ソクラテスから学ぶ、働くことに疲れたときの処世術

ソクラテスから学ぶ、働くことに疲れたときの処世術

働き続けているとモチベーションが下がり「自分は何をしているんだろう」なんて自分を見失いかけるときがあります。そんなときは、偉人の考えに触れるのがおすすめ。哲学の祖、ソクラテスは現代の働く人たちの心を豊かにする哲学を追及していました。働くことに疲れたときの処世術としてご紹介します。


古代ギリシアの哲学者ソクラテスをご存知でしょうか?
哲学の祖といわれるソクラテス。学校の授業などで名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるとは思いますが、彼は文章で記録を残していないため、本人に関する情報はほとんど明かされていません。本人の情報は明らかになっていないにも関わらず、ソクラテスの考えは、長い間語り継がれてきました。これは、現代の世の中にも通ずるものがあり、働く人たちの心を豊かにするものだからだと筆者は思っています。

仕事をしていて、「自分は何をやっているんだろう」と自分を見失いかけたときに知っておきたい、ソクラテスの哲学についてご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

知らないことを恥じない。「無知の知」

無知の知とは、「無知であることを知っていること」という意味で、つまりは「自分には知らないことがあることを自覚している」ということです。

大人になると知らないことが恥ずかしくなり、知ったかぶりをしてしまうこともあれば、逆に自分は色んな経験をしてきたから色んなことを知っていると自負する人もいます。しかし、一番賢いのは、自分は何も知らないことを認め、学び続ける姿勢なのです。

無知の知であることに気が付くには、謙虚な心が必要です。例えば「私は美容に関してのスペシャリストだ」と自信を持っているとします。もちろん、自信を持つことも大事なことですが、それに満足するのではなく、この知識は本当に合っているのか? 周りと相違はないのか? と見直し、さらなる知識を磨くのが一流なのです。

(@akarieam)

自分が優れた人材だと思い込めば、自分の成長はそこで止まる。ソクラテスは私たちに、そう伝えたかったのではないでしょうか。まだ、未熟者でいつも怒られてばかりだという人も、その分伸びしろがある。諦めず今の仕事をつき進んでみることで未来が切り開かれることでしょう。

残念ながらソクラテスの無知の知は、皮肉に捉えられ死刑という結果になってしまいましたが、現代の世界では私たちに勇気を与えてくれる思想です。

何の為に働いているのか?「生きる為に食べよ」

ソクラテスは思想を追及していく上で、数多くの名言を残しています。その中でも印象的なセリフをご紹介します。

生きるために食べよ。食べるために生きるな。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生きる目的は決して食べること、つまり日々の生活を維持して生きていくのではなく、自らがやりたいことをやって生きていくこと。食べることは生きるための手段であって、目的ではないという意味です。

この「食べる」は仕事に置き替えてみると
「生きるために仕事をせよ、仕事のために生きるな」といった文章になります。

……なんだかグサッときませんか?
現代の社会人は後者のような生き方をしている人が多くいます。しかし、仕事は人生を豊かにするものであって、仕事のために生きる必要はありません。自分のやりたいことを優先し、その中に仕事がある。一番良いのは「好きなことを仕事活かす」ことかも知れませんね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか?

思想・哲学というと、なんだか難しいように感じるかも知れません。確かに奥は深いですが、自分の心を豊かにする考え方です。悩んでいるとき、落ち込んでいるとき、生きづらさを感じたときに偉人の言葉に触れると、気づきを得ることができ、活力を取り戻すことができます。

1000年以上前の考えが、現代の社会人に通ずるものがあるなんて不思議ではありませんか? 今回は筆者の解釈でソクラテスの思想を読みほどいてみましたが、ぜひご自身でも解釈し直してみてください。きっと、面白い発見があるはずです。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


考え方 悩み コラム

関連する投稿


「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第69回目は、「肌が吸い付く」感覚があるのはなぜ?というKさんからの質問を考えます。


ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第68回目は、心と身体の関係について考えます。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第65回目は、ペンネーム・るうさんからのリクエスト「ケンカしている最中にセックスを求めてくる男心」についてです。


マルチタスク向上! “器用で贅沢”なライフスタイルを作る3つのTips|MY WORK ヒント#60

マルチタスク向上! “器用で贅沢”なライフスタイルを作る3つのTips|MY WORK ヒント#60

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第60回目は、同時進行に仕事をこなすマルチタスクが得意になる方法を考えます。


最新の投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

習い事にも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか? ホリデーシーズンの12月は、クリスマスらしいものを作るとすごく楽しそうですね♪ 「普段通っている教室が特にない」という方も大丈夫! 単発で申し込みができる1DAYレッスンなら、気軽に参加することができますよ。今回はカテゴリー別におすすめのレッスンをご紹介します♡


「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

出会いが増えると、親しくなりたいと思う人以外からも好意を寄せられることがあります。働く女性にとっては、下心を持った男性の出現は避けられないものなのかもしれません。けれども、そういった面倒事を増やさないためにも、男性に変な勘違いをされない予防策をあらかじめ練っておきましょう。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング