後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第55回目は、後輩指導をする時のポイントを考えます。


“おんぶに抱っこ”は、仕事が増えるだけ!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アラサー世代に差し掛かると、今までは自分が仕事を覚える立場だったのが、少しずつ後輩指導も任されるようになった!という方も多いのではないでしょうか。知識や経験を伝承することも、大切な仕事ですよね。

しかし、自分が悩んだりつまずいたりしたことだと気持ちがわかる反面、「なんでもやってあげる母性」みたいなものが出てしまうことも。気づけば、過保護教育になり自分の仕事が増加……!と“おんぶに抱っこ”では本末転倒ですよね。

そこで、後輩が率先して動けるようになる指導方法を3つご紹介します。

1. 質問されたら即答しない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、分からないことが多い後輩が、自分に何か質問してきたとします。「先輩だったら、これはどうしますか?」と。自分が過去に乗り越えたことであれば、答えを即答したくなることでしょう。

しかし、そこで答えを即答してはいけません。「◯◯さんだったら、どう思う?」と切り返してみてください。理由は、“聞いたら全て先輩が知っている”を繰り返すと、自分で考えてから行動することがどんどんできなくなるのが注意ポイントです。

後輩が、「私は〇〇が正解かな?と思うのですが…」と自分のアイディアを話してくれたら、「なるほど、その方法も良いかもね。もし、私だったら…」と続けて自分の意見を言う。即答せずに、まずは後輩の意見を引き出すことが大切だと思います。

2. 一緒に考えることを辞める

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上記のポイントに続きまして、これもすごく重要です。後輩の悩みを一緒になって考えるのは、相手を思いやっているようで、実はかなりの逆効果。

“可愛い子には旅をさせよ”と言うことわざもありますが、まさにその通り!後輩の様子を見ていて、「たぶん、このまま行くと失敗するな」「全然間に合っていないけれど、大丈夫かな?」と心配することもあると思いますが、少し気にかけるくらいでOK。ぐいぐいリードして後輩のペースを乱してはいけません。

たとえ、後輩が失敗したらそれはそれで良いのです。人は、失敗したことからしか学ぶことができません。やったことないこと、経験したことがない気持ちは、「教科書で学んだ知識」のような感覚なので、自分の肥やしになるには失敗が多い方が自立すると思います。

3. 失敗は責めない、成功は褒める

そして、最終的に様々な「結果」が出ると思います。

もし、後輩が失敗したら責めずに「次頑張ろう!」と励ます。上手くいったら「さすがだね!」と褒めることがポイントです。

これを逆にしてしまうと、後輩はどんどん自分に自信がなくなっていく原因になりますよ。失敗した時に、根掘り葉掘り追求されたら、次に失敗することを恐れてしまいます。そして、上手くいったときに「それくらいできないとダメだよ」と褒めずに突き放してしまうと、頑張った成果を認めてもらえないと言う喪失感に。

特に、自分の仕事を近くで見ている先輩に認めてもらえるのは、嬉しいもの。先輩の一声は、承認欲求が満たされるので、ぜひ、指導でも押し引きを意識してみてくださいね!

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング