後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第55回目は、後輩指導をする時のポイントを考えます。


“おんぶに抱っこ”は、仕事が増えるだけ!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アラサー世代に差し掛かると、今までは自分が仕事を覚える立場だったのが、少しずつ後輩指導も任されるようになった!という方も多いのではないでしょうか。知識や経験を伝承することも、大切な仕事ですよね。

しかし、自分が悩んだりつまずいたりしたことだと気持ちがわかる反面、「なんでもやってあげる母性」みたいなものが出てしまうことも。気づけば、過保護教育になり自分の仕事が増加……!と“おんぶに抱っこ”では本末転倒ですよね。

そこで、後輩が率先して動けるようになる指導方法を3つご紹介します。

1. 質問されたら即答しない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、分からないことが多い後輩が、自分に何か質問してきたとします。「先輩だったら、これはどうしますか?」と。自分が過去に乗り越えたことであれば、答えを即答したくなることでしょう。

しかし、そこで答えを即答してはいけません。「◯◯さんだったら、どう思う?」と切り返してみてください。理由は、“聞いたら全て先輩が知っている”を繰り返すと、自分で考えてから行動することがどんどんできなくなるのが注意ポイントです。

後輩が、「私は〇〇が正解かな?と思うのですが…」と自分のアイディアを話してくれたら、「なるほど、その方法も良いかもね。もし、私だったら…」と続けて自分の意見を言う。即答せずに、まずは後輩の意見を引き出すことが大切だと思います。

2. 一緒に考えることを辞める

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上記のポイントに続きまして、これもすごく重要です。後輩の悩みを一緒になって考えるのは、相手を思いやっているようで、実はかなりの逆効果。

“可愛い子には旅をさせよ”と言うことわざもありますが、まさにその通り!後輩の様子を見ていて、「たぶん、このまま行くと失敗するな」「全然間に合っていないけれど、大丈夫かな?」と心配することもあると思いますが、少し気にかけるくらいでOK。ぐいぐいリードして後輩のペースを乱してはいけません。

たとえ、後輩が失敗したらそれはそれで良いのです。人は、失敗したことからしか学ぶことができません。やったことないこと、経験したことがない気持ちは、「教科書で学んだ知識」のような感覚なので、自分の肥やしになるには失敗が多い方が自立すると思います。

3. 失敗は責めない、成功は褒める

そして、最終的に様々な「結果」が出ると思います。

もし、後輩が失敗したら責めずに「次頑張ろう!」と励ます。上手くいったら「さすがだね!」と褒めることがポイントです。

これを逆にしてしまうと、後輩はどんどん自分に自信がなくなっていく原因になりますよ。失敗した時に、根掘り葉掘り追求されたら、次に失敗することを恐れてしまいます。そして、上手くいったときに「それくらいできないとダメだよ」と褒めずに突き放してしまうと、頑張った成果を認めてもらえないと言う喪失感に。

特に、自分の仕事を近くで見ている先輩に認めてもらえるのは、嬉しいもの。先輩の一声は、承認欲求が満たされるので、ぜひ、指導でも押し引きを意識してみてくださいね!

憧れます…!厳しくても部下・後輩がついてくる女上司はココが違う

https://cinq.style/articles/1030

とうとう役職を持った!リーダーを任された!…だけど人をまとめていくってどういうこと?いまいちピンと来ない方に知って欲しいリーダーシップ性について御紹介。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第75回目は、客観的に自分を見つめて軌道修正する方法を考えます。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

センスは生まれ持った才能でもなければ、スキルによって磨かれるものではありません。正しいセンスの磨き方って一体なんなのでしょう?


最新の投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

人生を左右する、好きな人への告白! 「どうやったら、一番相手に想いが届くのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、社会人男性に“グッとくる告白”について聞いてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング