18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

2018年の新卒が入社して早いもので、3ヵ月。職場にも慣れてきた頃ですよね。今年の新卒はどうやらフルゆとり世代。今までとまた違う考え方を持っているよう。先輩たちはどのようにして、育てれば良いのでしょうか?


今年の新入社員の特徴とは?

2018年の新卒が入社して早いもので、3ヵ月。職場にも慣れて活動的になっている時期かと思います。今年の新入社員の大半を占める95年生まれ。唯一小学校入学~高校卒業までゆとり教育を受けた世代(フルゆとり世代)であり、スマートフォンの存在が何かの判断の際の情報収集のしやすさがある年代です。

そんな今年の新入社員にはどんな考え方の傾向があるのでしょうか?「ファーストキャリア」は、2018年度の新入社員や人事・研修担当者、研修担当講師へのアンケートをもとに「新卒・若手層育成研究所」調査レポートを実施しました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二極化が進む新入社員

新入社員自身が思う「強み」と「弱み」

新入社員へのアンケートでも、本人たちが自覚しているプラス面の項目として、強みは「コミュニケーション能力が高い」(60%)や「向上心が高い、積極性がある」(42%)があがる一方で、弱みは、「主体性・積極性に欠ける」(46%)、「控えめで大人しい」(33%)があがり、二極化を裏付ける結果になりました。

今年の新入社員は、積極的で活発な社員が増えることで、過去5年で大勢を占めた「おとなしくて同調性重視の安心・安全型」と「積極的で自分基準重視の自己偏重型」との2つのタイプへと「二極化」が進んでいる傾向にあります。

過去5年のアンケートでは、新入社員の行動特性として、「まじめで素直」「周囲との関係性を築くことが早い」「集団では出過ぎない」という「おとなしくて同調性重視」の傾向が多く見受けられました。2018年度の新入社員を対象にした今年のアンケートでは、「自分の考えを持ち、積極的で発言力がある」「自分の考えに合致しないことに関しては、時に排他的になる」という「積極的で自分基準重視」の傾向が加わり、これまでの「おとなしくて同調性重視」の傾向を持つ新入社員との二極化が進んでいると捉えられます。

育成する側が抑えるポイントとは

「実践の機会を与えて欲しい」(52%)や、「自ら考える機会の提供を望む」(50%)など、全体的に挑戦意欲が現れた項目が多い結果となっています。

上記のような傾向から、育成する側は、個人の自己肯定感を大切にしながらも少しハードルを上げた目標・役割を与え、同時に内省のサポートを行っていくことが要諦と考えられます。また、「自分視点」だけでなく「相手視点、全体視点」を身につけることの重要性も意識させることが必要と言えます。

先輩から見た新入社員の「強み」「弱み」とは?

新入社員の周りからみた結果については、「成長意欲が高い」(77%)、他者への貢献意欲が高い(42%)など、前向きな面が強みである一方で、「相手視点・全体視点が弱い」(42%)「正解がないものへの動きが鈍い」(35%)、「報連相の不足」(31%)など、周囲との連携面が弱みであるという傾向がみられました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新入社員は「強み」を伸ばすことを意識、先輩・上司は「弱み」を引き上げることに

今年の新卒は、全ての教育課程で「ほめて伸ばす」「興味関心への没頭を推奨」する教育を受けた世代。また、情報を自分基準で瞬時に取捨選択することに慣れているスマホネイティブ世代にあたると同時に、超売り手市場の就職活動の中「評価する立場、選ぶ立場」を強く体感している世代でもあります。

このような環境から、近年と比較して、より「自己肯定感」や「自分視点軸」が強まっているので、その点をより深めていき、「弱み」の箇所を補うよう指導していくのが先輩・上司の役目とも言えるでしょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


うまくできたことより「失敗したこと」を書き出すことで見えてくるもの|MY WORK ヒント#70

うまくできたことより「失敗したこと」を書き出すことで見えてくるもの|MY WORK ヒント#70

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第70回目は、目標を達成しやすくなるヒントです。


上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

皆さんは若手に対してどんなマネジメントをしていますか? 実は褒める習慣が若手のパフォーマンスが上がるようです。調査データと合わせて詳しくみていきましょう。


リーダーに任命されたけど「自信」がない。最初に意識するべきこととは?

リーダーに任命されたけど「自信」がない。最初に意識するべきこととは?

突然リーダーに任命された時に、嬉しい気持ちの反面「自信がない……」と落ち込んでしまう女性は少なくありません。けれど、自分に期待を持ってもらっての決定であることは誰もが理解ができるはず。できる限り頑張りたい、と思うものでしょう。もし突然リーダーに任命された際には、どんなことに意識をしておけば正解なのでしょうか?


後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第55回目は、後輩指導をする時のポイントを考えます。


リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

優柔不断で決断に時間がかかっていると、下の立場の人にも迷惑をかけているかも。できない上司認定をされる前に、「決断力」を高めて、決めるべきところはきちんと決めて。


最新の投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

人生を左右する、好きな人への告白! 「どうやったら、一番相手に想いが届くのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、社会人男性に“グッとくる告白”について聞いてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング