていることは果たして本当に意味があるのか、ずっと自分に対して問い続けている人もいるでしょう。

大切なのは、モチベーションが底辺に届く前に復活させること。甘えられる人にはたくさん甘えながら、自分なりのモチベーション復活法をつくってみて♡